アウトレイジの作品情報・感想・評価

アウトレイジ2010年製作の映画)

上映日:2010年06月12日

製作国:

上映時間:109分

3.7

「アウトレイジ」に投稿された感想・評価

「ぶち殺すぞゴラァ!!」
STORY
関東一円を支配する巨大ヤクザ、山王会。
直参の池元組々長・池元は、直系でもない弱小ヤクザ・村瀬組を締めるよう命令される。
村瀬と兄弟分の杯を交わしていたのがバレてしまったのだ。
会の中で追い込まれた池元は、配下の大友組々長・大友 に締める役割を押し付けた。
この事件が発端となり、山王会の内外で凄惨な争いが巻き起こっていく……。
-------------------
全員悪人。R-15+指定作品
北野武、本格的バイオレンス超大作。
全編 暴力・暴力・銃撃戦 がノンストップで繰り広げられる。キャストは、椎名桔平、三浦友和など超豪華キャストが壮絶な演技合戦で観る者を引きつける。そして次作「〜ビヨンド」へと物語は続く…。
zoso30

zoso30の感想・評価

3.5
アウトレイジ三作目『アウトレイジ 最終章』の準備として、また観た。

黒塗りの車が走る印象的な場面からはじまる作品。
「登場人物、全員悪人」のキャッチコピーどおり、悪人だらけ。
歯医者の場面は、何度観ても痛そうである。確かに、歯医者で治療を受けている間は「無防備状態」であるが、イタイ場面として記憶に残る。
皆死んだ!この人でなし!

椎名桔平がかっこよかった。いいキャラだから死んでほしくなかった…
歯医者で拷問のシーンがすごい嫌。インテリヤクザが強キャラぶってんのもなんか嫌。
椎名桔平がただただエロいお兄さんしてる

馴染みの役者さんたちの
怖い顔がもれなく楽しめる作品
2012年鑑賞

桔平ちゃんカッコ良過ぎ。
何であんなに若いのか。こんだけ男前だと老けないのか?ヒトを超越した存在になるの?
桔平ちゃんのラストがエグ過ぎる。
もし自分がやられたら、とちょっと想像しただけで発狂しそうになる。

三浦さんがここまでシブい役者さんになるとは思わなかったな~
『春琴抄』に百恵ちゃんと出てた頃からは想像もつかない。
江口洋介さんと同じで、素晴らしい年齢の重ね方をされたんだろうな。

それと加瀬亮さんと小日向さん、最高だった。
加瀬さんは瀬文と並ぶ代表作だね。

こういう邦画は、どうか無くならないで欲しい。
バイオレンスの中にもシュールな演出で笑える部分があった
義理人情の暑苦しい任侠映画じゃなく、裏切りだらけの狡猾さがクール
加瀬亮のインテリヤクザが最高でした
北野武監督作品らしいバイオレンス的コメディといった感じでした。
狂気に満ちたところと、クスッとさせるところがあり好きです。
椎名さんの殺され方がえげついです。
yama

yamaの感想・評価

4.1
北野映画ということもあり、
バイオレンスコメディです。
ギャラが高そう。
ひっさびさに再鑑賞。殆ど覚えてなくて、ほぼ未見状態でした。やっぱり、たけしが描くヤクザ映画はすごい好きだわ〜。國村隼が最高でした!!
ネガティブな題材がしっかりエンターテイメントになっている。

大きなテーマを掲げて視聴者にメッセージを伝えるようとする暑苦しいものではなく、ヤクザの抗争をサッパリと描き、そして全編通してのメリハリとシュールな演出。

無駄なセリフや無駄なシーンはなくテンポよく最後まで流れるように進んでいく。
そして中年のおじさんばかり、皆普段見せないような演技がまたカッコいい。
>|