ディアボリカルの作品情報・感想・評価

ディアボリカル2014年製作の映画)

THE DIABOLICAL

上映日:2015年08月22日

製作国:

上映時間:86分

2.4

あらすじ

「ディアボリカル」に投稿された感想・評価

McQ

McQの感想・評価

2.0
『The Diabolical(2014年)アリステア・ルグラン』

5◯氏おすすめ作品。
得体の知れない”何か”がやってくる。前半はわりと見慣れないテイストで楽しめたと思うが、方向性がわかってくると同時に恐怖も薄れてくる。ヒロインはバイオシリーズ、HEROSでお馴染みかもしれないアリ・ラーター。
JG

JGの感想・評価

2.3
まぁ手の込んだストーリーで感心はしたが、複雑になり過ぎて理解不能な部分も残ったままでザンネン。ちょっと新しいところを狙い過ぎてた感があり、1本の完結映画としてはもっと分かりやすい方がいいかな…
てるる

てるるの感想・評価

3.0
生活に苦しむシングルマザーのマディソン。
息子のジェイコブは暴力事件でカウンセラー案件だし、娘は幼い。

そこにバシュン!と現れる霊体?
現れる毎に実体化していくぐろんちょおばけ。

皮膚がズルムケ感のあるアイツはなかなか良き。
あの家中に装置を設置していくのとか好き。

とりあえずホラーだと思ワクワクしながら観てたら、途中から雲行きが…。

それはそれで悪くはないんだけど、ちょっと設定というかストーリーがガバガバすぎない?

最後なんで、どういう経緯で戻ってきたん?
うまくやれぱ隠れた名作になり得たのに、色々と中途半端になってしまった残念作。
えり

えりの感想・評価

2.3
前にも観たのに、また忘れて観てしまった。
やりたいビジョンはあったんだろうけど、うまく落とし込めてない感。怪奇現象に怯えるシーン長すぎやしないか。そのぶんオチの方に時間割いて欲しかった。
yukko

yukkoの感想・評価

2.6
流し見案件だな😅
こんなの真剣に観てたら時間返せや😠💢ってなると思うよ。

母ちゃん妙に色っぺー。なんで息子あんなんなっちゃったか謎。

このレビューはネタバレを含みます

いろいろと弱い。
家系ホラーと見せかけたSFホラーという肩書きなので、すごく楽しみにしてましたが蓋を開けてみたらなんとも中途半端なものに仕上がってました。
このストーリー、撮る人が撮ったら本当に素晴らしいものになったんじゃないかと思うと悔やまれます。
あまり観せ方というのを意識したことはありませんでしたが、この作品で思い知らされました。
あまりにもちんぷんかんぷんで、観る意欲が失せたため、86分の映画を51分でやめたよ。

なんなんだこの映画は……
anguish

anguishの感想・評価

1.8
diabolical=悪魔の(ような)、魔性の、極悪非道な

☆母子家庭の家に夜な々現れる幽霊に怯える話。かなりハードルを下げて観たのでアイデアはいいんじゃない?一応伏線は張っています、異常な程に。前半と後半テイストがガラリと変わり前半のクリチャー(演出都合)は何だったのとか辻褄は合わないし、主人公マディソン(アリ・ラーター)が被害妄想気味で人の話を聞かない、ホラー映画の定番の性格で同情の余地が無い。そもそも自社のネーム掲げさせる意味が分からんよ。

Digression:「ファイナル・デスティネーション」の時からアリ・ラーターが苦手。

20171011-22(015)
ATSUSHI

ATSUSHIの感想・評価

2.5
アリ・ラーター様が見れたのでオールオッケーな映画(笑)
この人もミラ様と同じく二人以上は子供のいる母親らしいけど、若々しいんだよな!

突っ込みどころは多すぎてもはや書くのもめんどい
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
次々と姿を現す怪人の正体。このオチ、有りがちながらSF色強まる終盤から持ち直す。意外としっかり伏線張ってあって感心した部分も。だがホラーとしては物足りない演出。折角のクライマックスにも雑で惜しい部分があった。
>|

あなたにおすすめの記事