Danny Boyの作品情報・感想・評価

Danny Boy2010年製作の映画)

製作国:

上映時間:10分

3.3

「Danny Boy」に投稿された感想・評価

まぁ

まぁの感想・評価

3.4
クレイアニメだから出来る事…これを実写でやったら…私、観れるかな…(^^;;
観たくないな…(^^;;

「皆んなと同じじゃないと生きていけない世界」を表現したかったのかな…(^^;;

何で、彼だけ…?…とは思うけれど…(^^;;

あるシーンで「ギョッ」っとなって…ラストの飛行機で…「あ〜この作品、2回は観たくないな」…と思った…(^^;;
(ごめんなさい…だけど…)

ダニーボーイの歌が…寂しく聴こえた…(^^;;

YouTubeにて鑑賞…☆
Soshi

Soshiの感想・評価

2.0
首から上のない人の世界に、1人だけ首から上がある人がいた。というお話。
みんな目がないから街灯にぶつかり、車で人を跳ね、壁にぶつかる始末。1人だけ不自由なく生活していく中で、ある女性と出会う。顔があることに驚かれ、自分の元を去られてしまう。その後…

常識やステレオタイプについて授業とかで使えそうやと思ったのに、ラストのせいでボツ。トラウマやん、こんなん。
しかも最後の最後に飛行機が…これ以上言えない。あー怖い怖い。IS怖い。

https://youtu.be/6YexiVR7M6s
ちぃ

ちぃの感想・評価

-
ショートフィルムって評価しにくいですね…なので、星はつけませんが、感想を…


頭のない人たちの中がほぼの街に頭のある男性が1人。
頭のない人たちは、食事もするし、タバコも吸うし、映画も見る。ただ、頭がないから、食べれないし、吸えないし、見れない。それでも頭があるかのように振る舞う。

そんな街の一人の女性に好意を抱いた男性。アプローチをして、花束受け取ってもらえましたが、頭があることが知られてしまい、振られてしまう。
さて、最後に男性がとった答えとは…

なんとも言えないシュールなショートフィルムですが、共感はしてしまうんじゃないでしょうか…
ただ、思い切った行動だとは思いますが。後には絶対引けない行動。
でもそれをするほどの女性に出会えたのは、男性にとっては幸せだったでしょう。

見る人によって考え方が大きく変わるショートフィルムなんじゃないでしょうか。
ちなみに私はこれ、できないと思います。笑
青二歳

青二歳の感想・評価

3.3
クレイアニメーション。ひー
フォローさせて頂いている方のレビューからyoutubeにて鑑賞。怖や…顔がない…
顔がない人々は寓話として見るような仕掛けなのだろうが、なんだか意地の悪い仕掛けにも感じる。
mazinbooh

mazinboohの感想・評価

3.6
凄いですね。

匠の技。

本当に細かい所まで。

どれだけ手間かかってるんでしょうねえ。
フォロワー様のレビューを拝見して興味が湧き、YouTubeで鑑賞。

首から上がない人々が住む奇妙な世界で、普通の男性が首から上のある女性に恋をするが……。

スイス発のクレイアニメは初めてでしたが、かなり動きも滑らかで、男性の感情もしっかりと表情で理解できました。

作風は全体的にはかなり暗く、というのも顔が無い=なにも見えないので、普通の生活ができない彼等の哀愁を感じます。見えない状態での車の運転は普通にこなしていても生命の危機に瀕してしまう行動となってしまうのが辛いです。

こんな社会に順応するために男性が起こした行動には脱帽です。

本作から、何も見えない世界でも希望はあることを学んだような気がします。何もかも見える世界よりも、何も見えない世界の方が想像力膨らませることもできますしね(^^)

YouTubeで見れるのでちょっと不思議な作品を見たい方はどうぞ。
10分間のクレイ・アニメーションのショート・フィルムです。

薄灰色の町並みをたくさんの人が行き交います。
でも、違和感がするのは…人々はみんな首から上が無かったからでした。

老若男女、みんな首から上が無い世界。さて…

彼らは目で見ることも出来ないし、タバコを口で吸うことも出来ません。
なのに、まるでちゃんと顔があるかのように振舞っているのが不思議です。

頭が無いなんで、とても不自由です。でも、その中に1人だけ、頭のある青年がいたのです。

その青年がとった行動とは…

とてもシュールなアニメーションではありますが、主人公に何故か共感してしまう不思議なショート・フィルムでした。
swimmy

swimmyの感想・評価

3.8
たった10分のショートムービーと侮るなかれ(わたしは侮ってた!)、おやすみ前に鑑賞したら、否応なしに寝ぼけ眼が冴えてくるようなビジュアルのクレイアニメ!(ファルコンさんの短編タグから自分好みそうなやつを漁りました)

首から上がない人たちがいそいそと歩き回り、ぶつかったり、車に引かれたり、そんな不思議な世界で、或る日男女が恋に落ちますが…

観る人の感性に全てを委ねるような分かるようで分からないストーリーにやや混乱、ロマンチックとショッキングのバランスが好きだったなあ。摑みどころと文章力がなさすぎて悲しいかな言葉にできないので、みんなの感想を拝読したいです!
MUA

MUAの感想・評価

3.4
記録(短編映画)。
首から上のない市民達が彷徨う街中が舞台。目が見えないもんだから人とぶつかったり××されたりとなかなかグロめ。
そんな中で唯一首のある(正常な)青年がいるが、ある女性と出会うことで彼の運命も変化していく・・・
というまあまあショッキングなクレイアニメ。

後から気づいたんだけど、H.G.ウェルズの「盲人国」という短編小説に似てる構想なのかも。
ただこちらの方がEDに映るさりげない社会問題が何を訴えているのかうっすら見えて来る。

クレイアニメの可能性を感じさせてくれる作品。
ショッキング短編クレイアニメ!!!

はいはい…いつものクレイアニメね。。。
・・・違う!!!みんなどーした、顔がない!!

顔がないって事で当然見えてないのでアチコチで交通事故やアイスクリームもうまく食べれなかったり(そもそも口がないか..)不思議過ぎる世界。。

そんな中、一人だけイケメンフェイスを持つ青年が・・・!!!
イケメン君が一人の女性に恋をした(顔ないよ)

デートで映画見に行くも…映写技師も顔がないんでしょう、フィルムが上下逆だけです。。シュール!!

そんな2人の恋の行方は・・・衝撃的エンディング!!


僕が中2の時に熱血教師ジョーヤン先生って人が担任になったんがジョーヤンが一番最初に話してくれたお話。
「一つ目の国」(※ようは目が1つしかない人を差別していたら自分が1つ目の国に飛ばされてマイノリティとなってしまうお話)を思い出しました。。

そういった暗喩や、それ以上の強いメッセージが隠れていそうですが…とにかく必見のクレイアニメ!※顔もありませんからセリフもありません!!

https://www.youtube.com/watch?v=l89fv5aoUjo&nohtml5=False