ブラッド・ファーザーの作品情報・感想・評価

ブラッド・ファーザー2016年製作の映画)

Blood Father

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:88分

3.4

あらすじ

トレーラーハウスでアル中のリハビリをしながら細々と暮らす男、ジョン・リンク。血生臭い世界から足を洗った元犯罪者の彼のもとに現れたのは、数年前から行方不明になっていた一人娘リディアだった。ギャングとトラブルを起こし、警察にも、殺し屋にも追われる娘を守るため、父親は、これまで培ったアウトローのサバイバル術を駆使して迎え撃つことを決意する!

「ブラッド・ファーザー」に投稿された感想・評価

命懸けで娘を守るお父さん。
の話しでした。

あっさり終わる感じで特に盛り上がるわけでもなく。

て感じです。
メル・ギブソンありきの映画かと思いきや原作があるのね。
で、なぜかフランス映画。
メル・ギブ主演なのにひっそり公開されてdvd化も気づかないところ。時代の流れとは言え、マッドマックス世代には悲しい現実です。
イーストウッドとは違う私生活のクズ要素も乗っかったかのような老化ヒーロー。荒野をバイクで走ったり、古傷自慢したり、やっぱりこれメル・ギブありきの映画じゃんというようなシーンも。
低予算で登場人物も背景もおざなりだけどメル・ギブソン世代には必見の一本かも。

こういう作品を見るにつけ、netflixオリジナルのような作品がいかに贅沢な作りをしてるかわかりますな。この作品だってドラマシリーズ化すればもっと見応えある作品になったろうなあ。
ToruSuzuki

ToruSuzukiの感想・評価

3.5
メル・ギブソンが不憫。でも親の愛はそんなものかなと。
女の子ってちょいワル系に憧れちゃう時期ってあるよね(´^∀^`)
でもこの子、ちょっと男を見る目がなかったかな(´>∀<`)ゝ

アクシデントに巻き込まれ、殺し屋に命を狙われることとなった娘。

助けてパパ!!

よっしゃ!!
お父さん頑張っちゃうぞ(๑و•̀ω•́)و

そんな話です。
(どんな話やねん笑)

ちょいワル系オヤジのメル・ギブソンが愛する娘を守る姿がステキ(*´∀`*)

リーアム・ニーソンほど ぶっ飛んでなかったけど、結構強いよこの父ちゃんw

ファザコン女子必見。
この映画見たら、お父さんに優しくしたくなっちゃうかもよ( ͡° ͜ʖ ͡° )

てか、ほんと偶然!!
一昨日 これ見たんですけど、その日ってうちのお父ちゃんの誕生日やん!!

ま、すでにお空に行っちゃったケドね
(気になる方はビッグフィッシュのレビューをご覧あれ!!)

とりあえず手でも合わせとこ
なーむー(-人-)
過去のメルギブ主演映画は好きですよ。
この映画もぜんぜんダメって訳じゃナイんですよ・・・。
監督業に専念してもイイんでは?
takumi

takumiの感想・評価

4.1
メル・ギブソン、荒野に完全復活したてたぞ!!

メル・ギブソン演じる酒に溺れていた前科者が、裏社会と関わったがために追われる身となった娘を助けるため戦うというストーリー。

プライベートでも色々あった彼だけに、この役がむちゃくちゃハマっていた。鍛え上げられた肉体や刻まれたしわ、バイクで荒野を突っ走るメル・ギブソンやっぱり渋くてカッコよかった!そして水平2連ショットガンを構えるメルギブを見れて満足。数こそ少ないが、荒々しさむき出しのアクションシーンも見応えがあった。

短い尺で観やすいが、娘がグレちゃった経緯をもう少し掘り下げたほうがいい気も。だがやはり最後の父娘の会話は泣ける…

万人におすすめとは言えないが、往年のアクション映画ファン、メル・ギブソンファンには是非おすすめしたい1本だった。
toshi

toshiの感想・評価

3.5
1人でBD鑑賞。

96時間のもう少し闇社会バージョン。
父親が頼りなさそうで実は頼りになる感じ。
真面目な父親ではないが、愛情はちょっと感じる。

メルギブソンの存在感はすごい。○
娘はちょっとかわいいかな。○

あまり強いという設定ではないがそこが議論ありかな。△

最後の作戦はかなり無理があると思った。×
期待し過ぎてた。面白くない笑
後半、父と娘が奴らに追われまくってるのはいいねんけど、そこまでが長くない?
あと、一言で言えば
娘が悪いんちゃうの
同情なんて1ミリもなかったわ... (笑)
失踪した娘が助けを求め、父親の元へ戻ってくる。
失踪していた間、男、酒、ドラッグ…そして男がとんでもないヤツだった。
まーーー、私も娘がいるけれど、こんな風になったら嫌だなぁ。
分かりやすすぎるくらいの堕落ぶり。
それによって父親を危険な目に。いくら前科者とはいえ。
もーなんか、娘、お前が悪い❗️って感じの映画でした。
メル・ギブソンの、まぁーワイルドさよ!
エリン・モリアーティ、まさにグレたティーンエイジャーを体現していて、そして可愛い。
ウィリアム・H・メイシーの顔を知らなかったので、今作で観ることが出来て嬉しい。「君が生きた証」のファンなもので。

アクションシーン、銃撃戦は激しくてかっこいいのだけれど、ゾクゾクするような熱さは感じなかった。
お話の作りが雑だなという印象。

お父さんの大きな愛情を、もう少し伝えられる展開にも出来たのではないか…?
最期、悲しいのに物足りなく感じてしまって、せっかくのメル・ギブソンが…。
>|