劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたちの作品情報・感想・評価

「劇場版 岩合光昭の世界ネコ歩き コトラ家族と世界のいいコたち」に投稿された感想・評価

u

uの感想・評価

-
観たことを思い出した
猫様が出てる時点でもう素晴らしい
平和でいたいと思う
みどり

みどりの感想・評価

3.9
2021/1/8

深々と降り積もる雪
まさにいまの自分の状況と重なる冒頭

動物なら何が1番好き?
と聞かれれば真っ先に思い浮かぶのは
やぎなのだけれど
同じくらい猫も大好きで

でも
好きなのにアレルギーで
いつも目が真っ赤になるのです
それでも好きだから触っちゃうんだけど…


岩合さんのお写真やお話は何度か見聞きしたことがある
雪国の猫らしく
まんまるで木に登っているコトラ

こどもと一緒にいるコトラの近くで撮影しているであろう岩合さんにゴロゴロいっているのとか
手をにぎにぎしているのを見るかぎり
心許しているのだろうなあ
コトラの成長はもちろん
岩合さんの人柄にも惹かれていく


普段はまじまじと見れない猫の様子を捉えたり
猫の目になると時々街の様子が違って見えると話されていたり

コトラに育てられたこどもたち
リッキーもハナちゃんも
すくすくと育っていく様子は
譲渡会で出会って連れて帰ってきた
家族同然のあの子のよう




最近心が荒れているので
吉岡さんのナレーションにも癒されて
素敵なひとときとなりました

癒される作品を摂取したい……
nottara

nottaraの感想・評価

4.5
猫(だけでなく全ての生き物)を、尊重しながら撮影する岩合さんが大好きです。
LeeLung

LeeLungの感想・評価

-
コトラたちが逞しくて好きなのですが、何よりもブラジルのビーチで寝そべるシキンニョが好きです。

本編だけで、映画には出てこないけどアイスランドのオーブンミットとおばあちゃんも好き。

このレビューはネタバレを含みます

コトラ一家のドキュメンタリーも良かったけど、合間に流れる世界のネコのドキュメンタリーもユニークで面白かった。

このネコはどう撮影すれば一番活きるか、ということをカメラマンがよく理解していたからこその作品。
ちなみに一番好きなのは、ギリシャのジャンパー。

ペットを飼いたいとは思わないけど、この作品は好き。絶対飽きない。これも年間ランキング上位にくること間違いなし。
ドキュメンタリー映画が苦手です。作為丸出し仰々しい感動秘話や、なんとかアースやガイヤ云々の地球讃歌な似非エコロジカルなのとかに嫌悪感あるし退屈だから。だけどそれとこれとは別。なぜならニャンおるから。猫の背景から世界との繋がりの力強さを感じて涙がポロリ。猫が生活出来る場所は平和だって証。
ikumi

ikumiの感想・評価

-
冒頭のカメラワークがとっても良かった。
私がまったく知らない場所で、出会うことのない誰かが暮らしを営んでいるんだな、とふと考えることはあるけど、そのそばにもっと広大な世界を見ながら駆け回る猫がいるって思うと面白かった。
kokonosaka

kokonosakaの感想・評価

4.0
映画館で岩合さんによる猫の映像を観る、という体験ができたことはよかった。一番のクライマックスは冒頭の雪の中の猫だと思う。涙が溢れた。

テレビ放送のように、じっくり猫を堪能できたかといえば、わたし個人の意見では、正直そうではない。色んな国の猫をちょこちょとこ観つつ、リンゴ畑の猫をちょこちょこと追う。それぞれはもちろん最高に可愛いが、詰め込みすぎた感じが否めず、残念なことに、落ち着けなかった。むしろ、国内編と国外編を分けてみても良かったのかもしれない……?そうでなくても、あそこまで(シーンごとに)分けなくても、という感想。

ただし、猫はみなとてつもなくかわいかったし、岩合さんの猫映像はやはり世界一だと改めて認識した。繰り返すが、その猫を大きなスクリーンで堪能できたことは、これまでにないくらい、贅沢な時間だった。
のぶ

のぶの感想・評価

-
#岩合光昭の世界ネコ歩き劇場版 シアターに響く「いいこだねえ」 雑種のネコが大画面に写し出されるのは間違いなく見たことのない景色。内容はテレビ版の総集編、映画ではなく、イベント扱いとみるべきか。観た劇場は半分ほどの入り。もし続編があるなら、撮り下ろしでないと厳しいだろう。
あ

あの感想・評価

5.0
本当に可愛かった!
映画館に観に行ったら、キャットフードもらった思い出がある!笑
>|