岸和田少年愚連隊の作品情報・感想・評価

「岸和田少年愚連隊」に投稿された感想・評価

物心ついて、初めて見た映画。
解説するつもりにならないくらいに、自然に貼りついた。
頭に。

良くも悪くもこれが初めてだったから。

これが基準になったんだなぁ。


大事な映画。


そのせいか全てがすんなり入り込む。


評価できなくて、逆に残念ではある作品。



でもなんばーわんかな。
Insop

Insopの感想・評価

2.0
原作は中場利一の自伝的小説シリーズ。

岸和田育ちのチュンバが仲間達と引き起こしていた喧嘩ばかりの青春時代のお話。

ストーリーはあんまり面白くないんですよね。とりあえずがっつり喧嘩ばかりしていて、やられてやり返しての繰り返しだけ。

キャストは基本吉本芸人をがっつりメインにしながら、小林稔侍、山城新伍、秋野暢子、笹野高史ら名優を細かく配していて、さすがの演技力でなんとかストーリーを支えています。

でも、ヒロインの大河内奈々子はちょっと。。。
笑いを取れるわけでもないし、素晴らしい演技でもないし、かなり残念。

さすがにナインティナインの2人をはじめとする芸人さん達によりテンポの良い掛け合いはかなりおもしろいのですが、それでもセリフがかなり聴き取りづらく、何を言ってるのかよくわからないシーンが結構あります。

残念だけど面白いとは思えませんでした。
nakai

nakaiの感想・評価

4.0
とーちゃんのリアル地元やんけ、、、愚連隊て(笑)
色んな芸人出てたし、やっぱノスタルジーに魅力を感じるんだよなぁ
パッチギと雰囲気が似てたなと思ったら監督同じかよ!
ヤマ

ヤマの感想・評価

3.8
久しぶりの鑑賞。青春コメディ?どの順番で読んだらいいかわかんないあの小説を片っ端から漁ったのを思い出した。
男子青春もの。

ナイナイのお二人主演。
観るまでなんでお笑いの方が?と思いましたが、バッチリはまって、面白かったです。

大阪。
inabow

inabowの感想・評価

4.2
当時人気を誇っていたナインティナインを主演に迎えた青春アイドルコメディになりますが、描いていることはストッパーの効かない若者たちによる暴力の連鎖…
井筒監督の傑作『ヒーローショー』では暴力の連鎖の果てに"死"を描いたことでより恐ろしい作品になっていました。この『岸和田少年愚連隊』もヒーローショー的展開になる余地は十分にありました。あの終わり方…画面がブラックアウトしたときの怖さはなかなかのものでした。最悪の展開しか想像できなかったので。

宮迫博之、宮川大輔、FUJIWARA、ブラマヨ吉田、くっきー、今や茶の間で大人気の芸人たちの若かりし"尖った"姿が拝めます。「FUJIWARAがマジメに演技してる!笑」「うーわ、吉田やん!」といった感じで、殺伐とした内容を忘れてテンションが上がることも多かったです。
一番驚いたのは矢部ですね。演技が上手い上に独特。特にあの超冷静なツッコミ!この映画でめちゃくちゃ映えるんです!
ちゅむ

ちゅむの感想・評価

2.3
痛っ、、

こんな世界リアルじゃないと思ってたけど、隣で俺の中高のときは、こんなんやったなぁって言ってる。
ひろ

ひろの感想・評価

2.0
若い頃の芸人がいっぱい出演していて、イキってる感が面白かった。
また性懲りも無く見てしまった…笑

実は岸和田がド地元で、地元のヤンキーはまじでほぼみんな見てると思う 笑
ヤンキーでなくても見てるか 笑
つまり面白いかちゃんと評価できない😂

一緒に見た人のアマゾンプライムの次に見るに入ってたので聞いてみたら、方言聞き取れなさすぎて断念したとか言うから、通訳兼解説しながら最後まで無理矢理見せた😂

生活圏内写りまくってるから、ここは商店街やけど一本道入ったとこかな?みたいなやつ 笑

あとは今大物になってるお笑い芸人がいっぱい出てるので、今の誰々やな!ってしながら見るのも楽しいよね

カオルちゃんて続編いっぱいあるからもっと出てんかと思ったら全然やった
スピンオフ?どれか見たけどめちゃくちゃおもんなかった記憶


ちなみに地元のイメージはこの映画ですっかり定着してしまってるみたいで、(まああそこまでいかんけど遠からずなんかなぁ)
住んでるだけでヤンキー扱いされるのもはや差別やんってちょっと心外やったりする!笑
めっちゃ好きです

笑えるし演技がなんか自然でそのまんまな芸人たち
>|