バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)の作品情報・感想・評価

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)2014年製作の映画)

Birdman or (The Unexpected Virtue of Ignorance)

上映日:2015年04月10日

製作国:

上映時間:119分

3.6

あらすじ

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者の…

かつてスーパーヒーロー映画『バードマン』で世界的な人気を博しながらも、現在は失意の日々を送る俳優リーガン・トムソン(マイケル・キートン)は、復活をかけてブロードウェイの舞台に立とうとしていた。レイモンド・カーヴァーの「愛について語るときに我々の語ること」を自ら脚色し、演出と主演を務める舞台には、彼のすべてが注ぎ込まれている。しかし、プレビューを前に出演俳優が大怪我を負い、降板してしまう。共演者のレズリー(ナオミ・ワッツ)の紹介で、ブロードウェイの実力派俳優マイク・シャイナー(エドワード・ノートン)を迎えたリーガンだったが、その才能はしだいに彼の脅威となっていく。疎遠だった娘サム(エマ・ストーン)には、リーガンの愛情は伝わらず、彼は気づかないうちに舞台の役柄に自分自身を重ねていくのだった。さらに、公私にわたり精神的に追い込まれるリーガンを、“バードマン”までが扇情し・・・彼は人気俳優だったエゴと闘い、舞台の成功と、壊れた娘との絆を取り戻せるのか?

「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」に投稿された感想・評価

noco

nocoの感想・評価

2.7
理解できなかった。
勉強不足、もしくは感性不足。
ずーっとワンカットのような撮影法で面白く、不思議な映画
santasan

santasanの感想・評価

3.9
面白かった!さすがアカデミー賞作品賞他受賞作。劇場を舞台としたワンカット長回しとドラムのリズムによる舞台劇を見るような緊迫感、俳優たちの演技合戦が秀逸。現実と幻想の塩梅もちょうどいいバランスだし、人間関係の設定もいい。
映像・演出・ストーリーともにスゴイの一言。
芸術への魂を感じた。

「芸術家になれない奴が批評家になり、兵士になれない奴が密告者になる。」の一節が好き。
オープニングから引き込まれました!!
ほとんどワンカットの長回しなので目を離す隙がありませんでした。

かつては"バードマン”で一躍有名人となったリーガンが起死回生を計った舞台。
有名役者の登板、舞台の行く末、自身の評判、娘との関係、様々なものがリーガンにプレッシャーをかけ追い詰められる様子に、少し「ブラックスワン」で観たニナ(ナタリーポートマン)を思い出しました。

現在の映画の流行に対する風刺的な内容も随所にあって面白い。

ラストは少し難しかった。何回か観ないとうまく飲み込めない気がします。
まだこの映画を評価できるほど感性が研ぎ澄まされてない。
途切れることのない超長回しは観ていて圧巻!!
どうやったの!役者さんのポジションどりやらマイクさん照明さん含め、現場のスタッフ一同の結束が感じられた作品!
ラストはどうなったんだろう?
いろんな解釈ができそうでもう一度見直したいですね!
Hissan

Hissanの感想・評価

4.2
想像してたのと違ったけどこれくらいフワフワした雰囲気の映画ツボだし見てよかった。
やす

やすの感想・評価

4.5
すごい映画。こんなの観たことない。ワンカットで撮影されているように見える。
かつて売れていて落ちぶれていた俳優が、舞台に挑戦する話。幻想と現実の狭間で生きている俳優がもたらした奇跡。
アカデミー賞4部門など、他にも多くの賞を受賞した作品。
芸術としてはアリ?映画としてはうーん、、
>|