地球を守れ!の作品情報・感想・評価

地球を守れ!2003年製作の映画)

지구를 지켜라! /SAVE THE GREEN PLANET!

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.7

「地球を守れ!」に投稿された感想・評価

じゅんP

じゅんPの感想・評価

3.8
こんなに状態変化の激しい映画、初めてかも。
(人間の姿を借りて地球を脅かすエイリアン、に違いない…はずの)カン社長を拉致監禁した主人公ビョングが、エイリアンの謀略を暴くためカン社長を拷問にかけるが〜、という序盤の説明はまったく意味を成さないくらい、話の支柱がツイストしていく。

ビョングをはじめ、各登場人物の過去や見えていなかった一面、誰が何者なのか、これは何の話なのかが徐々に明かされていく過程に、ぶん回されて楽しんだもん勝ち。

かと言ってただ奇をてらってめちゃくちゃやってる訳ではなく至極真っ当にぶっ飛んでいて、暴走するビョングを盲信する彼女ソニや、失踪事件を捜査する警察の面々も個性爆発していて飽きる暇もない。

「ブレードランナー」と「2001年宇宙の旅」への酷いオマージュ?は必見。
IPPO

IPPOの感想・評価

4.2
超絶問題作。好き…かも。
シン・ハギュン主演2003年公開。ヒット作ではないが内容が凄すぎて伝説的作品のようです。

B級SF映画の仮面を被ったサイコホラー…でありながら社会風刺感ハンパない。
ジャンルやストーリーを一言では伝えられない。今まで見た事が無い作品だわ。
ジャケットや表面的なイメージからかけ離れた内容にニンマリ…それでこそ韓国映画!日本映画なら園子温作品に近い気も。

1度見ただけでは理解が足らず、もう一度きちんと集中して鑑賞 笑。そうすると、何が嘘か誠かが整理されて、誰の演技がすげぇのかってことが見事に分かります。

シン・ハギュン演じる主人公は、単なるイカれたサイコパスなのか。
社会が生んだ復讐モンスターなのか。
それとも、地球を守るため戦う熱血青年なのか。

最後まで頭に力を入れてご覧あれ。
音楽や美術のセンスも振り切れてます。

そして、シン・ハギュンとW主演と言っても過言ではないペク・ユンシク氏…たまげました。穏やかな顔で悪い事やってる役のあのおじさん。本作はパンツ一丁丸坊主だからね。ある意味この人の方がモンスターだった。

「7番房の奇跡」のリュ・スンリョンに続き、『個人的韓国映画 あんたこの役やり切って凄いで賞』をシン・ハギュンに捧げたい。
ひゴル

ひゴルの感想・評価

5.0
韓国カルト映画の代表作で『ファイ』のチャン ジュナン監督の伝説的デビュー作。SFコメディなのかと思えば2001年オマージュやいろんな映画のパロディ(レプリカントの真似は爆笑)も入ってただのB級コメディかと思えばラストは泣いてしまった👊😭🎆傑作!!
ILC

ILCの感想・評価

3.0
カルト中のカルト映画。多分韓国一のカルト映画だと思う。この監督の「ファイ」って映画も変だったな
Insop

Insopの感想・評価

3.0
地球を救うために、アンドロメダ星人であるユジェ化学のカン社長を捕まえる青年ビョングの話。

うーん、正確じゃないなぁ(笑)。
説明が非常に難しいですね。

前情報なく観はじめて、最初はコメディかなぁと思ってたら、バイオレンスな描写を経て、ストーリーは本格的なサイコスリラーに。そして、その内、SFへと変貌して行く、様々な映画のエッセンスを詰め込んだ作品です。

キャストが素晴らしく、シン・ハギュン、ペク・ユンシクが熱演する中、イ・ジェヨン演じるチュ刑事がかなり良い味出してます。

二転三転するストーリーなのに、置き去りにされることもなく、どんどん引き込まれてしまいますね。

2時間の中に名優達の好演がぎっしり詰まりつつ、様々な映画の風味を堪能できる傑作。
S

Sの感想・評価

2.7
たしかに見た感覚がget outと似てる…
シン・ハギュンがどうしてこうなっちゃったのか、エンドロールまでじっくり見ると切ない。
ファン・ジョンミンが男じゃなくて女の人だった!!
ゆみな

ゆみなの感想・評価

3.5
内容全く知らずに監督目当てで観賞しました。
これ何だろう?1本の映画の中にね、色んな要素が詰め込まれているんだよね。監督がやりたいようにやりきった感じ。面白かったですけど、好みが分かれる映画かも。

ストーリーを簡単に言うとエイリアンの侵略から地球を守ろうと奮闘する青年ピョングのお話です(違うか?)うーん…それが本当だったらめっちゃ壮大なSF映画になりそうなんだけども、この青年ピョングが妄想的にエイリアンだと決めつけたカン社長を拷問する映画…って言うのが正しいのかも。とにかく拷問シーンが長い長い!ピョングとピョングの彼女スニの仕掛ける拷問はちょっと子供じみていて、でも容赦なく痛そうなものばかりなんですよね。序盤は痛い妄想ヤレヤレって感じで観ていたんですけど、途中からピョングの過去が浮き彫りになってきてなんだか切ない気分に。そして拷問を仕掛けられるカン社長のあられもない姿を見せられてなんだか同情してしまう心境に。どんなラストにまとめるのかとドキドキしてたらとんでもない終わり方でニヤニヤしました。
欲を言うならあと15分くらい尺が短くてもいいような気もするけど、なんだかんだで飽きずに楽しく観れたので良かったです。やっぱりこの監督とは相性いいな~。
zazie

zazieの感想・評価

3.5
この映画は何のジャンルに括られるのだろう??
コメディ?バイオレンス?SF??
色々なものの詰め込み加減は、グラインドハウスの一員になってもおかしくない。残虐性はパクチャヌクの復讐三部作にも通じそうだけど、シリアスになりすぎない荒唐無稽な展開はB級感満載です。
ドギツイ場面で「虹の彼方へ」が明るく流れるのは「時計仕掛け」なのでしょうか?「2001年〜」からのパロディもあったりします。

オチまでの既視感は「フレイルティ」ですな。

要するに「グラインドハウス」の一員なのです!(←しつこい!)

母の言う「地球を守れ」ってワンコのことだよね。。。
ワン

ワンの感想・評価

4.0
イ・ビョング(シン・ハギュン)がアンドロメダのエイリアンから地球を守るため奮闘する話。

日頃の研究から製薬会社のカン社長(ペク・ユンシク)がエイリアンだと確信したビョングは社長を拉致監禁。自白させようと拷問を始めます。果たして妄想か真実か。

想像していた妄想コメディではなくほぼ全編が拷問づくし。いやコメディなんだろうけど、主人公の境遇を思うとあまり笑えない。回想シーンは特に。

ペク・ユンシクの体を張ったリアクションは笑えます。かなりのしぶとさです。

監禁する者とされる者が攻守交代して話も2転3転します。ラストはなかにはガッカリする人がいるかも。
つまらなそうだと思って観たら、まさかの名作だった。
痛い描写が多くて、ヒェ…ってなる。
>|