座頭市の作品情報・感想・評価

座頭市1989年製作の映画)

製作国:

上映時間:116分

ジャンル:

3.7

「座頭市」に投稿された感想・評価

殺陣事件があった作品

今の殺陣はおもちゃ使ってるけど昔のリハで切れるやつ使ってて勝新太郎の息子が殺陣師の首を本当に切ってしまうという事件があった。

それから安全管理が徹底された
勝新太郎による「座頭市」の劇場版最終作。

近距離で大人数の敵を相手にした太刀回りは比較的残酷で見もの。

陣内孝則との暗闇バトル描写、樋口可南子との濡れ場、内田裕也の壮絶な最期、立ち小便してから殺される蟹江敬三、座頭市に返り討ちに遭う緒形拳など豪華キャストにきっちりと見せ場を与えていた。

ただしちょっと勝新にナルシシズムのようなものを感じてあまり好みではなかった。
tookーo

tookーoの感想・評価

4.5
封切観賞は、面白い❗っていう作品に思えなかった…のですが。
23年が経ちディレクターカット❗勝新再編集4K版での配信と…来たので観賞。 
此が…殺陣が凄い‼️
余分な話・展開を削ぎ落とした…
ハードボイルド、ハードボイルド時代劇だ‼️
西部劇を観ているかの様なストーリー、
当時尖っていた俳優・ミュージシャンを、キャストに使い緊張感の有る画を造っている。 従来の形に囚われる事無く
創った此の作品、何本も作品を観て、歳を取った今、面白い‼️と思えた「私」に気づかされた一本‼️
時間を置いて観ると、新なテイストが得られる…此だから「映画」は、面白れぇ。
劇場公開当時、「話題、問題・事故」が盛り沢山の作品。
その関係も有るのだろうか、此のキャスト紹介リストには、デビュー作で基軸ストーリーのメインキャストの勝さんの息子さんの名前が有りませんね。
psykosaeko

psykosaekoの感想・評価

3.8
勝新、天才、かっこよすぎ!以外になんもいうことなし!

もちろん殺陣は言わずもがな、どんなしーんもしびれる。
会話シーンも、ドスきかすシーンも、目を見開くシーンなんてもう最高!!!
リアルタイムで体験したかったなああ!
chas

chasの感想・評価

-
盲目の侠客、座頭の市。
"サマーフィルムにのって"を観てから、時代劇が気になって鑑賞。勝新の渋さにトキメキ❤︎なんて美しい殺陣なんだ…。座頭市がつぶやくセリフがどれもイカす。個人的に好きだった「今夜は闇夜ですね」とつぶやいた後、一気に敵を片付けるシーンがすき
✏︎2021.4.29
torakkichi

torakkichiの感想・評価

3.9
いや~面白い。

多分20年ぐらい前に一回観てるんだけど、こんなに面白かったか…そうかそうか。

勝新てこんなにどっぷり映画人なんだね。

今の映画人たちがやりたくてやろうと思っても、こんな風には作れないだろうね。

発想なんかもそうだけど、時代も許さないだろうしね。

座頭の市さんは、優しくて強くて面白くて最高のキャラだ。

周りを彩る役者さんたちも味があってとても良かった。
Kir

Kirの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

盲目の剣士の話。

勝新のガニ股で、杖を頼りにヨタヨタ歩く姿がカッコいい。白目のオーラ半端ない。また抜刀の速さよ。

樋口可南子の艶っぽさも良いし、緒形拳もいい味出していた。

冒頭からのズズズーッ🥣、🎲、ブシャアアア🩸も良かった。

チートすぎるけど、殺陣も迫力が凄かった🧑‍🍼

話も最後まで王道な、時代劇の名作です。
ms

msの感想・評価

3.6
ところどころ印象的なシーンがあり、それは勝のセンスだと思うが全体的に纏まりがないにも程がある。だがパンツに大麻を隠し、黒澤明をこけにしただけの男ではないことは分かった。この人の影武者見たかったな。
オランダ人が目の見えないサムライの映画が観たいというのでめんどくさかったけど観たらすごい面白かった
一番最大の決闘シーンは本当に腹痛くなるほど笑った…けっこう変な映画だと思う…
とし

としの感想・評価

3.5
2021年4月17日
映画 #座頭市 (1989年)鑑賞

#勝新太郎 最後の座頭市
勝新が主演、脚本、監督、製作で、息子のデビュー作とやりたい放題
息子の #奥村雄大 は、18歳で大麻密売で逮捕され、2年後にまた逮捕され、4年後の今作でデビュー
撮影中に真剣で切られ役の俳優を死に至らしめるなどやりたい放題
>|