ビニー/信じる男の作品情報・感想・評価

ビニー/信じる男2015年製作の映画)

Bleed for This

上映日:2017年07月21日

製作国:

上映時間:117分

3.7

あらすじ

アメリカ、ロードアイランド州プロヴィデンス。自惚れ屋のビニー・パジェンサは、世界スーパーミドル級のチャンピオンだ。ある日、交通事故で首を骨折し瀕死の重傷を負う。その痛々しい姿に、誰もがビニーの選手生命は絶たれたと思い周囲の人間たちは離れていく。だがビニーは諦めていなかった。彼は命を懸けトレーナーのケビンと共に、どん底から王座奪還をめざす。

「ビニー/信じる男」に投稿された感想・評価

頂点に立ったボクサーが交通事故に遭い、首の骨を骨折。頭にネジをはめ込み、頭と首を固定する器具を装着することに。ボクサーとしての道は絶たれたかに思えたが、彼は「戦う」と言う。

-事故から奇跡のカムバックを果たした衝撃の実話。



主人公の根性にただただ圧倒された。絶望の中でもひたすらに戦うことを願う彼。


「諦めることは知っている。でも諦めることが簡単なのが怖いんだ。」

固定器具をつけていても、彼はトレーニングをし続ける。


気持ちで勝ちに行く姿には胸が熱くなった。

主演のマイルズテラー、「セッション」に続き、こうゆう役柄が本当に似合う。普通体型のイメージだったけれど、本作では腹筋割れわれの筋肉ボディに。さすが俳優!
マイルズテラーのがむしゃらに頑張る姿が好きでした。 演技に魅せられた。


トレーナー役のアーロンエッカートも良かった。トレーナーであり、主人公のよき友人。
リングで主人公を励まし、闘志に火をつける一言もナイス🥊✨!


ちょいちょいある女性の胸の露出場面がなかったらもう少しスコアは高くつけていたところ。


実話だからこそ、本当に凄い✨
胸アツ映画でした🎬
miharu

miharuの感想・評価

4.5
マイルズテラーお目当てで観た。
マイルズテラーめっちゃ
かっこよかった…役であの体
を作り上げたのもすごい。
セッションもそうだけど、
マイルズテラーは努力する映画
がものすごくあってる。
演技も上手いし本当にすてき。

ボクシングのルールとかよく
わからない私でも観れました。
この話が実話だなんて本当に
すごいなぁ…。感動した☺️

この映画をみて、努力は裏切ら
ないということと、人はどんな
困難でも乗り切れるということ
を改めて感じた。
これは凄いね!!!

こんな事が
実話だなんて!!!

傲慢なボクサーが
再起不能からの
心を入れ替えて
奇跡のカムバック!!

鋼の精神の
持ち主やな!

セッション の時も
凄かったけど

また別の顔を
見せてくれましたね!
なおこ

なおこの感想・評価

4.0
「信じる」「信じない」「奇跡」ではなく「想いの強さ」「執念」で復帰を可能にしたのだ。引き寄せたというべきか。
自分を信じられるのは自分だけ。
Keengoo

Keengooの感想・評価

2.9
「単純じゃない」
話しはまぁよくある感じだけどこれが実話ってんだからすごいよなー
劇中、雑なカットインで編集されたBGMが全体のバランスを悪くしてる感ありますが、時代背景にあったジョージ・マイケル「Monky」やBilly Squire「Emotions in Motion」など80'sな選曲は最高。特に冒頭の計量測定へ向かうビニーのバックで流れるAudio Two「Top Billin'」がマッチしててカッコいい。

『セッション』ではスパルタ教師にしごかれるJAZZドラマーとしてお馴染みのマイルズ・テラー、今作では体脂肪19%から6%まで落とし全身全霊でビニー役へ挑んだ役者魂にBigUp!

復帰後、ビニーと対戦するパナマ出身の名ボクサー、ロベルト・デュランを描いた伝記作品『ハンズ・オブ・ストーン』もありますね。
うめ

うめの感想・評価

3.8
「セッション」のズタボロのイメージが強いマイルズ・テラーの意外な一面を観れた。首が折れてるのに、ボクサーに復帰するとか…すごいよね。
Luna

Lunaの感想・評価

4.0
もうリングには立てないかもとか、諦めるとか、諦めないとか、そこじゃない。
ビニーは、そこじゃなかった。
ロッキーなどのボクシング映画に比べたら、盛りあがりは欠けるかもしれない。
どん底から這い上がるような、そういう映画ではない。
一見、そう思えるけど、そうではない。
だって、ビニーは、どん底と思っていない。
多分、ホントに“単純”なんだと思う。

何かを成し遂げようという想いのある人なら、心に響くであろう作品。
そして、これが実話だということが、何より力になった。
mana

manaの感想・評価

3.6
「信じる男」という邦題の意味。スタッフロールでやっと頷けるというニクいセンス。

主人公とトレーナーのクレイジー2人組、そして我が子を大切に見守る父親の3人が主軸…と、同じマイルズ・テラー主演「セッション」のイメージがダブる。
痛々しい表現と、その苦痛の先にあるカタルシスが味わえるのも同じ。
マイルズさんは歯をくいしばる演技がハマりますね😎

話の流れ的に、「最後は復帰するんだろう」ということは分かっていても…
「いやいやこれは復帰無理でしょ〜」と思わずにはいられない。
病状についてのくどい説明も無く、全体的に演出も素っ気ないのがまたリアル感マシマシ。

この物語のメインテーマはビニーの回復で間違いないですが、それ以外の要素、トレーナーとの関係も面白く、個人的にはこっちの要素の方が好きでした。人の言う事を聞かないビニーと、落ちぶれた元名トレーナー。徐々に友情が芽生える流れは、実話にしては出来過ぎなくらいに面白い話😘

このビニーさんは悩むタイプというより「自分はこれしかない、これしかやらない」というブレないタイプなので、共に心を痛めるというより、彼にパワーを貰う映画でした。
Osudake

Osudakeの感想・評価

3.4
ザ・ファイター(2010)と似た感じ。アメリカのボクシングチャンピオンの家て女性がたくさんいる大家族なんですかね。家族やマネージャーがダメダメで、トレーナーだけが頼りなとこもそっくりだった。
>|