マザーハウス 恐怖の使者の作品情報・感想・評価

「マザーハウス 恐怖の使者」に投稿された感想・評価

nG0

nG0の感想・評価

3.5
母は強い

何者かに旦那と息子を奪われた母親が無実の罪で30年の懲役に。
出所し、神父に当時の記憶を話す。

ジャケ的に普通の家系ホラーかと思いきやまさかまさかの展開に。
展開がこじれ過ぎて伏線を100%回収してるかと言われればそうでもないけど、先が全く読めないし後半の巻き返しは圧巻。
素で「おお」って声出た。

ホラーでこの評価は異様だから観たけどなるほど納得。
やっぱりこの手の作品は皆好きなんだな。


逆にある意味、いい意味でジャケ詐欺。
って思ってオリジナルのジャケ調べて見たけどもっとホラー感あって笑った。
少年帰還したのめっちゃ面白い。時空超えてきたこれ、SFじゃん!
もっと恐ろしくてドロドロしてて、マザーハウスとかいうからやばいママが家に憑いてて人を脅かす系だと思ってた。

初めてのベネズエラ映画。すみません、場所がわからない…。
それなりの緊張感はよかったんだけど、その真相がわかるまでの道のりが長い&知らない言語だからよく理解できない(心情とかそういう表現)で、あ、これ退屈…って感じでちょっと飛ばしながら見ちゃった。
結局時空超えてきたレオくんにこんにちはしておしまい。

その後ネタバレや解説を詳しく見て、「やっぱりちゃんと見ればよかった~」と思った作品。たぶん初めて。
これ英語だったらなあ。

でもとても良いです。捻りも特にないけど面白いし。
これから何度あの人生やるのかなとか、ちょっといろいろ考えるとよくわからなくなってくる。タイムループは理解できない。

面白さと、時々見せるこわさが良かった。
fk.

fk.の感想・評価

-
(青のさんのレビューを見て鑑賞)インターステラーとシックスセンスのインスパイアを感じるホラーと思いきやSFなベネズエラの映画。本棚のフォーカスで感じました。根本的に超納得はいかないがギミックに唸った!おいっ親父!
マサ

マサの感想・評価

3.8
Netflixで鑑賞。
ベネズエラ作品。
なかなかの良作。オススメ。
emo

emoの感想・評価

4.0
私は苦手な話の展開の仕方だけど、よく出来たお話しだと思います。

洋題はTHE HOUSE AT THE END OF TIME。これだけ知って、前情報や先入観なしに見た方が良い映画。
えぇっ
これ、すごい。
おもしろおおおい!!!
し、わかるまでわりと怖い。
でも古くさいって言われるのもちょっと分かる。
あの人があの人でブワァ😭
あ🤭

パラドクスの時も思ったけど
あまりあるホラータイトルの中に埋もれてしまいそうな邦題と、ジャケだなぁ…

いいから!!身体にいいから!
何が入ってるかは言えないけど、
一回飲んでみ!!!!
こんな感じでオススメする映画です。
青の

青のの感想・評価

4.0
いつも長々とテキトーなことを書いていますが、さすがに今作はやめておきます。
これは先入観無しに見て欲しいです。
見事です。









でも、バラさない程度に少しだけ。

ベネズエラの家屋ってどのドアにも鍵付いてるんですか?

一番最初にあの土地に家を建てたのは、フリーメイスンなのかな。シンボルが微妙に違うけど、「33」て表記はメイスンの最高位の階級だし。そういうことにしてそう。

おしっこを水風船に入れてぶん投げるてすごいね。「うわ〜‥」てなた笑

もっと書きたい。。けどやめておきます(笑)
Rosso

Rossoの感想・評価

3.4
おお〜
確かにホラー全振りと思わせるジャケにタイトルでありながら本質全然違うな

所謂時系列が最初追えない系の、序盤のえ?なんなん?を鮮やかにきれいに回収するスタイルの映画な訳で、一気に観るべき案件だったんだろうけども、いや〜。
すみません、1週間くらいかけてちまちまちょっと戻して前回の復習しながら視聴してしもうた。
だって仕事振ってくるわ眠気に負けるわだったんだもん...
スコアが伸びないのはこれ絶対僕のせいです、全然面白いよこれ。

まあなんというかシナリオが良いっすね、明らかになっていくタイミングとかもなかなか絶妙。
ホラー観てたはずなのに最後はもう「良い話だ〜(ホロリ)」ですからね。してやられた。

レオポルドくん、ガチで千葉ロッテで麗しき守備魅せてくれたルイス・クルーズさんに似てて可愛かった。
(巨人で干されて楽天に飛ばされたクルーズは知らない人です...)

-------------------------------------
月末恒例のやつ、2018もやりますよ自分のために。
今月は31日で18本、率は.581

1月.581(31-18)
2月.
3月.
4月.
5月.
6月.
7月.
8月.
9月.
10月.
11月.
12月.


Filmarks開始時(2015/11/26)
から今まででは
率.398 (797-317)

2018通算はまだ1月なので
.581 (31-18)

なお2017通算では
.567 (365-207)でした。

あれ、今年はインドア脱却するので年200ペースは自粛するって年末決意表明したのにおかしいなあ...
まあでも昨対比で言うと1月は少なかったです、昨年の私1月だけで25本観てましたからそういう意味ではペースダウンですね。
asako

asakoの感想・評価

3.3
恐怖感はあまりない
ホラーよりもサスペンス系!
ベネズエラってところがよい。
ホラーよりもサスペンス色が強くてなおかつ感動できる、というレビューが多くてそのつもりで観てたらちゃんと怖くて、油断してたせいかここ1年くらいで1番ビビった作品でした。

ただその感動サスペンスという評価もその通りで、散りばめられた伏線の回収も母子の愛も小さい子達の友情もとにかく全てが綺麗でお見事で。
こういう映画は終盤の衝撃のための種まきでどうしたって前半は退屈になっちゃいがちなんだけど、そこはいい塩梅のビックリホラーで終始ドキワクしながら視聴できたわね。

深く考えるとアア?ってなるけどそこはこのタイプの作品の宿命でございますしね。
とにかくアンマリな邦題とジャケット。こんな安っぽい映画じゃないです。綿密で秀逸。オススメ。
>|