サニー 永遠の仲間たちの作品情報・感想・評価

サニー 永遠の仲間たち2011年製作の映画)

써니/SUNNY

製作国:

上映時間:124分

4.0

あらすじ

「サニー 永遠の仲間たち」に投稿された感想・評価

ありさ

ありさの感想・評価

4.0
日本版を先に見てしまったけど両方違った良さがあっていい!
文化も曲も違うのに再現率高すぎる!

日本版では描かれてなかった
文化祭の悲劇の後の誓いが女の友情を感じられて好きだったな〜

スジーの綺麗さ半端ない笑

声優が日本版sunnyのキャストの声とマッチしすぎて、小池栄子と渡辺直美が浮かんできた笑

でもやっぱり、日本版が好き
日本版のsunnyは昔から知ってる女優さんばっかりだったしあの時代のキラキラ感が感じられるからいいなー
masme

masmeの感想・評価

4.0
韓国語の授業にて鑑賞。
ラストでは涙が溢れてしまったが、作品全体としては時代そして国が違ったとしてもどこか懐かしく、中高生時代一緒に馬鹿騒ぎをしてつるんでいた自分の友人達をふと思い出す、そんな作品。
日本版みるつもりがはからずも韓国版だったw
けど、感動的。
女の友情バンザイやな
日本リメイクよりやっぱりこっちが好き
この普通感がやばい

ミンヒョリンを初めて可愛いと思った映画
朱音

朱音の感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

個性的なキャラクター達が際立つ、エネルギッシュな青春群像劇の傑作。
現在(いま)とあの頃をシームレスに繋いだ演出が見事に決まっていて、あの時この場所にあった様々な感情が、ありありと溢れ出てくる感覚を追体験する様な、そして同時にかつてとは違った感慨を抱いて、いまそこに立っている事を表している、実に映画的なダイナミズムを感じさせる演出だった。

コメディタッチに描かれるドラマからは、シビアな現実感が垣間見え、そのバランス感があるからこそ、笑いや煌めきに哀感、切なさがあり、多層的な人間ドラマとしての味わい深さを増している。
そして感動とハズシの演出のバランスはきめ細かく、実に小憎い。

芸達者で愛嬌のある子役から、存在感のある美貌を持つ少女、壊れやすい危うさを感じさせるキャラクターと、若年の女優陣が実に活き活きと、それこそ画面から飛び出さんばかりにパワフルに、主人公達の少女時代を演じている。
対立グループの女の子達のキャラクターも凄く好きだ。彼女達との乱闘シーンを労働運動によるデモ隊と警官隊との衝突を同一の場面、空間にぶっ込んでしまうインパクトのあるシーンは、外連味があり、本作の白眉ではないだろうか。

一方で、彼女たちの現在を演じるベテランの女優陣には相応の艶やかさや、気品があり、これまた魅力的だ。
物語が進むにつれて、あの頃のような、らしさ、を取り戻してゆく様がチャーミングで、女子高生グループと取っ組み合いをしちゃうぶっ飛んだ展開や描写も相まって爽快だった。
やはり韓国人俳優の層の厚み、顔ヂカラの強さ、多彩さを改めて感じるし、それを余す事無く活かしてみせるキャスティングの見事なセンスだと思う。


私が最も心動かされたシーンは、未来の自分達に向けて夢を語る、あの頃の姿を映したビデオレターで、ナミの口からなりたいもの、やりたい事が次々と溢れてくる場面。
あの瞬間の、仲間たちと共にある彼女には、未来に向かって怖れるものや不安はひとつも、欠片も無かったんだ、という事が伝わってくる。
それは眩く、そして切なくもある。
takaG

takaGの感想・評価

5.0
永遠のコメディ
こんなことできるか?
死ぬほど笑いました。

韓国映画はカメラワークが本当に長けてらっしゃる
yum

yumの感想・評価

2.0
評判が良かったので観たのだけど、あまりの騒がしさにちょっと疲れてしまった。
ラ・ブームまた観たくなった。
nono

nonoの感想・評価

5.0
Bobby Hebbの「Sunny」聴いて、なんかジワっときたー。

日本版sunnyがめっちゃよかったから原作も観てみた。
内容も伝えたいことも2つとも全く同じでとてもいい映画だと思いました。
日本と韓国の文化の違いがやっぱちょっとあるから日本版の方が身近に感じていいかな!ってだけです。
青春賛歌、大人になって離れても、友情は変わらない。困っていたらいつでも頼って。
大人になっても輝き続ける、自分の人生の主役になることが難しいからこそ、支えよう、というハチュナやイムナミの純粋さ、誠実さ、陽気さが最高。

あたたかい気持ちになれる。
>|