アウトレイジの作品情報・感想・評価

アウトレイジ2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:109分

3.7

「アウトレイジ」に投稿された感想・評価

しっかり食いついてないと相関関係が分かりづらくなるが、目を引くシーンは報復のグロテスク描写ぐらいで短絡的、ストーリーも扁平で食いつきづらい。
sawak

sawakの感想・評価

3.5
テンポ・テンポ・テンポ。
フィルモグラフィ的には『アキレスと亀』に続く作品で、ここまで自分の編集と演出で幅出せるのはさすがとしか。

このレビューはネタバレを含みます

そんなばかな、って思うくらいハイペースで人が死ぬから面白い。誰が死ぬかわからないから面白い。面白がっていいのかわからないけど。
全員裏切るか裏切られるかで命すれすれのやりとりやってるところで、仁義通すっていうのはなかなか粋だねえ。
ka28mar

ka28marの感想・評価

3.0
北野監督の極道もの。
「仁義なき戦い」以降ちゃんとしたヤクザものw
Vシネの専売特許でダメダメになっていた偏光ジャンルの再構築w
想像以上ですよwww
[R_C]
ジーナ

ジーナの感想・評価

4.5
邦画は食わず嫌いをして殆ど観ませんが、北野映画は秀逸です。
この映画は人が死にまくります。
更にグロい!
なのに合間合間にギャグも挟む所が北野イズムらしい。

最初は登場人物が多くて混乱したんてすが、しっかりと相関図を把握すれば思う存分に楽しめます。
安っぽさもなく、ヤクザならではの残忍で下衆い争いの連続にニヤニヤが止まらない。
果たして何回コノヤロー、バカヤローと言ったのだろうか・・・。
この映画を観た後に真似したくなるw

定期的に観たくなる傑作!
わたしは想像できそうな痛みの描写には弱いみたいです。
「キングスマン」や「ジョン・ウィッグ」のようなスタイリッシュなアクションは楽しめますが、暴力描写は苦手です。
そんな理由で残念ながら自分には合いませんでした。
物語よりもショッキングな描写が多くて、気持ちが付いて行けませんでした。
北野監督の作品は何作か観ていますが、自分には相性が良くないみたいです。
それでも北野作品の中では上位で好きな作品でした。
上には強く言えず下には二枚舌
ヤクザの世界も日本人的というか
構造はブラック企業と変わらないなという感想
おもしろい!!関口会長の「村瀬がムカつく」から始まり、雪だるま式に事態が悪化していくのですが、やくざ世界のしょうもなさというか、カタキだケジメだオトシマエだですーぐ人を殺すゆるゆるのボーダーラインのおかげでもう予測不可能、めちゃくちゃおもしろいエンタメに仕上がってます。やくざギャグ?やくざエンタメ?不謹慎おもしろい。
なんだかんだ直接的なグロ描写が控えめなのも、この映画がエンタメっていう裏付けですよね。あと大使館の人、ああいうおもしろ外人を殺さないで残しとくのもエンタメですよねー。あれ唯一のツッコミ役ですからね。たまりません。北野武のお笑いそして映画、両方のノウハウがつまった集大成じゃないでしょうか。まぎれもなく北野作品の新たなステージ…ここに来て新しいステージて、北野武はやはりバケモンです。
coma

comaの感想・評価

4.5
画が美しすぎる
特に大友組の面々の殺されてゆく時のカメラワークが素敵すぎる。
カット割りが少なくて、一連の流れがスマート。車を上手く使うよね。

役者さん豪華すぎる
本気の意気込みが伝わってきます。こんな贅沢な映画は見たことがない。
とくに椎名桔平のベッドシーン。残り僅かな生を齧り取るようで、息を詰めて見守りました。やっぱり死ぬの怖いよね。

そしてさらに笑わせてくる
特に中華料理店のやつ。あんな笑わせ方ないやろ…という方向からくすぐられました。

もっと早く見ておけば良かった映画
残りあと20分っていうタイミングで日本に着いてしまった...
ヤクザって面白いな〜というのがとりあえずの感想。
ヤクザの強みはやっぱり数か。
洋画のようにクールな映画である、
>|