ヘドローバの作品情報・感想・評価

「ヘドローバ」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

No.3355

『アイデアをそのまま撮る! (その先については知ーらないっとw)』

==================

SNS界隈では、ヤン兄弟(弟)(一ノ瀬ワタル)が、中山リュータ(住川龍珠)を何度も平手打ちしているメイキング動画が拡散され、「これ、児童虐待では!?」と物議を醸しています。

住川龍珠さんは2003年生まれ、2017年の本作公開当時14歳です。

そのシーンが、本編ではどのように使われているかを確認したく、本作を見ました。

=====================

結論から言うと、編集によって本当に「当てていない」ようにも見えるし、

本当に「当てている」ように見える箇所もあり、

何度も繰り返して見ましたが、どちらとも断定できない、というのが現在の印象です。

ただし、実際に髪の毛をつかんでいたり、首に手をかけている個所は確認できます。しかし加減がわかりません。じゃ、手加減していればセーフなのか、と言われれば、それこそ問題になっている部分なので、

ここではアウトかセーフか、についての私見は述べません。

問題提起だけいたします。

※反論やご意見いただいても、議論はいたしませんのでよろしくお願いします。通常のご感想等なら返信させていただきます。

========================

この映画のDVDが、すでに絶版になっていて、本当に見たい人が円盤を探して買うしか見る方法がないような状態になっているなら、なにもここまで細かく問題提起しなくてもいいのかな、という気はします。

しかし現状、DVDは売られているし、レンタルもできる。

誰でも見られる。子供でも見ようと思えば見られる。

さらに、そもそもこの作品は「映倫を通していない」し、その映倫を通していない作品を、アップリンク渋谷で実際に「ボカシなし」で上映していた、という事実もある。

現段階では違法と認定された映画ではないのだから、誰でも見れるのは当たり前だろ、と言われれば反論はできませんが、本当にそれでいいのだろうか、という生理的な、本能的な怖さをこの映画に感じています。

今、誰でも見られることが、怖い・・。

だから問題提起させていただくのです。

===========================

★問題提起1「平手打ちシーン」を幼児に見せるリスク

この「平手打ちシーン」が、仮に、すべて「当てているように見える(実際には当てていない)」編集であり、

したがって住川さん自身の心身の健康には何も問題がなかったとしても、

(それをどうやって証明するのかもまた難しい問題ですが・・)

リュータが本当に叩かれているのか、フィクションなのかが判断できない幼児たちを周囲に配置し、彼らに見せていることは、問題だと考えます。

======================

★問題提起2「カタワ」の表現について。

私も障害者当事者なので、この言葉は使用したくありませんが、明確にしないと問題提起にならないので、あえて明示します。

私と同じ、障害を持たれている方で、この言葉に強い不快感、トラウマのあるかたは、ここで読むのをやめていただきますよう、お願いいたします。

=======================

「カタワ」は、現状、障害者に対する差別用語、蔑称なので、テレビ・ラジオ・新聞等のメディアでは使用されることは原則、ありません。

メディアでなくとも、実生活でも、この言葉が差別的意味を含んでいることを知っている人の前で、障害者を指す言葉として「カタワ」を使ったら、場合によっては「かなり怒られます」。

さらに実生活の中でもオフィシャルな場だったら、例えば社内文書やメールで使っちゃったとか、

演説など不特定多数のいる場で使ったとか、だと、場合によっては何らかのペナルティも覚悟しなければなりません。それくらいの重い意味を持つ言葉です。

=========================

私も10代の頃、言動に問題のある実の叔父から「お前もカタワだから苦労してきただろうなぁ」と言われ、その頃にはすでに、この言葉が差別用語だと私は知っていたので、

心から深く傷ついたことがあります。

とにかくこの映画、カタワという言葉を多用しています。

なんなら、障害者当人のユリ(洪潤梨)自ら、自分のことを「カタワ」と言っています。

これがこの映画の中でどういう文脈を持つのか、正直疑問だし、よくわかりません。

私は非常に不快に思いました。もし、この言葉の持つ意味を、西村プロデューサーも、監督・脚本の小林勇貴さんも、あまり深く考えていないのであれば、悲しいことだし、憂慮します。

「イキった映画を撮る。爪痕を残す。常識を壊す」って、そういうことじゃないだろうと。

==================

★問題提起3「未成年者の性器露出と、全裸撮影」について

本編6分すぎ、リュータが男性器を露出し、花に放尿するシーンがあります。

男性器は正面から接写されています。DVDで見たので当然ボカシは入っていますが、実は、カット終わりだけ、ボカシが外れています。

無修正状態になっています。

厳密に言うと、この男性器が住川さん自身のものかどうかは、彼の顔と性器が同時に映っているカットがないため断定できません。

仮に本人のものであれば、やはり看過できません。

これ、未成年女児だったら大問題になってますよ。

男児だとあまり問題にする人もいないのが極めて不自然です。

========================

このシーンが住川さん自身でなくとも、「誰かの」男性器がドアップになっていることは事実で(映画館で上映された時はボカシすらなかった)、

成年者ならOKなのか?? そもそも、このシーンは、リュータが歯医者の金持ちの息子で、倫理観に欠けていることを表現するために、

路上で立ちションをして花に放尿をするわけです。

その文脈はわかります。

しかし、実際に「男性器」を映す必要は、まったくない。

見せられた側の心理的ショックについては考慮する必要がないのだろうか・・。

=========================

銭湯での全裸乱闘シーンでは、実際に住川さんが全裸になっています。

全身が写っているので、これは本人だとわかります。

性器も映っています。

これは未成年者の性的搾取等、何らかのルール違反には当たらないのでしょうか。

「大人がみんな性器を露出しているから」という理由で、未成年者を全裸にして撮影し、上映することが、法的にはどう解釈されるのか、お詳しい方がいたらお願いいたします。
岡

岡の感想・評価

-
一見型破りのようでも高く評価される作品は、十分な教養と正しい倫理観を身につけた人間じゃないと作り上げることは出来ない この映画の制作に関わった、自分たちは芸術を作っている、これこそが芸術なんだと甚だしく勘違いした人間は二度と映像作品含め全ての作品制作に関わるな

このレビューはネタバレを含みます

いや…映画見た後にメイキング見たけどヒドイ。
子役をガチで殴って髪引っ張ってるのはヤバい。でもイイものが見れたって演者も監督も全員が同じ言葉を揃えて発言していてオソロシイナ

そういう一線をこえてこそが才能なんだよね。イイ映画が作れるんだよね。って賛同するヒトがいるとホントに恐ろしいなと近頃さらに思う。

せめてカウンセラーを撮影現場に付けておくとか、その子自身が平気でも平気じゃなくても万が一の為に子役には特に精神的なサポートが必要だと思う。

子役が演じ終わって感情的になっている場面で、大丈夫か?ほらティッシュって…何だソレ…後からトラウマになり得る可能性は低くないンダヨ。

ギリギリの予算でサポートも何もする気もないただ子役を本気で殴る映画作るならやめた方がいいよ。演者が感情的になって演じてるコトが全てイイとは思わない。役が抜けて演じてるその人自身の素の感情が出てしまうと、映画にも全てにも集中できないし演者の素の感情が伝わってきてこっちが同情して終わるだけだよ逆に。

マジで園子温みたいだな
Hiroki

Hirokiの感想・評価

4.2
ルール無用。よく聞く言葉だがぬるかった。これが本当のルール無用。まさに“最凶暴走エンターテイメント”!!!

『すじぼり』でドン引きし、『全員死刑』も全くのれず。『孤高の遠吠』でやられて『Super Tandem』から順を追ってきた。小林勇貴監督のスタイル、大好きになった!!!

俺が初めて『すじぼり』をみてしまった時と同じように、耐性ないと過激すぎてマジでドン引きすると思うので、オススメはしません。これだけはハッキリ言っておきます。笑

ストーリーはもうブッとび。やってる事はもっとブッとび。”やりてー事やる、じゃなきゃ頭狂うのが普通”舐達麻のリリックが頭をよぎるくらい監督がやりたいようにやってて、みてるこっちも清々しい気持ちになる。

お馴染みのユキヤくんをはじめとした不良たちも出演してて嬉しかった!

『イースタンプロミス』もビックリのスーパー銭湯でのフルチン大乱闘が一番食らったかな。これがほんとに凄い。

メイキングみてビックリしたけどカメラ回してる監督もフルチンで撮影する気合いの入り方。笑
その他にもマジで殴っちゃってるし、祭りのゲリラ撮影、深夜の暴走族…走ってる軽トラの荷台から撮影する監督の勇姿!そして一ノ瀬ワタルさん。怖すぎた笑

強烈な一撃でした。はー凄かった…

ただやっぱり汚いんだよな…そこがどうしても気になっちゃう。
B級ポップバイオレンスアクションラブホラー!ばばぁの優しさに泣けた。お上品な方は観ない方が宜しい。
過去の視聴記録から。
なんかやばい雰囲気からのホラーコメディ感満載のノリに。
そう言えばチェックしてなかった
みてはいけない
っていう口コミあってその通りだと思いました
小林勇貴の作品はやっぱ面白い!
ぶっとんだストーリーが最高。
スーパー銭湯での乱闘シーン等バイオレンスなアクションシーン満載で楽しめた。
全員死刑より好き。カップル可愛い。
スマホで撮ってるって知らなかった!!!
すごー

2019.05.13レンタルDVD
655321

655321の感想・評価

2.8
ヘドロみたいな人間・ヘドロみたいな関係も
映画という媒体を通せば世にも珍妙な見世物に。

ある種、映画というかフィクションの世界が担う役割のひとつだと思う。
でも個人的にはこの映画を好きになれない。
ヘドロへの愛が強すぎる。
もっと淡々と描いてくれればいいのに、
「お前たちには昇華出来る汚さ(ヘドロ)がないだろ?」
的な説教?逆差別?がウザい。

知ったようなクチきくなバカヤロぉ!
そう言われるとこっちもケンカ買いたくなるんだよ!
ツッパリとは卑屈にならないためにあると思う。
でもそれは底辺の専売特許ではない。
ツッパリがチンピラのためだけにあると思うなんて思い上がりも甚だしい。
>|

あなたにおすすめの記事