シンクロナイズドモンスターの作品情報・感想・評価 - 56ページ目

シンクロナイズドモンスター2016年製作の映画)

Colossal

上映日:2017年11月03日

製作国:

上映時間:110分

3.2

あらすじ

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出さ…

憧れのニューヨークで働いていたグロリア(アン・ハサウェイ)だったが、失業してからというもの酒浸りの日々を送っていた。ついには同棲中の彼氏ティム(ダン・スティーヴンス)に家を追い出され、生まれ故郷の田舎町へと逃げ帰る。グロリアは幼馴染のオスカー(ジェイソン・サダイキス)が営むバーで働くことになるが、その時驚愕のニュースが世界を駆け巡る。韓国ソウルで突如巨大な怪獣が現れたというのだ。テレビに映し出された衝撃映像に皆が騒然とする中、グロリアはある異変に気付く。「この怪獣、私と全く同じ動きをする…?!」舞い上がったグロリアは、怪獣を操り世界をさらなる混乱へと陥れるが、そこに「新たなる存在」が立ちはだかる―!

「シンクロナイズドモンスター」に投稿された感想・評価

まー

まーの感想・評価

4.5
色々ダメなんだけど、映画館を出る頃には「あー面白かった!ビール飲もう」となってる不思議な映画。
考えてみると、アン・ハサウェイ演じる主人公そのままじゃないか、この映画自体が。しかもしかも、ラストの決着もその構図になってるわけで、もし狙ってやってるならすごいですよ、これは。
とにかくストーリーを考えた人が天才すぎる。怪獣とシンクロも斬新だけど、ラストの発想は全然無かった。というか常人には思いつかないでしょ。笑

あと、アン・ハサウェイ。
正直今まであまり好きじゃなかったです。「ツライけど負けないもん。頑張れ、私!(スイーツ)」的な役ばっかりで。(観てないだけかもしれませんが)
ただ、今回は「ツライし、頑張れない!どうにでもなれ!\(^o^)/」的な感じで、ほんとダメな子で、でも最後はロレーン・ブロートン張りの凄みを見せてくれて。今作で大好きになりました。

超変化球だけど、これは何年かに一度来るすごいやつです。
万人には全くおすすめしません。(笑)

追記
B級というレビューを散見しますが、決してB級ではありません。
YAMASYU

YAMASYUの感想・評価

3.0
美人は隠せない!
特撮風SFとコメディの融合でドB級感がたまりませぬ!
hi1oaki

hi1oakiの感想・評価

3.8
何かというと邦題に苦言を呈してしまいがちな昨今、コレは巧いんじゃないですかね。原題の「Colossal(巨大な)」では伝わりづらいニュアンスを冗長なキャッチコピーを使うことなくタイトルだけで観客を惹きつけてる。ともすれば軽過ぎる感じで「モンスター彼女」とか「ワタシが怪獣になった理由(ルビ:わけ)」みたいになってもおかしくない所を、軽さは残しつつシリアスなテイストも残した秀逸な邦題。
ダメを超えるダメさとその脇を固めるダメの数々がまたいい。
要は人生で初めてバズっちゃって転落しちゃう、それまで何者にもなれなかったのに突然YouTuberとしての自我が開花しちゃったみたいな話。怪獣とか抜きにしてもその話は、今現在の病んだ社会を反映していて面白く、そして怖い。
ただ全て理解できたかというとNO。うーん、でもどっちだ? どっちっつうかアレか? アレなのか?おそらくは回想シーンがこの作品の肝。まだ答えは出てません。いろんな人の意見を掘ってみます。楽しい!
アメリカと韓国を舞台にしているのに、製作がカナダ/スペインっていうのも面白い。
ちなみに可愛過ぎるダメ女を演じているアン・ハサウェイが製作総指揮も兼ねていたりします。
KEIYA

KEIYAの感想・評価

2.9
SFコメディのはずが、途中から映画のジャンルがサイコスリラーに変わり違和感。
キャラクターの言動や行動も異常に変わってしまい不自然感が否めない。
miyakkai

miyakkaiの感想・評価

2.6

このレビューはネタバレを含みます

主人公のグロリアは基本的にはダメな部類だけど、根っこから腐っていなかった。

マウンティングする同級生や彼氏とちゃんと戦おうとしてたのは偉い。
個人的にはもっとコテンパンにしてほしかったけど、まぁ正義のヒーローじゃないから仕方ない。

ダメな人は嫌いじゃないけど、あの同級生はほんとにダメだった。個人的には本当はいいやつてあってほしかったなぁ。そこが少しモヤモヤしている。
へべれけ!

何故そこに?とか気になる所もありますが、
最後、良かったと思います。
シンクロしちゃうとこ可笑しかったりするけど、我にかえって自分(怪獣)がしてしまったこととか、恐い。
酔っぱらいばっか出るけど、ちょっと考える映画。とりあえずアン・ハサウェイ可愛い。
面白かった。
かなりB級感があるけど、ちゃんと作られてる。
モンスターにはもっと暴れてほしかったけど、シンクロしてるんなら仕方ない。
ヤット

ヤットの感想・評価

3.0
アンハサウェイが制作にまで関わってるとは思わなんだ。
そこはかとなく漂うB級感が心地よいですね〜
思うところはあれど、嫌いになれない作品でした〜
へんー!アル中、モラハラ、DVと怪獣の映画。
あのロボット男、力任せに舞台から退場させられるのもそうだよなーと思う。なんか実際そこまで面倒みてられないっていうか。
笑えないレベルでほんとにいるかもしれないヴィランだな。
怪獣つかわずにやるとしんどい感じでちゃいそうだし怪獣とロボットがいてくれてよかった。
TakeBtz

TakeBtzの感想・評価

3.8
『シンクロナイズド・モンスター』

観ていて1番思ったのは、

「これ飲酒運転の話だよなぁ〜」

って、事ですかね。

ただ、車が怪獣とロボットにですよって話。

かなり不思議な気持ちさせられる映画だった。

出てくる奴らが、主役のグロリア(アン・ハサウェイ)含めて、みんな呑んだくれの酒グズです 笑

ちなみに、僕自身も酒グズな所があって、まぁこれはDJという職業柄、向かい酒に煽り酒、カウンターに並んだアルコールはだいたい有難く頂きますので、酒の失敗もそれなりに御座いまして、耳の痛い映画でもありますね💦

(最近は、寝ゲロでカーペットをダメにしました…)

あらすじは、

韓国はソウルに突如現れた怪獣に世界が騒然とする中、実はその怪獣は自らの分身で、ある条件を満たせば意のままに出現できる事に気付いてしまったグロリアと、それを知った飲み仲間達が、些細なすれ違いと嫉妬が原因で、アメリカの片田舎とソウルを跨いで、壮大な大喧嘩に発展しちゃうって話。

ただこの映画、基本的にはコメディなんですが、起こってる自体は相当悲惨な事態であって、それが妙な対比で見せられるので、かなりゾッとしながら観てました。

酒も入って、被害者も見えないならどんな事だってやれる恐怖。

ドローンで、遠隔操作しながら人間殺すよりも、さらに怖い!

これは酒のせいってより、オスカーの人間性だろうね💦

んでもって、暴走したオスカーを止める為に、打って出たグロリアのある奇策とはッ⁉︎

でも、それってある意味、完全犯罪じゃね?

って、思うとさらに恐怖がッ‼️

(こんな所で怖がってるのは俺ぐらいかもしれんが…)

全体的に面白かったけど、設定や話の流れがかなり捻りがあるので、さらに映像や展開でもう一捻りや突き抜けが欲しかったかな…

最後の最後で、ある人物生死の行方は、ニュース映像で流すぐらいでも良いから見せる(『さて、怪獣騒ぎの中、ニューハンプシャーの田舎町では、男性の遺体が奇妙な形で発見されました…』的な)ぐらいあっても良かったかもしれない…

とにかく、アン・ハサウェイが可愛い❗️❤️

◼︎Twitter : @takebtz
◼︎Instagram : #takebtz