チャイニーズ・オデッセイ Part1 月光の恋の作品情報・感想・評価・動画配信

「チャイニーズ・オデッセイ Part1 月光の恋」に投稿された感想・評価

健成

健成の感想・評価

3.5
良き時代の香港映画。
雑な造りですが音や撮り方がこの時代ならではの感じで好きです。
バランスが良く楽しめました。
opi

opiの感想・評価

3.3
連休になると香港映画見たくなるんだけど、配信されてる好きな感じのやつはもう見尽くしたっぽいので、ネトフリでチャウシンチーで検索して出てきたこちら

後半からすごい好きな感じの展開でよかった シリーズものなので明日続き見よう
Tk

Tkの感想・評価

3.5
想像していたよりも面白かった!というかくだらない笑いがナイスで、えぇ!?ってなりながら笑いました。あとワイヤーアクションの感じが今まで観た他の香港映画と一味違ってて監督見たら、ジェフラウ。この監督「大英雄」撮った人ですか!?そりゃあ私好きだわ(笑)ってなりました。パート2も楽しみです。

No.25
頑張って見たけど、最後まで面白くならなかった。カンフーハッスルにつながるものを期待した。でも、がっかり😮‍💨
・だいぶ前に観たことのある作品だけど、かなり忘れてて、新鮮な気持ちで観られた。面白い。
・チャウ・シンチーが股間を蹴られるまくる場面は覚えてた。バカバカしい場面だけど、しっかり笑った。
・今の目で観れば、しょぼく観えるところのも有るけど、最後まで勢いで楽しませてくれる。
・やっぱり、この時期の香港映画は最高。
シル

シルの感想・評価

4.5
15年ぶり再鑑賞、ちっちゃいころコメディとして見てたけど、今見るとやっぱり悲劇でした。
話の内容さっぱりわからんけどなんとなくおもしろい。

2021年156本目
犬

犬の感想・評価

3.5
復讐

悪事を企んだ孫悟空は、観音により人間界へと追いやられる
500年後、山賊の領主に生まれ変わった悟空の前に、2人の女が現れ……

中国三大奇譚のひとつ『西遊記』を大胆な解釈で描いた娯楽大作



世界観が良い

妖術
いろんなバケモノも出てきます

ロマンス感
アクションが楽しめる

最後に後編の映像があります
HAL

HALの感想・評価

3.7
チャウ・シンチーが愛とロマンの新解釈で「西遊記」をやり、しかも二部作でタイトルが『チャイニーズ・オデッセイ』というのだからどんな大風呂敷を広げるのかと思いきや、蓋を開けてみれば武侠映画ふうのいつものドタバタコメディという感じ。しかしこの作品が「月光の恋」から「永遠の恋」に至る恋と恨みと運命に翻弄される姉妹(色々あるのだが時空によって仙人だったり妖怪だったり人間だったりする)がとにかく可愛い。チャウ・シンチーってむかしから女優をチャーミングに描くのがうまいと思う。けっこう漫画的な、それこそ頬を膨らませてふてくされるような表情も多いのだが、それがこんなに愛くるしく見えるのは作品世界の持つバカバカしくもどこか真っ直ぐな空気感のなせる業だろう。ギャグのオンパレードで爆笑していたら恋人が裏切られたと勘違いして自殺を図り、「月光の箱」(かなりのキーアイテム。時空を超えられるが、特に説明はない)で時間を戻して止めようとするも間に合わず、やり直しだ!というのを大分しつこく繰り返す、笑っていいのかわからない展開のあげく舞台は500年前へ……というところで第一部は終わる。投げっぱなし過ぎる終わり方だが、第二部はさらに複雑なプロットの末に大団円にいたる傑作だったので、二本続けてみるのがいいと思う。この内容でどっちも80分ちょいというのもちょっとすごいよね。

このレビューはネタバレを含みます

中国の史劇コメディ。
西遊記をベースに、一つ一つの動きやセリフにコメディ要素を盛り込んでいる。
ワイヤーアクションも流石と言うべき。
最早特撮と言っても過言ではない。
この手の映画ならではの雑な感じもまた一興。
>|

あなたにおすすめの記事