世にも不思議なアメージング・ストーリーの作品情報・感想・評価

「世にも不思議なアメージング・ストーリー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

映画【世にも不思議なアメージング・ストーリー】感想(ネタバレ)
「パパはミイラ」が1番面白かったです。 https://umemomoliwu.com/amazing-stories
スピルバーグが作りがちな、戦争中に起こった不思議な体験談みたいなお話、個人的にジャンルに名前付けたい。
お赤飯

お赤飯の感想・評価

4.1
これって権利関係大丈夫なの?

と心配になるよーなCM処理までテレビ放送まんまなんだけどw

でも
だからこそ無茶苦茶懐かしいっ!

1話のスピルバーグ作品なんて

キャスト含めて全く話覚えてなかったけど

観てたら確かコレって…

みたいにして徐々に思い出したりして本当多感な時期に見たことある映画って脳の何処かに記憶されててビックリした!

2話目のパパはミイラなんて久しぶりに声出して笑って

ハマれば
やっぱし吹き替えの方がポテンシャル高ぇーな!と実感した!

3話目の

ゼメキス&クリストファーロイドが熱すぎなんて言わずもがなだしね!




いや 

本当に真夏の夜に

僕的にも世にも不自由なアメージングストーリーを経験しましたとさ…
ゆーと

ゆーとの感想・評価

3.1
詳しい事は知らん!
ただメンツが凄かったから見てみた

個人的は全体的に面白いと思うし、クリストファーロイドは貴重
声優さんが同じとゆーのがとても大きいしMADな役柄が似合い過ぎてて刮目してしまう


そして観てとても感じるのが日本の「世にも奇妙な物語」の原形のような感じがする
これをモチーフにしたのかは知らんけども
XXXXX

XXXXXの感想・評価

3.9
スティーブン・スピルバーグ製作総指揮のドラマシリーズ!
今作は、日本で再編集されて劇場にて公開されました。

1話目:『最後のミッション』
監督はスピルバーグが自ら務めてます。ケビン・コスナーとキーファー・サザーランドが出演。戦闘機のコックピットに、閉じ込められた青年。飛行機の車輪がもげてる為、着陸すると死ぬしかない状態。
しかし、奇跡が起こるー。

今作はとても面白いと思うし、アイデアは一番いいと思うんだけど、オチがかなり乱暴で、どうも腑に落ちなかったんです。スピルバーグ途中で作るの嫌になったのかな?笑
若きケビン・コスナーはカッコいい!

2話目:『パパはミイラ』
ホラー映画撮影中に、奥さんが出産しそう!とミイラ男優が撮影現場を抜け出して、ミイラの扮装のまま車に乗って病院に向かう。
80年代らしいトンデモホラーコメディ!
とにかく怪しい雰囲気がとても良かった!
オチも納得。今パートが一番良かった。

3話目:『真夜中の呪文』
大嫌いな担任を殺そうと、墓場にて呪いをかける高校生カップル。しかし、本当に担任が死んでしまい、慌てて蘇生の呪文を掛けるも、先生は首だけのまま復活してしまう!

監督はロバート・ゼメキス、主演は『BTTF』のクリストファー・ロイド。相変わらずの大怪演を見せていて、首だけジジイを演じています。80年代らしいワーキャー騒ぎながら見られるホラーコメディ。オチもちゃんちゃん!って感じで良かった。

テレビシリーズなので、若干小規模かもしれないけど、今作が劇場で見られた1987年最高!!こういういい塩梅のホラーコメディ今本当に無いもんな。

U-NEXT配信版は、金曜ロードショーでテレビ放送されたのを、そのまま使ってるけも、大丈夫かしらん?笑
どうせなら水野晴郎先生の解説も収録して欲しかった!爆笑
「最後のミッション」(スティーヴンスピルバーグ監督)
スピルバーーーグ!ってなった。創作物の良さここにあり

「パパはミイラ」(ウィリアムディア監督)
無さそうでありそうな話。可笑しかった。同調圧力恐ろしい

「真夜中の呪文」(ロバートゼメキス監督)
ビバ80年代。ホラーチックだけどそんなに怖くなくて見やすい。クリストファーロイドさんの吹き替えがBTTFのドクと同じ青野武さんでウォっとなった。
これと同じDVDにパトリックスウェイジさん主演の「最期のハンドパワー」も収録されておりお得
吉永響

吉永響の感想・評価

3.8
三作品ともそれぞれ監督の色が出ててすごく良かったけど一番好きだったのはスピルバーグの最後のミッションかな。ちょっとオチはあんまり納得がいかないけどスピルバーグだから許せる。ミイラの話もほっこりした。真夜中の呪文はもうほぼバックトゥーザフューチャー。クリストファーロイドの顔が大好き。
当時ロードショーで観ました。

「缶けりの話」が特に好きっ。
Aya

Ayaの感想・評価

4.0
あれは確か10代の始め頃、深夜たまたま観たアメージングストーリー
1話目の最後のミッション!そうこれが見たかったの… うろ覚えだった記憶蘇る。ケビンコスナーにキーファーサザーランド?!
3話目の先生はドク博士?!知らなかった…
まさかの豪華キャストでしたね。U-NEXTありがとう〜
swansong

swansongの感想・評価

3.5
EP1 "最後のミッション"→面白いけどオチが弱い…
EP2 "パパはミイラ"→最高♪♪♪
EP3 "真夜中の呪文"→これじゃ笑えない。

スピルバーグやR.ゼメキスを抑えて、3人のなかで一番マイナーなウィリアム·ディア監督の優勝!
同監督の"ハリーとヘンダスン一家"が観たいけど、U-NEXTにも近所のTSUTAYAにもないみたい。あとでGEOを捜索してみよう。

ケヴィン·コスナー、ブライオン·ジェイムズ、メアリー·スチュワート·マスターソン、クリストファー·ロイド…
いま観ると、"80年代の懐かしい顔"総進撃!みたいなキャスティングですね。
第1話には、まだお肌ツルッツルのキーファー·サザーランドの姿も。

SF/ホラー/ファンタジー系のオムニバス映画なら、同じくスピルバーグ印の"トワイライトゾーン/ 超次元の体験"('83)、そして爆安だけど独特の味わいがあるジョセフ·サージェント監督作品"デビルゾーン"('83)もお薦めです♪
>|

あなたにおすすめの記事