バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

miyayuki7

miyayuki7の感想・評価

3.8
面白かった。でもこれって映画館で観るべきだなあ。まさに映画って感じ
バードマンは最後、飛んだのだろうか。
『バットマン』でバットマンを演じたマイケル・キートン主演の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』。この映画、いろんな賞を受賞しているみたいで。キートンのWikiの主な出演作品のところを見てびっくり。

最初よくわかんなくて、一時間経ったあたりでもよくわかんなくて、最後もよくわかんなかったです笑。わざとわかりにくくしたんだろうな、と。わかりにくいからこそ、この映画がひとつのブラックユーモアと化せるわけで。そして、わからなくても見続けられるテンポ、キートンの演技、カメラワーク、音楽。

いずれにせよ、もう一回はちゃんと見たいと思います。

よくわかんなかったですが、『スパイダーマン』を観たばっかりなので何だかハッとさせられました。
メメ子

メメ子の感想・評価

4.0
冒頭のアナグラム、あれこそがこの映画の全てではないかと思います。
全体像が掴みにくい作品でしたが、ヒントというかキーになるのは最初のこの言葉なような気がします。


むかし演劇部にいたので舞台上でのトラブルのシーンとか、観ててお腹痛くなりました笑
セリフの暴走とか本番中に閉め出しとかホラーすぎでした。
えりか

えりかの感想・評価

2.5
賛否ありそう。
普通に面白かった。やきもきさせるのが上手い
最後にリーガンが自分を撃ったのは、名声しかなかった自分の中のバードマンを殺して、一流の役者、演出家、脚本家として生まれ変わった事を比喩してると思う。真実ではなく挑戦という大きな選択をしたということ。結果、偶然であれ、それが真の芸術として評価された。無知がもたらす予期せぬ奇跡だ。どストレートにマーベル批判だな。全体としては単調過ぎたかなと。
moon

moonの感想・評価

-
この監督が好きで、期待大でいざ!観ました。本当に悲しい、最初の方で酔ってしまい観切れずおわりました。本当に悲しい。
あき

あきの感想・評価

4.0
徐々に引き込まれていく感じ。
カッコいい作品。もう一度観たい。
現実と虚構が入り交じり、狂気すら感じる。
長回し風の映像は切れ目が無くて、目まぐるしくシーンが変わっていくから全然目が離せなかった。凄く引き込まれる。
色々と解釈の余地があって、また機会を見て鑑賞したいなと思う。

良くも悪くも人を選ぶ、かな?
私は刺さった側。
ももこ

ももこの感想・評価

4.1
何がいいって言うんじゃないけど、なんとなく好きでした。

夢と現実が交差したような話が好きなのでそーゆうの好きな人には会ってると思う。
みた後はすっきりしないんだけど、後々からじわじわ好きだったかなーて言う映画だった。
>|