マザーハウス 恐怖の使者の作品情報・感想・評価

「マザーハウス 恐怖の使者」に投稿された感想・評価

karin

karinの感想・評価

3.9
良い意味で裏切られた!
後半一気に伏線が回収されてって上手くまとめられてたけど、時間軸が複雑で難しかった。
お父さん関連で多少言いたいことはあるんですけど、とりあえず物語のギアチェンジがスゴイ素敵なのよね。
ポプ男

ポプ男の感想・評価

4.3
騙されるな!!
これ全然ホラーじゃないですΣ(゚ロ゚;)
ホラーぽい雰囲気は漂っていますがミステリーファンタジーです。
予想とは全然違った話でしたがそこが良くていい意味で裏切られました!!
終盤にかけてのふせん回収が見ていてぞくぞくしますよ(`✧∀✧´)
そしてラストには思わずウルッとします。
前半は少し退屈ですが最後まで見てください後悔はしません!!
こういう隠れた良作を他にも探して鑑賞したいと思いました(`・ω・´)ゝ
RyongYaKim

RyongYaKimの感想・評価

3.6
辛抱強く最後まで見よう。

途中から何となく展開は読め出したんやけど、最後不覚にも感動してしまった。

見終えると中々いい映画だったと思うはず。

リメイクも楽しみやな。
Xavier

Xavierの感想・評価

4.0
なかなかの拾い物でした‼️ストーリーは、夫と長男を殺した罪により終身刑になったドゥルセ。それから、30年後国の恩赦により自宅へ戻って来たドゥルセ。そのもとに神父が訪ねて来る。神父は、30年前に起きた事件と長男の遺体が見つかってない真相を尋ねる。 ドゥルセは、神父に事件前後の話を聞かせる。家に何かあると思った神父が調べてみると、前にも同じような事件が起きており……って流れで進んでいきます。最初は、家に悪霊がついている→それが乗り移りドゥルセが長男&夫を殺害→長男の死体だけを見つからない所に隠したってパターンなのかと思っていたら、ビックリの展開でした。何気ないシーンもラストに向けて伏線が散りばめられていてストーリーも◎。韓国でリメイクされ、日本で公開中。タイトルは、「時間回廊の殺人。」
まー

まーの感想・評価

4.5
オニオンリングフライだと思って食べたらイカリングフライでした。

ホラーが苦手なので、見始めは失敗した(ノ∀`)アチャーと思いましたが、いやいや、そうきましたか。全然わからなかったです。

とにかくお話が面白いです。非常に練りこまれた秀逸な脚本。B級ホラーではないです…が、B級ホラーだと思って見た方が楽しめるのかもしれません。
真珠の使い方も見事だし、老けメイクもなかなか良くて、全体的に美術が素晴らしかった印象。

ただ、占い師は結局なんだったの?とか、1111以外の時の現象は何なの?とか、理屈を持ち出すと霊的なものをどう説明するかという問題が残るわけで…
もう1回観ればわかるのかもしれませんが、怖いのでNetflixのウォッチリストに残してしばらく放置します。


※以下、インターステラーのネタバレ

最近ノーランの映画を復習しているせいか、これってスケールの小さなインターステラーなんじゃね?と思ったり。インターステラーも娘を救うために4次元?5次元?に入るわけで。あの本棚だって結構怖いよね。
IchiroKato

IchiroKatoの感想・評価

3.5
途中で昔観たことあったのを思い出してドキドキ感を得しました。
忘れる程度の話かと言われるとそうでもないんですが、なぜかスッキリと忘れてました。面白いよこれ。
こぅ

こぅの感想・評価

4.2
初ベネズエラ作品。ホラーと謳っているが実は
感動 の【◯◯サスペンス・ドラマ】。

'81年のベネズエラで妻ドゥルセは失業中の夫と
息子2人の4人で暮らしていた。ある日、兄弟が
遊んでいる最中の不慮の事故で弟ロドリゴが亡く
なった。11月11日、ロドリゴの葬式の夜に夫ホセ
が何者かに殺害され、兄のレオポルドが消えた。
警察は妻のドゥルセ殺人容疑で逮捕するが…。

普通の素材を普通に料理して出さず、スパイス
(時間軸)を巧みに使い【極上の逸品】に仕上げ
たシェフ(アレハンドロ監督)に唸った。

冒頭から、ん⁇となるが、徐々に解ってくる展開
が心地良かった。
【陳腐な邦題】でよくある悪魔の棲むB級ハウス
ホラーと思いきや、いい意味で裏切られる愛に
満ちた【感動作品】。
AyakaKasai

AyakaKasaiの感想・評価

3.3
ホラーかと思ったらサスペンス系だった。時間軸があり過ぎて難しい。
こけし

こけしの感想・評価

3.8
La casa del fin de los tiempo
/The house at the end of time

邦題詐欺!
心温まるファンタジー。
みんな頑張った。
>|