リズム・セクションの作品情報・感想・評価・動画配信

「リズム・セクション」に投稿された感想・評価

leonard

leonardの感想・評価

2.5
うーん、正直つまらなかったですね。。。
ブレイク・ライブラリーはイメチェンの為に頑張った意欲作なんだと思うのですが、設定とかツッコミ所多過ぎて全体的にストーリーも薄くてチープな感じになっちゃったかな。
tulpen

tulpenの感想・評価

3.2
ブレイク・ライヴリーは
ショートヘアが絶対いい!

最初、誰だかわからなかったくらい
顔が変わるんだねー。
華がないって言ってゴメンなさいって感じでした(笑)


心臓の音はドラム
呼吸の音はベース
これを言う時のジュード・ロウの声が
めちゃくちゃ好き。
あたしはジュード・ロウの顔も好きだけど
声が1番好きだったんだと実感。
ジュード・ロウに鍛えられて
泳いで帰ったりするところ
ニキータみたい
育ちの良いお嬢さんが
悲しみのどん底から自暴自棄で春を売り
さらにその先の展開には無理があって雑
そこは見流して、ダークヘアに汚い姿の
いつもと違うブレイクを見る価値は大いにある
何よりタイトルが格好いい
ブレイクライヴリーが出てたのでつい、、、、。
しょっぱな別人ねー
コオリ

コオリの感想・評価

3.0
ボチボチですね、という感想。
色々とツッコミどころがあるけれど、全編に漂う悲哀。
その空気感がスコットランドの風景とベストマッチ。
昔訪れた時に「物悲しい空気が漂ってるな…」と感じたのを思い出しました。
ジュード・ロウの渋さにヤラレタ…。
飛行機事故で家族を失って自暴自棄に生きていた女性が、あれはテロだったと教えられて復讐に乗り出す話。

特訓などをするも結局はまだまだアマチュアのヒロインのリアルな頑張り、葛藤ぶりが見どころ。
車で逃げるシーンはすんごいハラハラした。

タイトルであるところの「リズムセクション」が活かされないまま終わるのはだいぶ肩透かし。
ライリー・ノースは出来すぎだったけど、こちらはちょっと足りなさすぎる気がする。

でも、ブレイク・ライブリーがいいんだよなー。
いつもとイメージが違うけどやっぱり素敵で、眼福ポイントが加算されてしまう。
簡単には殺せないのが、元々は普通の人感が出てた。絵が綺麗だった。

最後にやっと本物になれた感じがした。
いろんな人の名前が出てきて戸惑った
chiyomi

chiyomiの感想・評価

3.5
『リズム・セクション』2020 「孤独なふりした世界で」のリード・モラーノ監督作品。ブレイク・ライブリーとジュード・ロウが共演なので鑑賞。ライアン・レイノルズの奥様で大好きな女優。彼女の今までと違うイメージで殺し屋役に驚きの変貌でした🔫✨
RayCobb

RayCobbの感想・評価

-
2021/05/22 Netflix
普通の映画だった。絵の撮り方は上手い。細かいとこにも気を使っていた感じはした。ちゃんと作ってあるから、普通の映画感がイナメナイヨネ
santasan

santasanの感想・評価

3.3
なんと言っても、これまで華麗なセレブ美女のイメージだったブレイク・ライブリーのショートカットに加えてスッピンも晒しての体当たり演技が見どころ。前半は別人にしか見えなかった。
テロで家族全員を失って独りぼっちとなった素人のヒロインがテロリストに復習するというストーリーにはちょっと無理があるが、素人設定がゆえに冷や冷やもののカーチェイスなどは逆にリアリティを感じた。
>|