エクストラ テレストリアルの作品情報・感想・評価・動画配信

「エクストラ テレストリアル」に投稿された感想・評価

普通におもしろかったです。
サンズオブザデッドの監督だったことを後で知りまして、あっちのほうがおもろかったけど似てるよねって思いました。

ほぼほぼ定番のお話がまさに定番の語り口で展開されていくところに好感持てる作品なのに、最後のほうになんかよく分からないひねりが入ってまして私はシラケました。
まあでも人によっては「ずっとつまらなかったけど最後はよかった」てなるんでしょうね。
これって誰からも最低評価を受けない戦略なんでしょうかね。普通に考えると途中までを支持してくれた人の気に入るラストにしたほうがいいように思うのですが、どういう意図でああしたのか気になります(でもたぶん明日にはもう忘れてます)。



皆様、あけましておめでとうございます。
旧年中はお世話になりました。
本年もよろしくお願いしてみたり(←ラストオーダー仕様)

昨年は後半あまり映画を見れませんでした。
今年もたぶんそんな感じでコメとかもあまりしに行けないと思いますが、適当に相手して下さい。笑

ここで昨年のまとめをちょいとやっておきます。

昨年私が鑑賞したホラー映画のベスト5はこんな感じでした。

1.バスケットケース
2.ゾンバイオ死霊のしたたり
3.ファーザーズデイ
4.ハチェット
5.ブロブ

ダリオ師匠の作品とブレインデッドは殿堂入り扱いで対象外としております。
また「処刑山2」は、私としては珍しく海外版を購入して一昨年に鑑賞していたので入っておりません。


ホラー以外の映画のベスト5はこんな感じでした。

1.火の馬
2.デューン砂の惑星
3.いつかギラギラする日
4.転々
5.マローボーン家の掟
5.翔んで埼玉

私の中では火の馬がぶっちぎりの1位、デューンもまたぶっちぎりの2位でした。
撮ってもいない監督があーだこーだ言ってる関係であまく見られがちなデューンですが、そしてずいぶん前の作品なので少し風化はしておりますが、すごい作品だと思います。
3位以下はわりと差を見つけづらくて、結果的に5位作品は2本になってしまいました。同一監督の作品は1本だけというルールで。
horaAya

horaAyaの感想・評価

3.4
これは確かに面白い。流石のコリンミニハン。偏見により生まれる恐怖を起点として起こる争いから水面下に燻る戦争の恐怖へと転換させる侵略SFとして手堅い脚本もさることながら、未知を未知のままに置きつつも冷酷さと人間性の両面を描くあたりに偏見を最大限の悪とする公平さも素晴らしい。
ちょっとちょっと!!
U-NEXT入っててホラー好きな人誰でもいいからコレ見て!!

めっちゃ評価低いんだけど、そこまででもなかったっていうか、普通に面白かったんだけど
(´・ω・`)?
(ただしラストの斜め上っぷり展開は除く)

ジャケのタイトルだけ見たら 超有名SFファンタジーを彷彿させる感じなのに、内容は宇宙人ホラー映画。
(ただしラストの斜め上っぷり展開は除く)

ホラー映画の王道的な展開で、結構頑張ってた(てかそれなりに見応えあった)のに、後半に進むにつれて何となくSF要素を強めにしてみたり 恋愛要素を取り入れてみたり路線がブレ出しただけなのに!!
(そしてトドメを刺したのはラストの斜め上っぷり展開)

なんでこんなに評価低いんだろね。。。

うーん不思議だ‪( -᷄ω-᷅ )
(あれ?何となく分かってきた気がしてきた笑)
みぃ

みぃの感想・評価

2.0
楽しいはずの旅行
の…はずが…
何かによって全てが破壊される
襲われる友達
身を守ための必死の抵抗
敵は遠くの存在なのか
それとも近くなのか
まさかのラブストーリーとなっていて、彼氏からのプロポーズを断った女性の行動の変化が面白い一本。テンポが悪い作品ではあるが、「これをやりたかった」と言わんばかりの粋なラスト、そして、陰謀論者と化した退役軍人のトラヴィスを演じるマイケル・アイアンサイドがとても良い。ジョークのネタにされることで知られる「エイリアンによる肛門検査」をトーチャー要素を取り入れる一環として映像化しているのが笑える。ブラックジョークが効いていて楽しい一本。
FREDDY

FREDDYの感想・評価

1.2

このレビューはネタバレを含みます

まず思ったのは、全体的に古臭いですね。

リトルグレイ型の宇宙人が円盤型で小型サイズのUFOで人間を拉致しては人体実験をしている。動物の内臓を食べ、サイコキネシスを使い人間を操れる。オーソドックスな設定に忠実です。

それに加えて登場人物もよくありがちなもの。
正義感の強い主人公に恋人、お調子者の友達たち、頼れる保安官、謎のお助けキャラ、死ぬ順番も予想通り。真新しさは何もありません。
あと、主人公が宇宙人に拉致られた後の展開はいらないですね。
個人的に感じたのは、拉致られてそのまま終わるべきだった。
茜

茜の感想・評価

2.3
まさに典型的なSFホラーで、宇宙人による人間の拉致事件がテーマ。
B級感がプンプンですが、映像は思ってたよりリアルで意外とお金かかってるのかもという印象。
でもステレオタイプな見た目の宇宙人が出てきた時は流石に笑ってしまった…やっぱり宇宙人のビジュアルと言えば万国共通でコレなのね。

別荘に遊びに来た学生5人が墜落した宇宙船を目撃し、宇宙人に狙われる。
ストーリーはベタだし、UFOも宇宙人の見た目も本当にベタで、言ってしまえばオリジナリティがない。
その辺りに親近感を感じるか、ありきたりでつまらないと感じるかで好き嫌いが分かれそうな気がします。
私はあまりにも典型的なビジュアルやストーリー展開に、逆にチープな面白さを感じてしまって割と面白く観れました。
「くるぞくるぞ…」っていうドキドキ感や音による恐怖演出はまるでホラーを観てるような感覚で、SFよりもホラーの割合が強いかなと。

終盤での恋愛要素とポップな音楽の悪趣味な使い方がギャグ過ぎて、もはや笑わせにきてるとしか思えない。
でも最後までとことんベタなオチを持ってくる点など、ある意味、基本に忠実で真面目な宇宙人モノと言えるのかな。
あなたは"未知なる衝撃"と遭遇する。

【宇宙人は許してくれても政府が許さん】

ストーリーはそんなに面白くないんですけど、怖い!😱ですね。
面白くないけど、UFOや宇宙人ものとしてはリアルなんです。🛸

たぶんUFOや、ロズウェル事件などに興味ある方はめっちゃハマると思う。そうでない人にはつまらん作品に思われるでしょう。

先に、アカンとこ指摘すると😓
ヒロインがブスです。まあブスとゆう程でもないけど…救いはちょっとエッチ😍な顔してる事かな。
しかし、この若者たち、こんな映画の分際で全くエッチしません(笑)
序盤で、下着姿のヒロインに彼氏がハグするシ-ンぐらい。

若者たちが田舎の別荘に遊びに行くんですが、近くにUFOが墜落してエイリアンたちに襲われたり拉致されます。👽️🛸

説明では、政府は宇宙人が人間を拉致して実験するのを容認してます。

物語的には、何百人が宇宙人に拉致されてます。地球に帰されるのはごく少人数ずつ。何年も拉致されて実験されてる人がほとんど。
実験内容は、お尻にスクリューでドリルされたりだったかな😫💢

これ実話だと怖いですよね。😱
いや、ほんとにこんな事が行われてますよ、きっと👽️

ラストのオチも衝撃で、UFOファンならピンとくる、怖うれしい展開!
でも、これが現実!現実⁉️🤔

エイリアンの造形もベタですが、
これは仕方ないと思うよ。
昔からエイリアンはコレ👽️やから
highbury

highburyの感想・評価

3.0
【後味が悪い】

『別荘を訪れる若者たち』というホラーにありがちな設定で、ストーリーは予想通り進んでいきます。
高度な技術を持っているはずの宇宙人も人を襲うときはやけに原始的です。

B級映画なので、説明不足感は否めませんが楽しく見れる作品でした。しかし最後のオチだけは・・・ねぇ。
最高。大好き。真っ赤に照らされた愛の照明(証明)
低予算ながら話の広げ方、見せ方が抜群にうまく、前作(「グレイヴ・エンカウンターズ」)から培ったPOV演出の取り入れ方も少ないながら的確。偏愛
>|