マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたことの作品情報・感想・評価

「マーリー 世界一おバカな犬が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

mayukotkhs

mayukotkhsの感想・評価

3.9
おばかな犬を中心に人生が進む中、流産?や子育てとかそれによる退職、仕事での理想と現実、いい家や安定した収入を得た後の変化をおそれる感じ、などなど、
人生て大変なんだな~、みたいなことがたくさん詰まってて、見てよかったと思った。

子供と犬の絆的なシーンが本当に少なくて残念だったけど、今思うとそのお陰で夫婦と犬の絆がとても引き立っていてよかった👍

月収いくらもらったら大型犬が走り回れる豪邸に住めるの?
犬を飼ってる人、飼ってた人にはよく分かると思うな~犬関係の映画は先も大体読めるし似たようなストーリー展開なんだけでやっぱり別れのシーンは泣けてくる…ペットって色々いるけど犬って人間にとって家族と同等かそれ以上な関係性があるよね。
こういう人生歩みたいなって映画。
人生設計とか人生観とか家族の感じとか…

俺も飼ってた犬死んだ時はまじ泣いたなー。。
でも流石にマーリー暴れすぎ笑笑
そして対比されてる人めっちゃ良いコントラスト。もはや笑える。


とりあえず将来結婚して家庭持ったら必ず大型犬買います。
そして子供の一番の友達にします。
って決意が固まる感じの映画。
とりあえず良い。
844

844の感想・評価

3.8
オーウェンが馬鹿犬飼う。
トントン拍子でガキ出来る。
ヒステリー女全開。
犬を飼っている人はその子が死ぬ前に観た方がいいです。
死んでからじゃとてもじゃないけど観れません。
ほたて

ほたての感想・評価

3.8
予行練習 とか バーゲン とか
何気ない選択で
人生はこんなに豊かになるのね
Ohu

Ohuの感想・評価

3.6
2年前に黒ラブを亡くし、過去にも親がドーベルマン二頭とワイマラナーを飼っていましたが、やはり別れは辛いです..
Kota

Kotaの感想・評価

3.4
“貧乏だろうが裕福だろうが関係ない、愛さえあれば、応えてくれる。”

犬ヶ島カウントダウンあと1日。これは犬のマーリーよりも、何より夫であり父親であり夢追い人であるオーウェンウィルソンがかっこよすぎる映画。あんな父親最高だでまじで。そして彼をしっかり支えつつ、弱さも見せる奥さんのジェニファーアニストンもたまらない。マーリーが世界一というよりは、世界一の夫婦の元に来た犬だと思う。俺だったらあんな暴れ犬無理だもん。笑

なんだか家族の理想形みたいな物を見せてもらった感じ。編集長のアランアーキン含めて嫌な人が一人も出てこない。まぁでも最近“フロリダプロジェクト“を見たばかりだから、裕福な上の余裕な感じもしたけどね。コラム書いてるだけで給料二倍はやばすぎでしょって。笑
犬ってやっぱすげんだ〜。名声も、裕福さとかも、容姿も、関係ない。愛、っていうもんはそれ以上で、でっかくて。愛してくれる人、ちゃんと真っ直ぐに愛せるように、なりたいね。
coco

cocoの感想・評価

-
そういえば観てたので今更ながらクリップ。
多分小学生とかに観た作品かなと。
当時我が家で飼っている犬がテレビの中の鳴き声に向かって吠えてて、こいつもよっぽどおバカさんだなと思った記憶があります笑
素敵だったように記憶してます。
>|