ポーランドのおすすめ映画 298作品

ポーランドのおすすめ映画。ポーランド映画には、アグニェシュカ・スモチンスカ監督のゆれる人魚や、エイドリアン・ブロディが出演する戦場のピアニスト、ゴッホ~最期の手紙~などの作品があります。

製作国で探す

  • おすすめ順

  • List view
  • Grid view

ゆれる人魚

上映日:

2018年02月10日

製作国:

上映時間:

92分
3.6

あらすじ

はじめての舞台、はじめての恋、はじめて吸うタバコ――「はじめて」の先にある、私たちの運命。人魚の姉妹が海からあがってくる。辿りついたのは80年代風のワルシャワのナイトクラブ。ふたりはワイル…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

簡単に言うと人魚のミュージカル映画。そう聞いただけだと「あら?『リトル・マーメイド』のような可愛くて美しい映画かな?」…

>>続きを読む

・物語★★★★★ ・配役★★★★★ ・演出★★★★ ・映像★★★★★ ・音楽★★★★★ アンデルセン童話の既定路線を…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「ハリーナ、こんなときに妙だけど、 もっと話をしたかった」 ゲットーから離れる貨物列車に乗り込む直前。 主人公が妹…

>>続きを読む

2003年3月11日、新宿プラザで鑑賞。 この映画は、そのタイトルにも表されるピアニストを軸にストーリー展開されるが…

>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~

上映日:

2017年11月03日

製作国:

上映時間:

96分
4.0

あらすじ

郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託される。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追う内にその死を知るが、それ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

「この映画を吹き替えで公開しよう」って提案した人、マジ英断。感謝しか無し。欲を言ってしまうと、欲も欲ですが、こういう映…

>>続きを読む

念願叶ってやっと最寄りのシアターでも本作が上映され、ファーストデイを狙って鑑賞してきました! ゴッホの名画たちが動く…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

明日1月20日で72歳のお誕生日を迎える"カルトの帝王"デヴィッド・リンチ監督! おめでとうございます。 2017年…

>>続きを読む

タバコで焼いたシルクの穴を覗くとそこは…。 お話は分かり易かったような。でもやっぱり表現は独特であります。 人と人…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

クシシュトフ・キェシロフスキ監督による「トリコロール三部作」の3作目。 一作目『青の愛』、二作目『白の愛』とは全く別…

>>続きを読む

クシシュトフ・キェシロフスキー監督の「トリコロール三部作」 その3「赤の愛」 前2作の受賞を受け、カンヌ国際映画祭での…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

ラース・フォン・トリアーが監督・脚本を務める、「鬱三部作」の一作目。ニンフォマニアックは鬱とはまた違った気がしたけれど…

>>続きを読む

5回目見終わって感想。こんな怖い痛いホラー映画が! はげしいオナニーシーンが! 性欲がこれほど片っ端から削がれる映画が…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

クシシュトフ・キェシロフスキ監督による「トリコロール三部作」の2作目。 一作目の『青の愛』(ジュリエット・ビノシュ主演…

>>続きを読む

【トリコロール三部作 第二作】 舞台はパリからポーランドへ。美容師カロルはEDというだけで妻ドミニクから離婚を申しださ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

クシシュトフ・キェシロフスキー監督の「トリコロール三部作」 その1「青の愛」 ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞(最高賞…

>>続きを読む

鑑賞後しばらく席で呆然としていた。その日ずっと余韻を引いた。 タイトル通り多くの青色が映像に使われている。訴えかけて…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

79分の丁度いいサクッとした作品。一つの家で、一つの部屋で繰り広げられる"おとなのけんか"は小さな舞台演劇のようで、出…

>>続きを読む

顔で笑って心で殺意! 子供の喧嘩の話し合いが、あまりに大人げない いがみ合いに発展。ロマン・ポランスキー監督が描く2…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

不可解に満ちた特殊な映画。賛否両論も頷ける作品。 11分間の群像劇をそのまま流してもつまらないので、あえて時間を交錯さ…

>>続きを読む

『ドニーダーコ』とかデヴィッドリンチが好きな人に全力で進めたい映画。 と言ってもピンと来ない人に説明すると、今作は分…

>>続きを読む

ポルト

上映日:

2017年09月30日

製作国:

上映時間:

76分

ジャンル:

3.6

あらすじ

男は異国の地になじめず、放蕩を続けるアメリカ人。女はフランスからポルトガルにやってきた、考古学を研究する学生。視線が触れた瞬間、言葉を交わす間もなく惹かれ合ったふたりは情熱的な一夜を共にす…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

 なだらかな坂道の真ん中に佇む雰囲気の良いレストラン、日中に雨が降ったらしく、石畳の上は僅かな湿り気を帯びている。ジェ…

>>続きを読む

最初はヒロインがどうしてもスティーヴン・タイラーに見えちゃってアイズをクローズしたくもなったけど、そんな小さな事には目…

>>続きを読む

君はひとりじゃない

上映日:

2017年07月22日

製作国:

上映時間:

93分
3.5

あらすじ

オルガは自分の肉体を嫌っており、摂食障害を患っている。オルガの父は警察の仕事で毎日死体を見ており、もはや何も感じなくなっている。オルガは父を憎んでいる。父は酒に頼っている。セラピストのアン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「難しい? 自分にとって 遠い世界」 レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..) 病気で母を亡くした娘と…

>>続きを読む

ポーランド産コメディ・ドラマ。 どう見てもシリアスなジャケなのだけど、コメディのようですw 淡々とした世界に、突然…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

2018年1月20日 『カティンの森』 2007年制作 監督、アンジェイ・ワイダ。 この監督さんの作品で『ワレサ 連帯…

>>続きを読む

先月亡くなったアンジェイ・ワイダ監督追悼となるポーランド映画祭が今月下旬から東京・新宿シネマートにて開催されます。 …

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

大人のオシャレ映画という感じがとても伝わってくる。 ブルーハーツの「少年の詩」がドンピシャで当てはまるのではないかなと…

>>続きを読む

裕福な夫婦と青年が偶然出会い、湖でセーリングをするお話。 モノクロが艶っぽい。そして、一人の背後からのカメラアングル…

>>続きを読む

劇場版 ムーミン谷の彗星 パペット・アニメーション

上映日:

2015年02月28日

製作国:

上映時間:

75分
3.5

あらすじ

ある朝、ムーミントロールが起きると、空や川、木や地面、そしてムーミンハウスまで、ムーミン谷の何もかもが灰色になっていた。物知りのジャコウネズミさんに聞いてみると、「空から恐ろしい彗星が地球…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

先日「ムーミン パペット・アニメーション展」を見て興味を喚起されたので「劇場版 ムーミン谷の彗星」を鑑賞。 「KUB…

>>続きを読む

主題歌→ビョーク ムーミン→アレクサンダー スカルスガルド パパ→ステラン スカルスガルド(実際親子) スナフキン→ピ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

なぜ、ドッペルゲンガーって会うと死ぬのだろうか。この伝承を初めて知った時、まったく意味不明でした。 改めて考えて見ると…

>>続きを読む

世の中にこんな夢のように美しい映画があったのか…開始数分で恋に落ちました、この作品に。ずっと観ていたかった。 ポーラ…

>>続きを読む

夜明けの祈り

上映日:

2017年08月05日

製作国:

上映時間:

115分
3.7

あらすじ

1945年12月のポーランド。赤十字で医療活動を行う若きフランス人女医マチルドのもとに、悲痛な面持ちで助けを求めるシスターがやってくる。修道院を訪れたマチルドが目の当たりにしたのは、ソ連兵…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

赤十字の施設で働いていたフランス人医師のマチルド。ある日、彼女の元に切迫した様子のシスターが助けを求めにやって来る。気…

>>続きを読む

 1945年のポーランド、赤十字の施設で働く医師マチルドの元にシスターが訪れ、修道院を訪ねてみるとそこにはソ連兵にレイ…

>>続きを読む

消えた声が、その名を呼ぶ

上映日:

2015年12月26日

製作国:

上映時間:

138分
3.6

あらすじ

1915年、第一次世界大戦中のオスマン・トルコ、マルディン。夜更けに現れた憲兵によって、アルメニア人の鍛冶職人ナザレットの幸せな日々は終わった。妻と娘から引き離され強制連行された砂漠では仲…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

感想川柳「困難は 人の繋がりで 何とかなる」 U-NEXTにあったので観てみました。φ(..) 1915年、オスマ…

>>続きを読む

”娘を探しに地球半周の旅” いい映画です。スコセッシ監督が絶賛してるのも納得しました。 1915年。舞台はオスマン…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

戦争映画強化期間。 ドイツ占領下のポーランドにて、地下水道にユダヤ人を匿った、一人の男の物語。 ポーランド人のソハは…

>>続きを読む

ポーランド映画で地下水道ときたら、てっきりワルシャワだと思ってたけれど、そうではなく、今はウクライナ領となっているリヴ…

>>続きを読む

おすすめの感想・評価

究極に暗く重く、やるせない余韻をずっと引きずりもう二度と観たくないと思うのに、その完璧な美しい世界にまた引き寄せられる…

>>続きを読む

冒頭のネズミと猫の死骸から心を鷲掴みにされる、イメージと演出があまりに強烈な映画 全体的に水色なりセピアなりのフィル…

>>続きを読む
>|