猫なんかよんでもこない。の作品情報・感想・評価

「猫なんかよんでもこない。」に投稿された感想・評価

Mrym

Mrymの感想・評価

3.4
猫の迷惑なお土産w
うちの実家の猫さんは、縁側の石のとこにすずめのあたまを3つ置いてくれてた(>_<)
KUBO

KUBOの感想・評価

3.4
前半の主人公はあくまでもネコ! 俳優お構いなしに自由に遊ぶクロとチンのかわいいこと、かわいいこと。

中盤以降、どんどん風間俊介の映画になっていくけど、次第に重く、苦しくなっていく。ペットはこうなるからうちの親も絶対ペットは飼っちゃダメとか言ってたんだよなぁ。

風間俊介って自然な演技するな〜。他にも松岡茉優、市川実和子とか、脇は少ないながらも演技派で固めてある。

小ネタ的には、給食センターの人たち、アベノマスクしてたな〜、とか、

ロッキー丸パクリの音楽はオマージュ通り越して、もうギャグ!とか、

ジャニーズが「ちんちん!」「ちんこ!」「ちんこちゃ〜ん!」って連呼してて、いいのか⁈

ネコ好きも、風間俊介ファンも、十分に楽しめる。かわいい、かわいい映画でした。
とし

としの感想・評価

3.0
2020年5月9日

映画 #猫なんかよんでもこない。(2015年)鑑賞

兄の家に居候しながら世界チャンピオンを目指しているプロボクサー。子猫の面倒を見させられ最初はイヤイヤ世話していたが徐々にハマっていく。漫画家をめざす。
とにかく登場人物画少ない
#風間俊介
#松岡茉優
#つるの剛士
#市川実日子
yukko

yukkoの感想・評価

-
過去鑑賞。

風間俊介目当て。
猫を自由にさせてるのは優しいと思うけど、家と外を行き来させてたらノミいっぱい連れてくるやん…😨
窓開けっぱにしてたら虫🐜🐞🐛🐝🐌入り放題やん…😨特にゴキブリ…😱嫌過ぎる…😱😱😱😱😱😱😱😱😱😱

そんな事ばっかり考えてストーリーに集中できず。勿論覚えて無い。部屋は覚えてるなw
過去鑑賞。山本透監督作品。
『映画 鈴木先生』の風間俊介、つるの剛、松岡茉優主演映画。
杉作の人気漫画を映画化した人間ドラマ。

パッとしないボクサーと2匹の猫たちの何げない日々の暮らしをつづっていく。猫との暮らしで新たな自分を発見する男の物語にかなりほのぼのです。猫好きにはお勧めですにゃ〜。

プロボクサーとして芽が出ず空虚な日々を送っていたミツオ(風間俊介)の兄(つるの剛士)が、ある日、2匹の猫を拾ってくる。彼はもともと犬派だったものの、ふとしたきっかけでなぜかその猫たちの面倒を見ることに。夢破れて沈みがちなミツオだったが、彼の気持ちなどお構いなしにマイペースで生活する猫たちとの暮らしが始まる。
リリィ

リリィの感想・評価

3.3
令和2年40作目
ところどころに「にゃんぱく宣言」が頭をよぎったけど、風間俊介くんと猫のクロとチンに癒された。
U3

U3の感想・評価

3.3
猫かわいい
猫好きにはたまらないですね(o^^o)

でも、かわいいからこそ
可哀想で切ない作品


不妊手術しないで外に出すのは
猫好きだったら絶対やっちゃいけない事
その教訓がよく分かる作品です


風間くんの雰囲気と
この作品がとてもしっくりきました


でも、猫だって呼んでも来ますよ
猫ちゃんによりますけどね(o^^o)
Adun

Adunの感想・評価

2.5
ボクサー崩れの青年が、ふとしたことから野良猫を飼う話。
頑張って面倒を見るのだけれども、猫はなかなか思うように懐かず、でも可愛いという日常を楽しむ映画でした。ほっこり。
rico

ricoの感想・評価

3.8
以前観賞 。
風間くんの演技力 。

人間くささと猫くささ(?)が
ほっこりと癒される作品 。
越太郎

越太郎の感想・評価

4.0
猫と風間くんにほっこりすること間違いなしの作品でした。
猫さん2匹が本当に可愛い!役者さんたちもみんな猫を可愛がってて、癒されます。可愛いだけじゃない部分もちゃんと映していて、猫は家族なんだってひしひし感じられました。
あー、猫と暮らしたい!
>|