大阪蛇道 -Snake of Violence-の作品情報・感想・評価

「大阪蛇道 -Snake of Violence-」に投稿された感想・評価

象煮

象煮の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

子供の頃離ればなれになった2人の、服装、煙草の吸い方、女まで全て正反対の生き方がほんの少しだけ交差する瞬間。喋らないヤクザとその通訳をする口が達者な部下というキャラクターがよい。坂口拓のアクションはもっと見たかったし最早人間なのかどうかもわからない低温にももうちょっと粘ってほしかった。議員の攫い方もあっさりだったのでもうひとひねりほしい。別れてからケンジが歩く道のぬかるみと「危険」の文字で充分伝わるのでラストのカナコの台詞は蛇足だと思う。
Paddy

Paddyの感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

大阪バイオレンス3番勝負の2本目。
大阪外道がほとんど素人しか出ていないのと打って変わって、こっちはそれなりの俳優が主役クラスで出てます。
その分、普通のアクション映画的になったかな?

大阪外道の最後で車で撥ねるシーンがあって、なんとなく「ガキ帝国」を連想したんですけど、今作でフォークリフトで人を殺すシーンがあって、あぁ間違いなくこの監督はガキ帝国観てるな〜と。
仁科貴にオスカーを与えるべきだ。
テイレオン主演のスピンオフ観たい。
krishna

krishnaの感想・評価

3.1
子供時代の回想シーンは、誰かの思い出レベルでリアル。

坂口拓のアクションは、レベルが高い。
キャラも立っていて、ストーリーも良かった。
ただ、コメディとシリアスのバランスが悪い。坂口拓がブレすぎて感情が追いつかない。コメディパートは川谷拓三の息子さんに任せるべきで坂口拓はシリアスパートに分けた方がはっきりして面白かったのに、もったいない。

しかし、リメイクしたらすごくいい映画になりそうなくらい素晴らしい物が詰まってる感じがする。
これも最高だった。
やっぱ坂口拓好きだわ。
この作品の彼はストレスで喋れなくなったって設定だし顔半分やけどおってる。それでもかっけえなぁ。
アクションのキレが違うね。
どことなく極道兵器に近い感じのアクションだった気もするけど。

餃子工場の時みたいに長々と戦闘する感じかと思ったらそうでもなかった。

自分的な感想だと、大阪的な幼なじみ恋愛みたいなのが結構描かれていた気がするね。というか、描かれてたね。

この人の演出する異常者は異常者感がわかりやすくて好きだなぁ。
大阪蛇道 鑑賞。

大阪バイオレンス3番勝負の一本。

ラストのケンジが1人渡っていく橋のシーン、橋の向こうには危険の掛札。あんなにドロドロしてたっけ?というシーンが印象的。

他の二本にはない割と豪華な出演者の本作だったのだが、もう少しケンジのカツカレーからの流れを見せてくれてもよかったかなぁと思う。
201804050
もう少しバイオレンスと緊張感ある展開を期待してたかなぁ…コメディ色が強くて残念(^-^;

終わり方は良かった👍
子役の演技も終盤では気にならなく感じたのが不思議😁

テイ・レオンの雰囲気はヤバすぎて魅力たっぷりでした😚
hase46

hase46の感想・評価

3.8
B級的な作品が多いバイオレンス映画ですが、たまにこういう心にグサッとくるような作品に出会えるので止められません。

幼馴染3人組のうち1人がヤクザに売られ、それから25年後の物語。ヤクザに売られた少年はものすごく出世して若頭にまでのし上がっていた。

子供時代のあのなんともいえない雰囲気が最高でした。凄まじい状況だからこそあの時できた友情は一生忘れられないものになるのだろう。

最後のシーンで、遊び終わりに2手に別れ家に帰るケンジを見送りながら
ケンジの行く道ってこんなにドロドロやったっけ
と呟くシーンがありますが、これからの人生をまさに表しているようでグッときました。

2018.4.10.96本目
はち

はちの感想・評価

4.5
これまた、たまらなく好き。


悪い大人が罪のない無抵抗な子供の未来を殺してしまう。
天才子役ばかりいるのに、なぜこの監督の作品にでる子役は大根子役なのか。
そこにまたそこはかとない魅力を感じます。
なんならもうカメラ目線だし。笑

しかし、才能のあるやくざと
無能なやくざ。
決定的な違いは守るものがあるかないかだと思う。

相反する2人が似たような環境下で、
全くちがう人生を歩んでいる。
そこが見てて面白いです。てゆうか天才なのかなこの監督。

でも子供を産んでから見るべき映画だったなと、心から思えた。
夫婦のやりとりもめちゃ笑える。
シリアスなのにドラゴンボールみたいな戦闘シーンあったり、
関西のノリで笑えたり、
なんかもうめっちゃ好きになってしまった。あっぱれ!
幼少時に両親を亡くしたショックから話せなくなった少年ケンジ。
身寄りのないケンジはヤクザに引き取られ、25年後に立派な(?)ヤクザとして成長し、暴れまくるって話☆

言葉を発しないケンジ(=坂口拓)には、ある程度、なにを言いたいのかを理解してくれる舎弟が付いていて、なかなかオモシロイ掛け合いを見せてくれます。

箸一本で相手を戦闘不能状態(殺害)にする様が描かれていて、この時からすでに「リボーン」への布石が打たれていたのですね。

ターミネーター的に強い殺人マシーンの″冷凍″とケンジの激しいバトルは必見!容赦のないケンジのトドメを披露してくれます。

強烈な暴力の中にもユーモアを忘れない、そんな一本(* ̄ー ̄)☆
>|