地球を守れ!の作品情報・感想・評価

地球を守れ!2003年製作の映画)

지구를 지켜라! /SAVE THE GREEN PLANET!

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.7

「地球を守れ!」に投稿された感想・評価

Insop

Insopの感想・評価

3.0
地球を救うために、アンドロメダ星人であるユジェ化学のカン社長を捕まえる青年ビョングの話。

うーん、正確じゃないなぁ(笑)。
説明が非常に難しいですね。

前情報なく観はじめて、最初はコメディかなぁと思ってたら、バイオレンスな描写を経て、ストーリーは本格的なサイコスリラーに。そして、その内、SFへと変貌して行く、様々な映画のエッセンスを詰め込んだ作品です。

キャストが素晴らしく、シン・ハギュン、ペク・ユンシクが熱演する中、イ・ジェヨン演じるチュ刑事がかなり良い味出してます。

二転三転するストーリーなのに、置き去りにされることもなく、どんどん引き込まれてしまいますね。

2時間の中に名優達の好演がぎっしり詰まりつつ、様々な映画の風味を堪能できる傑作。
S

Sの感想・評価

2.7
たしかに見た感覚がget outと似てる…
シン・ハギュンがどうしてこうなっちゃったのか、エンドロールまでじっくり見ると切ない。
ファン・ジョンミンが男じゃなくて女の人だった!!
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.5
内容全く知らずに監督目当てで観賞しました。
これ何だろう?1本の映画の中にね、色んな要素が詰め込まれているんだよね。監督がやりたいようにやりきった感じ。面白かったですけど、好みが分かれる映画かも。

ストーリーを簡単に言うとエイリアンの侵略から地球を守ろうと奮闘する青年ピョングのお話です(違うか?)うーん…それが本当だったらめっちゃ壮大なSF映画になりそうなんだけども、この青年ピョングが妄想的にエイリアンだと決めつけたカン社長を拷問する映画…って言うのが正しいのかも。とにかく拷問シーンが長い長い!ピョングとピョングの彼女スニの仕掛ける拷問はちょっと子供じみていて、でも容赦なく痛そうなものばかりなんですよね。序盤は痛い妄想ヤレヤレって感じで観ていたんですけど、途中からピョングの過去が浮き彫りになってきてなんだか切ない気分に。そして拷問を仕掛けられるカン社長のあられもない姿を見せられてなんだか同情してしまう心境に。どんなラストにまとめるのかとドキドキしてたらとんでもない終わり方でニヤニヤしました。
欲を言うならあと15分くらい尺が短くてもいいような気もするけど、なんだかんだで飽きずに楽しく観れたので良かったです。やっぱりこの監督とは相性いいな~。
zazie

zazieの感想・評価

3.5
この映画は何のジャンルに括られるのだろう??
コメディ?バイオレンス?SF??
色々なものの詰め込み加減は、グラインドハウスの一員になってもおかしくない。残虐性はパクチャヌクの復讐三部作にも通じそうだけど、シリアスになりすぎない荒唐無稽な展開はB級感満載です。
ドギツイ場面で「虹の彼方へ」が明るく流れるのは「時計仕掛け」なのでしょうか?「2001年〜」からのパロディもあったりします。

オチまでの既視感は「フレイルティ」ですな。

要するに「グラインドハウス」の一員なのです!(←しつこい!)

母の言う「地球を守れ」ってワンコのことだよね。。。
ワン

ワンの感想・評価

4.0
イ・ビョング(シン・ハギュン)がアンドロメダのエイリアンから地球を守るため奮闘する話。

日頃の研究から製薬会社のカン社長(ペク・ユンシク)がエイリアンだと確信したビョングは社長を拉致監禁。自白させようと拷問を始めます。果たして妄想か真実か。

想像していた妄想コメディではなくほぼ全編が拷問づくし。いやコメディなんだろうけど、主人公の境遇を思うとあまり笑えない。回想シーンは特に。

ペク・ユンシクの体を張ったリアクションは笑えます。かなりのしぶとさです。

監禁する者とされる者が攻守交代して話も2転3転します。ラストはなかにはガッカリする人がいるかも。
つまらなそうだと思って観たら、まさかの名作だった。
痛い描写が多くて、ヒェ…ってなる。
良いねこれ!ジャンルとして何でも含まれてる映画。本当に楽しんだ、映像とスタイルも素晴らしい。
Aya

Ayaの感想・評価

4.0
韓国カルト映画の傑作。

2003年の作品なのね・・・。

片田舎で養蜂業を営むピョングは街でも変わり者として有名。学生時代はいじめられっ子、今は地球防衛隊隊長としてもっかエイリアン対策を研究し、パトロール、挙句はこいつはエイリアンだ!と大企業の社長を誘拐し、証言を引き出そうと拷問を始める・・・。


何書いてんの?って感じでしょ?

でも本当にそういう映画なんだよ!!
ピョングは地球を守るために全精力を捧げて頑張ってるんだよ!!

後、最高なのは彼女ですね。
常々「映画の中でのブスの使い方」がうまい監督っていいな〜と思ってるのですが、この彼女が先駆けですね。

なんといううまいブスの使い方なんだ!!
性格は優しいけど、ちょっぴりアッチ系。
しかも彼氏に流されるまま一緒に地球を守ろうとしながらちょっと疑問も持ってる、と。
安定のファン・ジョンミンさんです(若い!)

とんでもない方向に話が進むのでぜひ面白半分で見て欲しい。

チャン・ジュナン監督、最高に変態で大好きです!

「ファイ 悪魔に育てられた少年」で日本でも名を知られるようになりましたが「ファイ」はグンと、段違いに垢抜けた作品だと思っています。
(それでも初心を忘れないアレとかw)

それよりも「カメリア」というオムニバス映画の中の一編「LOVE FOR SALE」の方がかなり色が出ていて好き。
韓国映画「ファイ」の監督がやってるということでフォローしてる方に教えてもらいました結構前の作品なのですが…

ここ何年間かで一番衝撃を受けて、なんか凄いとしか言えない自分の映画ボキャブラリーのなさがこんなに悔しいと思ったことはありません泣

パッケージ見たらコメディ風味ではあるのですが、韓国復讐三部作とキューブリックと「地獄でなぜ悪い」を一気に凝縮して観た気分としか言い方がないという。あくまでも気分。

最後の最後の最後まで全く結論もオチも分からず、あっという間にラスト…

詳しい人なら色んな表現できると思いますが、私には残念ながらその能力はないです(笑)

これは韓国映画好きな方以外の映画通の方にも是非観てもらって解説をたくさんして欲しいです!

普段涙、涙作品しか高得点付けないのですが、これは色々な人に教えて欲しいから観てもらいたい願いを込めて高得点♪
リコ

リコの感想・評価

5.0
後にも先にも、この映画ほど
「うわぁ!なんか物凄くヤバいやつ借りちゃった!!」と
思わせられた作品はない。
こんな映画は他に見たことがなかった。今もない。

同監督の短編「love for sale」も
物凄く独特のSF世界を作り上げていて良かったので
気になる方にはぜひ見て欲しい。

数年ぶりにDMMで再観賞。(2016/04/17)
主人公と社長、どちらを応援したらいいのか分からないし、
監禁拷問系サスペンスホラーになったかと思えば
SFになって2001年宇宙の旅っぽくなったり…
やっぱり物凄く変でヤバくて最高に面白い映画だ。
おいおいおい、とあまりのトンデモ展開に突っ込みつつも
「善悪って何だよ!?」と哲学的な思考に
ぶち当たらせられたりもする。
後半のまさかの展開はちょっと富野由悠季アニメっぽいとも思う。
エンドロールは、作り手の人類に対する
切実な希望のメッセージが込められている。
主な舞台は主人公の家なのに、あまりにも壮大な映画。
>|