アイム・ヒアの作品情報・感想・評価

アイム・ヒア2010年製作の映画)

I'M HERE

製作国:

上映時間:32分

3.9

「アイム・ヒア」に投稿された感想・評価

Yukimatsu

Yukimatsuの感想・評価

3.5
絵の1つ1つが美しい。
そして自分を犠牲にして好きな人に何かを与える主人公の純粋さも美しい。
nozomi

nozomiの感想・評価

5.0
2017年いちばんさいごに観た映画。
I'M HERE

光のあたたかさがどんな温度なのか、
照らされる
愛は、ひかりだから
みるひとにもこぼれてくるのは、じぶんのなかにもそれを見つけさせてくれるから
感じるから 愛がきっと、どこにあるのか

愛は触れるあたたかさよりも、感じるあたたかさだから
だから触れようと何度でも手を伸ばす
でもほんとうはあるから
胸に手をあてて想う 感じる その温度

愛の定義はひとのかずだけ。
相手のためでも自分のためでもどちらでもいい
そのとき胸はあたたかいかな

それがきっと真実


2017.12.31

(2018.01.20)
初期衝動!って感じでもないし、、自己犠牲じゃなくて自己満足にしか見えなかったなあ、、またみよう、
shiro

shiroの感想・評価

3.5
僕が嬉しいんだ…
究極の甘えかな。
内気な彼が、音楽を楽しんだりファッションを楽しむことを知っていく過程が微笑ましい。ロボットだからとかでは無く。
あんまメタフォリカルにみないほうがいいとおもうし、てかもはやスパイクジョーンズの性癖なんじゃないの?
ミイコ

ミイコの感想・評価

1.0
本当に大嫌いな映画。
相手をあんなにして微笑んでる女ロボットが本当に信じられない、ふざけるな。
男もそれをして喜ぶと思うな、こんなの愛でも何でもない、ただの依存と良心の押し付けだ。
多くの人に、愛の物語だ自己犠牲だと称賛を受けるのもわかる、
だが映画を観てこんなに嫌悪感を抱いたのも、こんなに口に中が苦いと感じたのも初めてだ、
本当に、ふざけるな、人間をバカにするな。
ショートフィルムとしてちゃんとテーマ絞れてていいと思う。この監督は無機物ラブストーリーが好きなのか。
30分に詰まった愛。

儚くて、綺麗で、
滲んでくるような映画
おいも

おいもの感想・評価

3.9
自分では答えが定まらなかったので作者の意図をネットで探した。
観た後にしばらく考えたくなる作品。
ci

ciの感想・評価

4.1
凄く内容のつまった30分だった

自己犠牲的な儚い愛

泣けた。

愛する人が体の一部
だなんて素敵とも思えてしまう。
>|