blindの作品情報・感想・評価

blind2011年製作の映画)

blind

製作国:

上映時間:5分

3.1

「blind」に投稿された感想・評価

最後ああいう形での字幕によるメッセージって映画としての敗北では?
あと他人の作品をああやって使うのもズルイ。
エリカ

エリカの感想・評価

2.2
ガスマスク生活ってどんな感じなのだろうと、考えてしまう映画。その場の問題を見て見ぬふりすることに、私は不安になった。未来のことだけ考えても、良くはないけれど。
監督    ショウダユキヒロ
再生時間  5分16分

東日本大震災の約半年後、2011年に東京で製作された映画。
全体的に暗い映像、赤い服を着た1人の少女以外全員の服が暗めなのが観ていて不安になる、不気味に感じる演出がすごいなと思いました。
ニュースで放射線物質拡散予報が天気予報のように流れるなど、東日本大震災による原発事故を取り上げるなど時代背景がメッセージとなる作品です。
「現実に目を閉ざすものは、未来に盲目である」
この岡本太郎の絵、メキシコにあったんだってね。
すごく悲惨な状況を描いてるような。
でも色使いからは力強さが伝わってくる。

未来の子供たちには綺麗な地球で生きてほしいですね。
深夜2時半に観たからか、ぞっとした。
こうならないでほしい未来
ルパン

ルパンの感想・評価

3.0
5分ほどのショートムービー
ただただこうならない未来を祈るしかない
"現実に目を閉ざす者は、未来に盲目である"
YouTubeにあるので是非
たまには短編映画でリフレッシュするのもわるくない。
良くも悪くもこういう毒がたっぷり入ったメッセージを映画で発信するのはいいことだと思う。決して大げさではないよというメッセージが伝わってくる。
作者の方、坂本龍一のクリップ映像等を手掛けているんですね。あ~なるほど、そこで繋がっているのかって、本編を観るとちょっと納得してしまう・・・・・
原発問題で揺れる日本では、そこまで遠い未来ではないのかもしれない。
がらし

がらしの感想・評価

3.8
もしも、原発事故が起きて外出のするときは、必ずガスマスクを着用しなければならなくなったら…
という設定の短編映画。

これは、メッセージ性が強い。
今を変えないと、未来の子供の代にも影響が及ぶ。今を変える勇気。

疑問を持って生きよう。
劇中に登場するチェルノブイリ・ネックレスと呼ばれる甲状腺摘出手術痕がとても痛々しかった。
現実に目をそらす者は、未来に盲目である

将来自分達のせいでこんな世の中になるのは嫌だな
>|