アイスマン 超空の戦士の作品情報・感想・評価

アイスマン 超空の戦士2014年製作の映画)

氷封侠 重生之門 Iceman 3D

上映日:2015年03月07日

製作国:

上映時間:104分

3.0

あらすじ

時は明朝末期。錦衣衛(※明朝の秘密警察)の賀英(ドニー・イェン)は、朝廷からの奉命を受け、天竺(インド)から秘宝“時空金球”を受け取り戻る。しかし謀反に遭い謂われ無き罪を着せられ、義兄弟である老大元龍(サイモン・ヤム)、薩獒(ワン・バオチャン)や聶虎(ユー・カン)らから追跡を受ける。しかし雪山で起きた雪崩に彼らと共に巻き込まれてしまう。それから400年後の香港- 冷凍カプセルに保管されていた賀…

時は明朝末期。錦衣衛(※明朝の秘密警察)の賀英(ドニー・イェン)は、朝廷からの奉命を受け、天竺(インド)から秘宝“時空金球”を受け取り戻る。しかし謀反に遭い謂われ無き罪を着せられ、義兄弟である老大元龍(サイモン・ヤム)、薩獒(ワン・バオチャン)や聶虎(ユー・カン)らから追跡を受ける。しかし雪山で起きた雪崩に彼らと共に巻き込まれてしまう。それから400年後の香港- 冷凍カプセルに保管されていた賀英は、事故により目覚めてしまい、今の時代へと放り出されてしまう。右も左もわからず見た事も無い世界へと放り出された彼は困惑するが、偶然出会ったギャルの小美(ホアン・シェンイー)の元へひょんな事から居候として転がり込む。最初は賀英を変人扱いしていた小美だが、彼の純粋さに理解を示していき、賀英もまた彼女へと惹かれていく。そして現代社会に適応する術を学んでいく。一方、遅れて薩獒と聶虎らも同じく目覚めており、賀英と同じくこの時代に適応していた。その頃、警察が賀英の行方を捜していた。指揮をしている警察の副署長は、なんと同じく目覚めていた老大元龍であった。運命に導かれるかの様に再会する義兄弟たち…それぞれの譲れない思惑と葛藤が交差し、やがて彼らは再び戦う事になるのだった。果たして彼らの運命は!?

「アイスマン 超空の戦士」に投稿された感想・評価

スパゲッティ・チキンカレー!!!!!

…なんて微塵も関係ない、ドニーさん版ウィンター・ソルジャー(笑)

いやぁ、なんだこれww
ドニーさん遊び過ぎでしょ!
おじさん相手にウインクしちゃったりとか……あぁ似合わないプフー!!!

そしてまさかの二部作……って、後編はいつ公開なの???
何一つ解決してないよー(°Д°)



明王朝末期。
ホー・イン(ドニー・イェン)は濡れ衣を着せられ、なんやかんや…
そのうち義兄弟達と共に、雪崩に巻き込まれてしまった。

400年後、現代、香港。
何故か冷凍保存されていたホー・インが、事故で目覚める。
同じく目覚めた義兄弟達に追われつつ、現代の娘っ子メイに惹かれるのだが………



シヴァ神のリンガ(性器w)を時空の金球(玉じゃないよw)に挿入すると、時を操れるらしいです。

が、前編である今作では、その設定はどこへやら…
とりあえず、ドニーさんが現代で楽しんでます(笑)

まず、冷凍保存から覚めて即、屋外放尿ww
しかも凄い勢いである。
その後、ラーメンを大量に摂取し、一目惚れした女の家に行ってスマホ操作を会得、敵のアジトの便器に放屁&爆破させて、辺りをウ〇コまみれに……

あれ?
義兄弟が追ってきて、壮大なアクションシーンが始まるんじゃないの??
と思ったら、72分後、やっと出会いました。。。
遅ぇ…(´Д`)

アクションはワイヤー&スロモでふわふわ…
まぁそれでも迫力はあったし、ドニーさんその他も良い動きしてたからいいか~♪

ヒロインは細すぎて貧相、声もキンキンでうざい、いらない(笑)

で、これから雪山に戻って、400年前の"あの日"の汚名返上をっ!!!
と思っていたのに、終わった。。。
おーい、後編はぁ???

はっ…………
そもそも玉にリンガ挿入て、超BLなのでは?!?!
……いや、違うか(笑)

そんなこんなで、ドニーさんが公衆の面前で色々やらかす、イップマンしか知らない人はドン引きかもしれない、SFアクションでしたw
santasan

santasanの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

明朝の錦衣衛が冷凍保存され現代へタイムスリップ、という設定はなかなか面白いし、ワイヤーアクションやCGを使った錦衣衛同士の対決シーンも見応えあり。ただし、後編ありきなので副所長がどうして現代にいるのかやどんな裏事情で罪を着せられたのかが解決しないままで残念。
Annu

Annuの感想・評価

-
ハイパーワイヤーアクション
カンフージャングルの人出てた
ギャグのツボが合わなかったので微妙でした
モヤモヤした気持ちをイップマン等真面目な方で清めたい……
くぅー

くぅーの感想・評価

3.3
ユン・ピョウ主演の1989年の『タイム・ソルジャー』の一応のリメイクで、ラストで驚いたが、何と二部作の前編となる本作だが、何ゆえにドニー・イェンはこれをやりたかったのか、ちょいと疑問は残る余韻。
アクションはそこそこだが、CGは今一つ浮いてるし(笑)
個人的には、香港の要所要所を字幕で入れてくれて、ドニーの過去作ネタが幾つかあり、サイモン・ヤムとラム・シューが出てくれて、相変わらず某カトパン似のホアン・シェンイーを見れたのは良かったが…まぁ、後編を見てから判断しますか。
 おもしろい。シモネタ全開で満載で、荒唐無稽だけどおもしろい。
 かっての『トラック野郎』シリーズや、「ソニー千葉」こと千葉真一の東映アクション映画がそうであったように。
 それを楽しそうに演じるドニー・イェンも、サイモン・ヤムも『カンフー・ジャングル』で競演している二人もみんな楽しそうだ。
 こんなくだらない映画を作る余裕こそが、いい。
 あれだけ下品でくだらない『銀魂』が受けている日本なら、もっと受け入れてもいいと思うのだが。
 ラストがアレで、アクションが足りなくて、インド色が強かったのか。
 でも、大好き。
 ドニー兄、これからも付いていきます。
ドニー海王どうしちゃったの…
はっきりいってゴミ。コメディ映画にアクション要素を取り入れて、やりたいように作ったら予算がなくなってブツ切りでエンディングに向かった感じ。
エンドロールも、エンドロールの途中で曲が終わり、その後は無音でエンドロールのみ流れるという超お粗末。
ほんと何も解決しないままエンディングになってマジで意味不明。こんなん劇場公開したということ自体驚き。中国スゲー。
Seiji

Seijiの感想・評価

2.6
ドニー イェンを好きになり期待して見ましたが、残念ながら駄作以下のできでした。ドニー イェンの良さを全く理解していない監督の責任だと思います。エンディングも??でした。
onami

onamiの感想・評価

2.9
開始早々おバカ過ぎて笑ったw

カンフーコメディ?あんなお馬鹿な演出すら清々しいほどのナルシストにやっちゃうドニーさん。。

ところどころ面白いのに最後の適当感!!ww めんどくさくなった?!色々まだ盛り込みたいけど時間ない!もういいや!!ハイ終わり!てな感じでエンディング。。

色々清々し過ぎて笑った。
Nozomi

Nozomiの感想・評価

3.1
雪崩で氷漬けになった
明時代の兵士が
ひょんなことから現代で復活!!
という話。

キャストは
アクションできる人が集まってるのに
まさかのコメディー笑

ドニーさんの振り切ってるかんじ
嫌いじゃないよ!
そしてヒロインより可愛い
ワン・バオチャン。

続きが気になる終わり方。
はま

はまの感想・評価

3.0
開始数分で「あっこれはクソ」って思った映画もなかなか無いですけど、これが不思議なもので
『いや…案外面白い…?』
「あっやっぱダメだわ」
『あーでもこれ好き』
「うわ何これつまらん」
を繰り返し続けてエンディングを迎えました(笑)

明の時代の戦士が400年後の現代に氷漬けから蘇るお話。
とにかくもう細かい部分(ストーリーだけじゃなく撮影的な意味でも)に突っ込みが追いつかなくて笑うしかないのがすごい。それが段々面白く感じ始めてしまうと私みたいになります。
現代に一瞬で馴染んでる戦士たちが巻き起こすドタバタコメディ☆←ってノリでしょうか。

つまらん、ってなるのはワイヤやらCGがバリバリで純粋なアクションは部分的にしかない、ってところです(個人差はあると思うけど)。私がドニー兄貴に求めるのは生身アクションであってこういうのではない…
だからこそ時折見せてくれるガチのアクションにキタァ〜〜!😆ってなってスコア上げちゃうんですけどね(笑)

ドニー兄貴の出演作をまずは一通り見てから見た方が良いのは言わずもがな。「何してもカッコいい」ぐらいの信仰心で挑んで下さい。
あとは『SPL/狼よ静かに死ね』のサイモン・ヤムだったり『カンフージャングル』のワン・バオチャンが出てたりと楽しみが増えます。
…私いつのまにこんなに香港スター覚えたんだろう……


これはドニー・イェンのウンコとおしっこが観れる映画
>|