下衆の愛の作品情報・感想・評価・動画配信

「下衆の愛」に投稿された感想・評価

ロマ

ロマの感想・評価

3.5
ひと昔前の「映画人とは、女優とは」なイメージの羅列で、これはもう時代劇でしょうな。大好きなT字路sの世界観にはばっちし。
🎉 2021年 17 作品目 📽

MINAMIちゃん🧑🏻の、
変わり様がヤバい👱🏻‍♀️

まぁ、その世界って
売れたら勝ちなんだろ〜ね😉

最後は、いい所まで行ってたのに
惜しい〜〜😰

面白かった👌👌👌
S

Sの感想・評価

3.8
ミナミを演じた岡野真也さんの演技の幅が広すぎて
前半と後半ではまるで別人にしか見えないし
前半でのモジモジ演技も
後半のああいう演技も違和感無くてめちゃくちゃ凄い

映画愛が溢れてまくってるけど
現実的に映画界で売れていくにはあの手この手を使って這い上がるしかなくて
(実際の映画業界については知りません)
主人公は映画監督と名乗って女優たちとむちゃくちゃしてるけど
映画や演技に対する思いや考え方は超熱くて

でもミナミもミナミで、
主人公の元で色んな事を見て聞いて学んだ結果、ミナミが選んだのがああいう選択で

そういう過程を見ていたこちらとしては
うわあ、、これはどういう気持ちで見ればいいんだ、、、って思っていたけど
最後の最後でのミナミの表情を見て、
主人公らがおそらく感じたであろう感情のように
私自身も一気に救われたような気持ちがした、、、

昨日見終わった直後は何だかもやもやしたけど
今日朝起きてこれ書いてたら
あ〜、あの映画好きだったかもなぁってじわじわ思ってる
で、じわじわ俳優陣も凄いメンツの映画だったなぁともなってる
映画っていうクソみたいな女にハマってしまったらもう一生離れられない。
この業界は下衆じゃないとやっていけないのかもね、みんな下衆だけど純粋だった。
監督として成功するのかと思いきや、そうはならないところが良かった、ラストシーンすごく好きでした。
kou

kouの感想・評価

2.0
内田英治監督によるコメディ映画。おそらくは自身をある程度投影しているだろう映画監督が主人公。映画業界を取り巻く、下劣な人々を温かい目で描いている。破天荒であるとか、滅茶苦茶な人物をある意味伝説のように笑い話として語るのと同じような雰囲気があるなと思った。

正直あまり自分には合わなかった。面白い部分もあるのだけれど、下劣ぶりが典型的な、昔から描かれるようなことしか起こさなく、これといって新鮮さが無かったのが残念だった。そしてそれを愛する目線のようなものもあまり感じられず、ただ雑多な映画に見えてしまった。ただし、主人公演じる渋川清彦や、内田慈、でんでん等のキャストの演技は素晴らしかった。
iori

ioriの感想・評価

3.8
まずポスターがめちゃくちゃかっこいい。こんなセンスの良い邦画のポスターあまり見たことない気がする。
渋川清彦、半世界も良かったけど凄いな。

あんまり期待してなかったけど良かった。語彙力ない。
mana

manaの感想・評価

3.6
ジャケットが最高で観たけどいきなりT字路sってまた最高。
クズばっかの世界
映画界はくず野郎ばっか。

それが魅力でもあるのかも。

感情がいろいろ揺さぶられる。

結末がなんとも言えなかった。

人間ぽさが全面に出た映画。
渋川清彦最高。登場人物がアホらしくて、バカなんだろうなと思ってしまうけど、みんな映画が好き。作りたい、出たい。でもヤりたい、金が欲しい。好き勝手した後にはツケが残る。人生でした。
あんまり好きじゃなかった。ゲスの描き方が安易というか。記号的。いつ盛り上がるんだろうと思ってたら終わっちゃった。『愛しのアイリーン』とか『地獄でなぜ悪い』みたいのを期待してた自分が悪いか🐟
>|