岸和田少年愚連隊の作品情報・感想・評価・動画配信

「岸和田少年愚連隊」に投稿された感想・評価

役者がみんな若いね

芸人ならではの演技

これが刺さる世代でもないし特になんも思わんかった

昔の岸和田はあんな活気があったんかな

スケールの小ささといかこんじまりしてるかんじ、青春映画としては良かったんじゃ無いだろか
tkz

tkzの感想・評価

4.0
オープニングでナイナイが逃げるバックで、流れるショッキングブルー。最高!
sh

shの感想・評価

3.2
ナイナイ目当てで鑑賞。
意外と思ってたよりは矢部の演技がちゃんとしてたw
結構吉本メンバーが出ててビックリだし、岡村が主役じゃないのも今だと違和感あるね。
会話とかはずっと漫才みたいで面白いんだけど、なんかあんまり感情移入できる人が出てこなかったなぁ。
あとりょうこが本当死ぬほどダサい。まぁださいというか、何というか…見てるこっちが恥ずかしくなるというかw
ノスタルジックな日本の風景は見てて楽しめる。
個人的には気恥しさが勝っちゃって、素直に映画として楽しめなかった。
ななみ

ななみの感想・評価

3.0
昨年、珍しく一度脱落していたけど、改めてちゃんと観た。この治安の悪さはやはり苦手だけど芸人さんいっぱい出てくるのは嬉しい。ロッシーさん!

このレビューはネタバレを含みます

なかなかに面白かった。意外や意外。
お笑いは好きな方だが、お笑い芸人がドラマや映画に出るのはまた"お笑い"とは離れるしコメディジャンルだとしても笑いも薄れる、さらにこれはナインティナインが全盛期のキャーキャー言われていた時のでしょうとあまり期待していなかったのだが、味がある岸和田の、面白い青春映画だった。竹内力主役の原作が別であって、これはリメイク作品なんだなぁ。リメイクされるほど話が上手く作られているから面白かったのかもしれない。

他の不良映画よりも良いなぁーーー!と思ったところは、喧嘩シーン。今時のヤンキー映画・ドラマでは、後遺症や死人が出るレベルの血が出たり怪我をするようになっていて、そうしなければ視聴者がもう満足しないというような、麻痺した視聴セオリーが出来上がってしまっているが、この作品では本当にいわゆる中学生の喧嘩だった。痛そうだが、急所は外してる。ボッコボコにやられても、無駄に叫んだりして痛がったり苦しんだりせず、殴られっぱなしでも冗談を言い合っていて、お笑い芸人というかナインティナインの良さが出ていた。ボケもしつこくなくてツッコミも淡々としていて面白かったなぁ。お笑いのために間をわざと外したりせず、できるだけ忠実に作ろうという想いが汲み取れた。
せーき

せーきの感想・評価

3.8
今の20代くらいの方たちは知らない映画かも、大阪の南の地域出身の原作者の方の実体験が元になっている物語です。
70年代の少年たちの青春時代の話で特に大きいオチなどはなんですがとにかくケンカ、ケンカ、ケンカ。笑
それも武器使ったり多数で攻めたりと当時の綺麗事なしの話が面白おかしく描かれています。
しばくぞ!殺すぞ!当たり前、未成年のタバコや飲酒、無免許運転等今のコンプラでは考えられない作品です。
今では売れっ子の芸人たちや俳優が多数出演しており若い頃の野性爆弾くっきーやブラマヨの吉田、シャブ中のチンピラ役で某党首の山本太郎なども観ることが出来ます。
昔の人情味溢れる柄の悪い南大阪をこの一本で楽しむことが出来る映画です、特にボーリングの玉をサッカーボールにみせかけるシーンは名シーンです、是非観てみて下さい。
Tetsudash

Tetsudashの感想・評価

3.5
ずっと見たかった1本。
ナイナイだけど思ってたけど、宮迫とか山本太郎とかもキャスティングされてたとは、知らなかった。
ヤンチャな、昭和の話で面白かった。
超コッテコテの大阪をリアルに表現しまくりで胸焼けレベル!
コテコテな大阪大好きな人は爆笑するだろうし、大阪苦手な人は爆笑しつつもこの世界には住みたくないなぁ〜って思わせる作品。
個人的には体験したこともあって、興味深く観賞することはできたがやっぱ東京の方が好きで大阪は住むよりも観光がいちばんだなと再認識させられた。
岡村さんはまだ面白かった頃でやべっちも若くて微笑ましかった!
宮迫と山本太郎でてるのもなんか笑えたし😂
木下ほうかがリアルにいそうなぴったりな役で凄いいいキャラしてたなと思った!
みんな若い 尖った矢部

リアリティラインが謎
ヒーローショーの方が好み
>|