バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

匠

匠の感想・評価

-
面白い撮り方だった。
近くて狭い
ながーい1カットでかなり見入ってしまった
過去の栄光の亡霊に苦しめられる映画俳優の物語に、大衆娯楽と評される映画界が抱き続けた舞台芸術へのコンプレックスと足掻きを見ることのできる快作。作中で語られる不条理なストーリーと独特の世界観、長回し調、メタ要素、これらを通して変わった映画体験を味わえる。好みの分かれる作品だが一見の価値あり。
Barolo

Baroloの感想・評価

4.0
マイケル・キートンがアカデミー賞を逃したのが信じられない!!西海岸のハリウッド的な大作映画と東海岸の劇場でのパフォーマンスの対比、大編成オケによる交響曲とジャズドラムのソロの対比など、ミニマルとマキシマムの対比がポストモダンぽくて面白い。こういう実験的な映画がもっとあってもいい。

このレビューはネタバレを含みます

バックステージ長回し映画。

映画関係者の自慰みたいな内容だが、独特な浮遊感溢れる映像はやっぱりアカデミー賞作品の風格がある。
hatsumi

hatsumiの感想・評価

3.3
退屈なのはわたしの求める要素がないからなのか。
魅力が感じられないのは皮肉だからか、、どっちにしても体感時間はすごく長い。

リスクも負ってないやつがあーだこーだ言うなっていうのは正論だわね。
しお

しおの感想・評価

3.9
なんと言ったらいいんだろう。
不思議な感覚に陥る映画だった。
ハラハラドキドキするようなストーリーではない、でも展開が読めなくて目が離せない。
ユーモアのセンスがとても好きだった。
hikaruo

hikaruoの感想・評価

3.0
12人の怒れる俳優の話。

鑑賞者に、「これは映画ではなくて演劇の技法で撮影してます」、と終始主張してる映画でした、(長回し手法に、切れ目はどこかとあら捜ししちゃった。)

エマストーンのやさぐれ感がとても好き
JACKMAN

JACKMANの感想・評価

2.5
なんだか良く分からない映画だ。
退屈さに耐えながら観た。
完全につまらないわけではないが…
g

gの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ハリウッドヒーローから転落した主人公が自作の舞台で再起を図る。
ずっと観たくて旧作になってやっとみた。笑

なんとなくで、もっと明るく爽やかな話かなと思ってたけど、キャラそれぞれの汚い感情やダメなところが剥き出しのストーリー。嫉妬、憎悪、どんづまり感、過ち、、、でもなんだろ、ブラックユーモアというか皮肉というか、不思議と重くなりすぎない。基本暗いんだけど、好感が持てる暗さというか。演出がいい。

自分の語彙のなさにはひくけど、、、
とにかく芸が細かくて、果てしない才能を感じた。
カメラ長回しの臨場感もよかった。前評判はきいてたけど、あそこまでほとんど長回しでやってると思わなかった。
ああなると役者がやっぱりすごいんだろな。
主演のマイケルキートンはそりゃ、よかった。エドワードノートンが現れてまたサイコ役をやり始めた瞬間から傑作の匂いが。エマストーンも良かった。最後の表情とか。

久しぶりに見た、一度じゃ理解しきれない圧倒的な、エンタメというより芸術の映画。久しぶりに全身の鳥肌立った。
長回しの撮影凄すぎ、どうやって撮影したのって思う。
曲の使い方が好きで特にドラムの音はハマりました笑


結局最後はどういう意味だったんだろ?
>|