浜辺の女の作品情報・感想・評価

浜辺の女2006年製作の映画)

해변의 여인/WOMAN ON THE BEACH

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.8

「浜辺の女」に投稿された感想・評価

WINSRIVER

WINSRIVERの感想・評価

3.4
イメージと実体について図解するところがバカバカしかった。何を言ってるんだと。犬が車を追いかけるのは泣けた。
役者には繰り返すのは嫌いなんだと言わせときながらホン・サンスはひたすら同じような映画を撮り続ける。潔くて好きだ。
じえり

じえりの感想・評価

2.6
苦手なホン・サンス
またチャレンジしてみたがやっぱり無理だった〜〜
ルネ

ルネの感想・評価

5.0
2006年。 監督・脚本はホン・サンス。

新作映画の脚本執筆に行き詰まった映画監督が、後輩の美術監督とその恋人を連れてシーズンオフのビーチへ旅行へ行くお話。

ダメな男、酒飲んでグダグダ、セックス、そしてもめるというホン・サンス監督らしさに満ち溢れた作品。

しょうもない理由での痴話喧嘩ぐらいしか起こらないのだが、男女の会話や絡みが面白くて見入ってしまった。 恋愛の難しさやダメさがそのまんま描かれていて、何だか色々と思い出したりもします。

主人公の映画監督は、多分ホン・サンス監督そのまんまなんだと思います。 他人からみるとどうでもいいところで苦悩する姿や、開き直ってキレるところとか人間らしくていいです。

ゆるいのに128分もあるので合わない人には辛そうですが、ホン・サンス監督が好きなら観てほしい作品です。
てぃだ

てぃだの感想・評価

3.0
「だから何だ」と言われればそれまでの痴話話な気もする。「映画監督」を主役にもってきた割に、その設定が活かせてない気もしないでもない。けどたぶんこれがこの監督の作風なのかな。何も起きない。でも当事者間では何かとてつもないことが起きてる。
前半は男2人と女1人、後半は男1人と女2人の三角関係を描いた物語。どちらのパートもスリーショットの中でのそれぞれの登場人物の心の揺れ動きを身体で表現できているのが素晴らしい。干潮、満潮それぞれの浜辺の撮り方も秀逸。
観てるとタバコ吸いたくなる映画ランキング上位、バカスカ吸いながら観た
HAL2016

HAL2016の感想・評価

3.2
もろ昼メロ。食べ放題の焼肉を食べて脂ギトギトお腹いっぱいそんな感じにさせらる映画。どうでもいい男と女の話。そういう意味で逆に美男美女が出てくるわけでもなく作り話でもなく映画という夢から醒めさせてくれる超現実主義的映画。カメラワークも凝ったアングルも綺麗な風景もない超ベタ取りです。
keiji

keijiの感想・評価

4.3
傑作反復アバンチュール。素晴らしいんだけどホン・サンスもうお腹いっぱいになってきたなぁ
いつものパターンなのに、観てしまう。小物映画監督の姑息さと小狡さ、いっこうに書けないシナリオに乾杯‼️
みんな滑稽過ぎる・・・
いちいち面倒くさい。
やることなす事子供っぽくて
だらしなくて品が無い。

その人の実態とその人のイメージは違う・・・
確かにそうかもな。

でもイメージを打破するのは難しい。
努力する他無い。
見えてないものって多いんだろうな。

「貴方が人生で一番怖いことは何??」
「執着する事よ。」

・・・分かる気する。
執着される事はもちろんのこと
過去の経験や物事に執着してる自分ほど
苦痛で厄介で恐ろしいものってなかなかない。

だらしない行動ばかりなのに
たまに的を得た事も言ったりで
人間の多面性が見える。

でも彼らのイメージは
やっぱりだらしない。
イメージって重要なんだな。
>|