大阪外道 OSAKA VIOLENCEの作品情報・感想・評価

大阪外道 OSAKA VIOLENCE2011年製作の映画)

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:81分

3.5

「大阪外道 OSAKA VIOLENCE」に投稿された感想・評価

大阪の下町は、こんな感じやったなぁ。大人も不良でむちゃくちゃ強かった時代。不良少年の天敵は、更に強い不良少年で、そして彼らも更に強い奴らにやられて。強い奴ほど独りものと言うか、周りとうまくやれない奴が強かったなあ。そういう意味でこの映画は懐かしくて、少年時代にそんな弱肉強食のジャングルを歩くような、ドキドキしながら街を歩いていた頃を思いだし、一瞬でその頃の気持ちを思いだしました。ここに出てくるような、チビッ子達は、時代が変わってもいるだろうし、今は更に極端な虐待もあるだろうけど、この映画の時代の子供達が大人になってどんな親になるかって。滅入る映画でもあり。
AKIRA

AKIRAの感想・評価

4.1
河本さんのバイオレンスさがガチ過ぎて最高、、、
けのこ

けのこの感想・評価

3.8
演技や演出が凝ってないのでむしろリアル。
ドキュメンタリーみたいでした。
ジャケットからしたらもっとどす黒いなんかかなって感じだけど全然だめ画面薄暗いだけ
tomoco

tomocoの感想・評価

3.5
カメラワークも凝ってないので、リアリティがぱない。
貧しいけど子供達がたくましく、かわいく、ずる賢い。
非道と外道…ゲトーだけど心優しいヤクザ者がいい。
どいつもこいつも💸💰でうんざりだけども、人情味が溢れる大阪ならではな、作品な気がした。
この作品におけるバイオレンスはエグくないです。
父の日に観ることをおすすめしたい(嘘w
大阪怖い…
強い人と弱い人の差って本当にこれくらい有るのかな?
groovy

groovyの感想・評価

3.5
いゃ、これ、面白かったです。

色々レビューを見てると賛否両論、どちらかと言うと「否」が目立つ気はしますが、、私的にはめっちゃ良作です。

大阪の生活の現実?非現実?を切り出した、非道と外道、そして子供。

演技が下手とかそんな次元じゃない。
めっちゃ面白いし、映像の雰囲気大好きです。
その昔、高校生のころに見た衝撃の映画、「ザザンボ」を思いだしました。
もう、ほぼほぼ見ることは叶わないだろうし、知ってる人も少ないとおもいますが、、

話を戻して、子供への暴力はあかん。現実なのかもしれないけど、やはりダメです。。なので1点減点。

でも、めっちゃ刺さった映画。
Axlhage

Axlhageの感想・評価

4.4
低予算感ハンパないし、俳優全員知らないけど、ここまで持ってくのはすごい。昔のタランティーノ思い出すくらい結構衝撃。
seriFil

seriFilの感想・評価

5.0
アマゾンプライムで何気に観始めたが、最後は正座して観てた。凄くよかった。とりわけ、それが外道の娘の望みだというアイデアに感動した。あらゆることを鑑みまして「これは5をつけておこうシリーズ」。
ayumi

ayumiの感想・評価

3.9
表現にとって初期衝動ってすごく大事だと思う

テクニック云々じゃない、3コードだけのロックとか、てらいのないメッセージとか

北野武が甲本ヒロトを羨ましいと言ったのはこのことなんじゃないかな、と思う

このシリーズの第1作になるこの作品は初期衝動の塊

演技と呼べない演技、適正とは言い難い露出、いろんなネガを打ち消すだけの力を持った作品

いわゆる極道やその予備軍、そして子供たちの生き様が二重奏のように響きあっている

大阪の言葉と独特のコミュニケーションの破壊力は無敵
>|