ザ・ボディガードの作品情報・感想・評価・動画配信

「ザ・ボディガード」に投稿された感想・評価

とし

としの感想・評価

3.0
2021年1月16日
映画 #ザ・ボディガード (2017年)鑑賞

#サム・ワーシントン 主演のボディガードもの。はっきりいってストーリーは大したことはない。つながりもよくないしいわゆるB級映画
この映画で見るところは、#オデイア・ラッシュ の魅力だろう
あの緑色の大きな目👁👀
吸い込まれそうな魅力です
mota

motaの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

リチャードが部下を先に殺したりログイン情報を強制的に吐かさなかったり幸運が重なる嫌なハッピーエンドでした。
Ridenori

Ridenoriの感想・評価

2.4
ヤク中のスゴ腕アサシンとワガママJKの逃避行。明確に何でと言われるとわからないけど、なんとも既視感のあるB級設定…
最後、流石に悪玉のボスであるアレン・リーチにはもう少しドッシリと構えていてもらいたいものだった。あれじゃ前半までの冷酷非道な振る舞いになんの説得力もない。
theocats

theocatsの感想・評価

1.8
中盤まで悪いとまでは言えないもののクライマックスが完全に腰砕け。
あんな楽に冷酷非情の大ボス宅に潜入できるなんて不用心にもほどがある。
キャラやなぜそういった状況なのかの説明や絵を見てもわからないので、見ていて楽しくなかったです。
いきなり、ヒロインの子連れて守る風だけど説明がヒロインの子もなぜ追われる経緯になってるか分かってないし、見てるこっちもわからない
説明が不足しててコナン君以上に難解だった
ネクストコナンズヒント欲しかった
fishii

fishiiの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ジャックリーチャー、ターミネーターを想いださせてくれました。


名言
よくやった。
byルーカス

ラストシーンは、ランボーが心の安らぎを得た時を想い出しながら、ハッピーエンドで良かった!良かった!
PikKa

PikKaの感想・評価

-

一家惨殺から免れた女子高生のもとに、プロの殺し屋ルーカス(サム・ワーシントン)が送り込まれるものの、いざとなると手を下せず一緒に逃亡しながら依頼人であるマフィアのリチャード(アレン・リーチ)に復讐するという展開。

『ダウントン・アビー』や『イミテーション・ゲーム』などのアレン・リーチが本作の中心人物である冷酷なマフィアという役どころ。

観る前はアレンの風貌やイメージにマフィアはハマりそうにないなぁと思っていたけれど、いざ映画が始まってアレンが出てくると空気感がガラリと変わり不穏な雰囲気に…
意外にというか予想以上に浸透していて、それほど物足りなさなどは特に感じなかった。
落ち着きと美しさのある普段のビジュアルがあるからこそ、その対極にある冷酷非道な人物像の底知れぬ不気味さ、終始ひんやりヌメッとまとわりつくような見えない恐怖がハンパない…

そんなマフィアと幼い息子の関係性にも一筋縄ではいかないものがあって何度もハラハラする展開が。
女子高生と殺し屋の予想できる結末よりも、あの小さな息子の展開が気になって目が離せなかった。
何かやらかしそうな気配はあったけども、
まさか、あんなことを…というような。
まさかのロビン・フッド的な。
(あの子役はアレンをそのまま小さくしたように似ていて可愛らしかった。)

派手さはなく重苦しく静かめな展開続きだけど楽しめた。
バニラ

バニラの感想・評価

2.4
ジョナサンモストウ監督。
地上波フジ系、録画。
区切り800レビューでフォロー名変更、故郷の詩人、中原中也の詩。
凄腕の殺し屋ルーカスはマフィアのリチャードから女子高生エラの殺害を依頼される。
殺し屋稼業から足を洗う為の依頼を断れば妻と娘の命はない。
ルーカスはエラを見つけるが引き金を引くことができなかった、ルーカスはエラを守りリチャードへの復讐を始める。
ストーリーに意外性はなし、映像は暗く見にくい、役者も脇役なりでB級だと否定できない。
主演ルーカスにはアバターのサムワーシントンで役に似合ってます。
監督がターミネーター3でシュワちゃんに似せてたのかなあ。
女子高生エラにはオデイアラッシュ、マフィアのリチャードにはアレンリーチとそれなりの演技で悪くないんだけどね。
アクション新次元のキャッチコピーは合ってなかった。
ネタバレほどじゃないから。
ハッピーエンドでほぼ予想通りの結末、エラ負傷するならルーカスもだろと。
B級でしたとしか。
jr

jrの感想・評価

3.0
地上波にて
久しぶりにホイットニーの歌聞ける♪
と思ってたらボディガード違いだった…
2017作だから最近か!アバターの人の方のボディガードね
エラ役の女の子可愛くてプリティリトルライアーズのアリアかと思った!
殺し屋がターゲットを殺せず、逆に狙われることになった話。
なんだか、全体的にアッサリとした味付けだった
>|