リミット・オブ・アサシンの作品情報・感想・評価・動画配信

「リミット・オブ・アサシン」に投稿された感想・評価

たつや

たつやの感想・評価

3.7
『リミット・オブ・アサシン』
イーサン・ホーク

家族を失くした凄腕の暗殺者トラヴィスは、任務中に撃たれ命を落とすが自分の組織が密かに進めてきた蘇生方法で生き返る❗
トラヴィスを生き返らせた理由は死ぬ間際の情報を聞き出す為だった!
情報を聞き出した組織は、再びトラヴィスを殺そうとするが何とか逃げ出すことに成功する。
しかしトラヴィスの生きていられる時間は24時間!

自分を打った標的者に会い調べていくと組織が蘇生実験のために人々を連れ去りモルモットにしていた事を知る‼️

トラヴィスは組織を倒すため残り少ない時間で行動に移す❗
果たして‼️😆


イーサン・ホーク。
やっぱりカッコいいなー。
って感じます。☺️
命のタイムリミットがあるオッチャンが
組織に反旗を翻し奮闘するお話

凄腕の傭兵だたけどヘマるし
でもヘマるからこの映画が成り立つので
敢えて様々なツッコミはしないのだ

冒頭のズッコケコンビが終盤出てきて
義父に返り討ち合うのほっこり
イーサン・ホーク目当てで観た。キャラの一貫性がないというか。あんな堅物そうな護衛の女がワンナイトラブしねえだろとか、主人公あっさり殺されてるやん弱っ!とか、いろいろモヤる。
あと、最初に場所を表示されて以降はずっと、「今、どこ?」という疑問が漂っていて、それもモヤモヤしていた。終盤でようやく、「あ、今これアフリカにいるんだ」と分かった。
 イーサン・ホーク演じる男は凄腕の殺し屋のはずなのに、女性にあっさり射殺されるなんて。いくら相手がインターポールのエージェントとはいえ……。油断してたのかな?
 ほかの映画でもよくある、カーチェイスしながら撃ち合うシーン。毎回思うのだが、なぜタイヤを狙わないのか。
 あと、ハルクを悪く言うな!
これはいくらB級アクションびいきの私でも楽しむのはさすがに難しかった…しいて言えば血まみれ2丁拳銃姿のイーサン・ホークは新鮮でした。
やかん

やかんの感想・評価

4.0
登場人物が渋いかっこいい
主人公もお義父さんもヒロインもかっこいい
アクションはこれでいいんです
余計なものはいらない
こんな渋いおっさんになりたい

Semper Fi!
アマゾンプライムビデオで。

イーサン・ホークが一度死んでみた殺し屋のバイオレンスガンアクション。

イーサン・ホークが好きなら楽しめる?かも。
イーサン・ホークは好きな俳優だけど、彼史上最低ランクの映画。
内容が薄くてペラッペラ。
ジョンウィックのスタッフだか何だか知らんがアクションも別に大した事ない、普通。

24時間で死ぬ設定が何も活かされてないし、主要キャラの家族愛みたいな物が邪魔。
だったらお前らそんな仕事するなよ以外の答えはない。
そーま

そーまの感想・評価

3.5
イーサン・ホーク少し歳をとり渋いですね‼️
また、タバコが似合う似合う🚬
“リグレッション”の時のように‼️

エージェント系のアクション映画は🎬
やはり、面白いですね‼️
映像の見せ方も全然ストレスなかったので
良かったです‼️
(頭に百発百中でしたよ笑笑
 さっすが、エージェント笑笑)

ストーリーも中々なものでした。
エージェント会社も冷酷だし
無慈悲に人を殺すので、、容赦ないです。。

イーサンは訳あって、少し強化人間(時間付き)に
なりましたが、最後のシーンでは。。。
あらららら、、イーサン⁉️と少しだけなりました笑笑
イーサン・ホークは毎年必ずコンスタントに色んなジャンルの作品に出続けてホント凄い。
あらゆるところから引っ張りだこなんだな。
その中には変な作品も紛れてたりするけど、熟練の演技でいつも何とか観られるように収まる。

これはありがちなガンアクション、カーアクションだった。
何故か全く必要のないラブシーンを入れ込んじゃって。
まぁイーサンを最初にあっけなく殺すあのおばさんはシャワー中に撃っておくべきだったね!
そして組織の蘇生実験で24時間の命とか、いきなりがっつりSF。ご丁寧にイーサンの腕にタイムリミットが表示されてる(汗)
作り手も変わったテイスト入れたくなるんだろうけど、設定したそのルール自体を驚くほどひっくり返すラストがダメでしょ。

でもイーサン・ホークだから結局は許すしかないか。。。
>|