かばの作品情報・感想・評価

「かば」に投稿された感想・評価

構想段階から注目していた映画『かば』
撮影が綺麗だったなあ。人も景色も。
かば先生の熱血奮闘記と思いきや、若い先生の成長物語でもあり、それを支えるベテラン教師陣の分け隔てのない愛と努力のお話。受けの芝居で主役をはる山中アラタがいい。
荒れた生活の不良の子供、実は辛いことがあっても表に出せない子の痛みに泣いてしまう。
劇中の教師の共通点は非を認めて謝る。そして歩み寄る。その姿が尊い。早く裕子を抱きしめてあげてと加藤先生に想いを託す。
深い作品。
『かば』。何かと思うでしょう?……「蒲先生」。人名なんですな。

実在した大阪・西成の中学教師を軸にした「実話ベース」の群像劇。これが、実にいい。結論から言えば、快作です。

ドキュメンタリーかというような、1985年の、リアル。変な言い方ですが、これはスターなり役者名で釣る作品でないも、逆にプラスに作用してるかも。


あらゆるベタベタなドラマ的「説教臭さ」や「泣かせテク」を排除しているのが、本当に好感。ましてや、勘違いされがちなんでしょうけど、同和教育の映画では全くない。かといって、えげつない暴力や死を描くというのでもなければ、逆に淡々としすぎてるのでもない。程よい「映画濃度」でもって描かれる、教師と複雑なバックボーンの生徒が向き合う日々。


「この学校にはなぁ、部落か在日か沖縄しかないんや!」と、のっけに生徒の一人が言いますが、大坂でその世界観となると、ともすれば某作品のようなアプローチ方法しかないかと思いきや、この作品は意外に「俯瞰」。よって、嫌味がないことにつながるのです。

で、そういうカテゴライズは良くないのかもしれませんが、「覚悟を決めた根っからのご当地映画」には、そうそう外れはないというのが持論です。その法則には、ハマった気がするワケで。
 

また、自分もあの頃の小・中学生ですから……。当時の不良たちの姿はね、なんかありありとフラッシュバックしてきました。中年世代なら、そういうなんとも言えん感じもね、味わえるんではないですかね。
 

ソフト・放送・配信でのアプローチは今の所ないらしいので、劇場なりで観るしかないです。率直にはそれも勿体ない気もしますけれど、それこそ「向き合って」みてもいい作品ではないかな、と。
鯵

鯵の感想・評価

3.8
実在し亡くなった教師の方を題材にした作品とのことでとても熱い。差別、貧困、オリンピックと形では賑わう今の日本も当時も、心の貧しさに負けてはいけないと思わされた。
制約は多いけど、本気の教師がいれば生徒の心には伝わると思います。
新那

新那の感想・評価

5.0
「かば」の舞台は大阪・西成という、世間的には少しだけ有名な地域。
でもこの映画が伝えているのは、「この世界のどこか、どこにでもある日常の中で、人と人とがどうやって関わるのか」ということ。

映画でもパンフレットでも「向き合い」という言葉がポイントになっていて、その意味を教えてくれる、考えさせてくれる。
長く教師をやっても、一人ひとり異なる生徒たちと「向き合う」からこそ心に響くものがある、という屋上でのシーンは圧巻。

「向き合い」とはどんなことか、自分なりに考えてみた。
自分は、「肩を並べて、同じ景色を見て、その人をわかりたい」と思うことがよくある。
でもそれは同じ範囲の同じものを見ていて、見えないところがきっとある。
では、「向き合う」はどうか。
相手の見えないところが見える。自分の見えないところを見られる。
「向き合い」は、そうやってわかり合うことだと教えてくれる。
教師と生徒、だけでなく、親と子ども、人種の違いなど、一人ひとり違う人間だから、それをすべて「わかる」「わかろうとする」のは難しい。
しかし「向き合う」ことでお互いを知り、見えないところを見て、伝えて、過ごしていく。
それは、学校というひとときだけでなく、その先も同じように繋がっていく。

「カトちゃんには、加藤をやってほしい」というセリフには、
誰かと同じになるでも、誰かに合わせるでもなく、等身大の自分で「人」として生徒と「向き合う」ことで得ることのできるものを知ってほしいという思いが込められているような気がした。
自分も、自分をやって、人と向き合っていきたいと感じた。

自分はしがないサラリーマンで、今は特に人と関わる機会が少ないけれど、こういった思いを忘れたくない。

映画にはとても入り込んで鑑賞した。けれど、自分に置き換えたり、別の世の中に置き換えたり、考えることも止まらない時間だった。自分自身と向き合えたのかもしれない。

いい映画をありがとうございます。
【ストーリーやセリフなどのネタバレはありませんが、映画の印象、イメージなどは語っていますので、未見の方で前知識を入れたくない方は読まない方が無難です】

前から観たいと思っていた映画だったので初日初回の舞台挨拶回に行って来ました。

観る前は大阪版金八先生のような映画なのかなと(タイトルが先生の名前の『かば』なので)勝手に思っていましたが、良い意味で見事に期待を裏切られました。
“一熱血教師の映画”では全くありません。もちろんかば先生は世間一般からすると熱血教師であることは間違いないのですが、その部分をゴリ押ししていません。
生徒と向き合い、対話する。授業のシーンはありますが、知識を教えるシーンはありません。人間対人間、心と心の通い合い。信頼。人間・かば先生の思いやりや優しさがひしひしと伝わってきます。

かば先生だけではありません。ある女生徒に寄り添うのは新米の女性教師です。
女生徒役のさくら若菜さんは演じた当時役と同じ中学3年だったそうですが、時代が全く違うし、役柄の境遇を想像するのも難しかったと思います。が、本当によく理解して完璧に演じられていたと思います。個人的には“アカデミー助演女優賞”にノミネートしたい気持ちです。

監督の中にどこまで意識下にあったかは分かりませんが、『かば』を観ていて『じゃりン子チエ』が思い出されました。
設定の時代や地域が近いからだけではなく、人情や優しさに共通するものがある。チエの声を演じられていた中山千夏さんが出演されているのも偶然ではないと思います。

この映画が完成に至る道のりは全く平坦ではなかったそうです。が、監督と俳優陣の熱量、モデルになった方々や関係者の思いが共鳴し、見事に実を結んでできた映画だというのが分かります。
一般公開の映画館で観終わって拍手が起こることは殆どないと思いますが、この映画ではそれが起こりましたし、心から拍手したいと思う映画です。
EDDIE

EDDIEの感想・評価

4.7
熱く心優しく成長を止めない教師。
常に生徒最優先の蒲先生を主役に据え、新米教師加藤先生が主役級に光る。
教師、生徒、親、元教え子と多種多様なキャラが入り乱れながらもバランスの良い背景描写は川本貴弘監督の手腕か。
とにかくキャラ全員が好きになる!

主役の蒲先生を演じるのは、映画『初恋』で沖縄踊りを披露していた山中アラタ。
ここ最近映画の主演や主要人物としての出演も増えており、ますます楽しみな俳優さんです。
そんな彼が演じる蒲先生は1980年代に実在した教師。
熱血教師と言ってしまうとお粗末なぐらい、とにかく生徒想いで教師という職業をもっと良くしていきたいと奔走する人物です。

熱血さでいえば金八先生やGTOの鬼塚先生、スクールウォーズの滝沢先生なんかが頭に浮かびますが、あえて“現実的”という言葉を使うならばこの映画の蒲先生は決して負けてません。

人間は誰しも不完全。それは教師だって一緒。彼らも人間なわけです。
聖職者という言葉を使われがちですが、彼らの一人一人も普通の人間なんです。
不完全だからこそ、試行錯誤しながら子どもたちと向き合い、自分たちも成長していくんです。

劇中に印象的な言葉がありました。

“子供のことわかってると思ったらもう教師は終わり”

つまりは子どものことを完全に理解することはできない。だから向き合って会話してわかり合うように努力するわけです。

そして、蒲先生のそばで切磋琢磨しながら成長する、新任教師の加藤先生が本作におけるもう1人の主人公。
1985年が舞台、土地柄としても荒れた大阪の西成区ということもあり、生徒も不良がいっぱい。
タバコ吸うやつも、シンナー吸うやつも、ケンカに明け暮れるやつも、校内で風俗的な商売するやつも、問題児ばっかりです。
加藤先生はそんな彼らにいきなり楯突かれ、敬遠され、どやされ、自信を喪失してしまうのです。

このあたりまではあらすじに書いてあるわけですが、彼女加藤先生がとあるきっかけで自信を取り戻し、教師として人間として成長を見せていきます。
そこに本作のカタルシスがあるわけです。笑いもあります。

さらにこの2人のほか、教師も個性的な人たちが出てくるし、生徒も多種多様なキャラが次々に出てきます。
キャラクターがたくさん出てくる映画はそれだけで楽しいってのもありますが、その弊害として誰が誰かわからなくなることです。
個性ばかりに目を向けても、同じようなキャラがいればイマイチになるし、たくさん出てきたけどキャラ描写が薄いせいで何が見せたいのかわからないこともあります。
ただ深掘りしすぎると、映画には90分〜140分程度の尺の制限があるので、時間配分が難しくなり、結局時間の都合で深掘りできなかったキャラクターの存在意義が薄れてしまうこともあります。

その点で本作は各人物のキャラ描写の掘り下げが絶妙で、とてもバランスが良いのです。
大袈裟でも何でもなく、登場人物みんな好きになってしまいます。

喧嘩っ早い転校生の良太の家族たちなんて、最初はめちゃくちゃなやつらかと思わせられるんですが、蒲先生が見事その試練を乗り越えていくわけです。

そうそう、一人一人の生徒との問題解決の手段も見事でした。
とにかく学園ものは生徒との対話を大事にする大義名分ばかりで、現実的に「そんな上手くいかんやろう」と思わせられることも珍しくないのですが、本作では本人ばかりでなくその身近な人たち、つまり外堀から攻めていくという手法を使っていきます。
ある意味、ビジネス的なセオリーですよね。相手の営業部長を落とす前に、たとえば受付の人を味方につけるとか、そんか常套手段を見せつけてくれるのです。

作中は何度も笑わせられるぐらい、コメディ要素も絶妙に絡んでくるし、中学生たちの友情や絆の深め合いを見せられて目頭が熱くなる場面も多々ありました。

現在は新宿のK'sCINEMAのみの上映ですが、8月からはアップリンク吉祥寺、横浜ジャック&ベティ、名古屋シネマテーク、大阪十三の第七藝術劇場、アップリンク京都で順次公開予定のようです。

https://kaba-cinema.com/theater/

年間ベストにも絡みそうなぐらい気に入った作品なので、もっともっとたくさんの人に観てもらって上映館ももっともっと広まったらいいなぁと願っています。
フォロワーの皆様、本レビューを読まれた皆様で興味持たれた方は是非ともご覧ください!!

※2021年新作映画104本目

このレビューはネタバレを含みます

・オープニング良かった
・チャー子先生良かった
・クラスメイト良かった
・先生s良かった
・裕子役の人良かった
・山中アラタさん
・ドラゴン監督

・オープニング良かった
まずオープニング良かった。朝の街で新聞配達をしてる生徒から新聞を受け取って劇伴流れるオープニング良かった。

・チャー子先生良かった
カバってタイトルで蒲先生という人がいたというところまでは情報があったので主役はカバ先生だと思って見ていたら加藤先生という臨時の女性講師とのダブル主演という感じがした。

女優さんの名前は折目真穂さんというらしい。シリアスもコメディパートもいける良い女優さんだと思った。

・クラスメイト良かった
クラスメイト良かった。ボーイズなかなかデフォルメされた野球やったり喧嘩シーンもあったりかなり好感。加藤先生との野球勝負も笑ったし助太刀シーンは泣いた。良い味出てた。

・先生s良かった
先生たちも良かった。いろんなところにすぐ駆けつける岡本先生。小早川先生もなんだか頼りたい良い大人って感じだった。保健室の先生もさばさばしてるけどかっこよい人だった。埼玉生まれの阪神ファンの先生も良かった。

・裕子役の人良かった
裕子役の人良かった。舞台挨拶にいらしてて重い境遇の役をやって悩んだとか。今高校生だとか。すごい良い演技だったし良い役だったのでこれからが楽しみな女優さんだと思った。さくら若菜さんという女優さんとのこと。

・山中アラタさん
カバ先生役の山中アラタさん今回はヒューマンドラマな感じの役だったけどやっぱり体すごいと思った。今度入江悠監督の「シュシュシュの娘」にも出演されるのだとか。楽しみ。オジキとマッコリ飲むシーン良かったなあ。

・ドラゴン監督
川本監督は愛称がドラゴンというらしい。パンフ読んだら「傘の下」という映画を観たくなった。初日の舞台挨拶は川本監督の独壇場だったらしく今日2日目の舞台挨拶は俳優陣がメインで監督はマイクもたずロビーでお客さんを見送ってた。長い年月がかかった映画だから俳優陣にも話したいことはあるだろうなと思って聞いてた。監督のお話もちょっと聞いてみたかったな。

扱ってるテーマが重いからこれからも劇場公開なんだろうなと思う。テレビで流すのは簡単ではなさそう。「パッチギ」のテレビ版ってどうだったかなあ?

子供たちの境遇が過酷で学校どころじゃないのはわかる気がした。教師を3日で忘れたってセリフ良かった。クラスメイトの焼肉シーン観たかったなあ。すごい仲良くなってて欲しいと思った。

面白いし他の公開館も決まっているということでおすすめします!応援の意味を込めて5.0で!

近藤里奈さんについてはアイドル詳しくないので存じ上げなかったのだけど若い世代にこの映画を渡せることの出来る人なのかなと思った。居酒屋のシーンで一瞬交錯したけど、今はやっぱり登場シーンの色を良くも悪くも変えてしまうので今後に期待。
若いのに動員力があるのは役者として強い武器だ。でもアイドル経験のある役者さんなんて多くはないから貴重。
1985年夏、大阪市西成区北部の中学校を舞台に、様々な事情や問題、登校拒否、家庭を顧みない両親、父親が服役中で不在の為にアルバイトをして家計を支える者、被差別部落が隣接する為に出身地をひた隠しする者等、これらによって荒れた学校生活を送る生徒たちに全身全霊で向き合う先生たちの姿を映し出す本作は、忘れていた「教えの場」とは何かを思い出させてくれる。
中学校を舞台に問題児と向き合い、何とかしようと奮闘する教師を描く作品というと、1979年から2011年までの32年間に亘ってTBS系で断続的に制作・放送されたテレビドラマシリーズ「3年B組金八先生」が真っ先に思い浮かぶが、本作の場合、タイトルになっている蒲先生だけでなく他の先生方も真摯に体当たりで取り組む姿が、川本貴弘監督の地道な取材による実話に則して描かれていて、フィクションではないリアルさがある。
ただ、体罰が当たり前だったのは遠い昔話で、体罰は暴力であり、厳しい指導は「パワーハラスメント」と今では言われるようになった。
暴力はどんな理由であれ許されることではないが、厳しい指導に関してはパワハラかどうかの認定は難しい。
「パワハラと言われてはかなわない」と考える教員が、生徒や学生を厳しく指導しなくなったのも時代の流れだと思う。
相対的に学生と教員の力関係が変わってきたことに加え、完全主義的な人が増えてきたことによってモンスターペアレントも出てきている。
だから本作で描かれた教師像を、今の先生たちに求めるのは現実的ではないし、酷な気がする。
それでも本作に登場する新米の加藤先生のように「教える空間は学び合う場」ではないかと思う。
教師がサラリーマン化し、コロナ禍で益々フィジカルディスタンスが図られるなか、人と人との繋がりとは何なのか、その中で育まれる「教え」の大切さを本作は改めて我々に問い掛けている。