ボブという名の猫 幸せのハイタッチの作品情報・感想・評価・動画配信

「ボブという名の猫 幸せのハイタッチ」に投稿された感想・評価

AmazonPrimeビデオ視聴。

ボブがもうかわいくてかわいくて。
満点あげちゃう!

お話がまた、いいんですよねー。
クスリで親からも見離され、日銭を稼ぎながらの路上生活。
底の底まで落ちた生活。
更生プログラムでサポートしてもらっていたにも関わらず、友人からの誘いでまたクスリに手を出してしまう。

そんな中で出会ったのが、茶トラ猫のボブ。


~このあたりから少しネタバレ入ります~

ボブの表情がすごく良いんですよ。
特に断薬中に症状で苦しむ主人公を心配するボブの顔なんかすごく良くて。

その主人公の歌も、歌詞も含めてとても良く、スタッフロール前のエンディングなんか素晴らしかったです。
他にもボブ目線の映像だったり、にっくきワン公ども(笑)とのいざこざもあったり。

真面目な目線で見ると、再びクスリをやってしまった原因の友人と縁を切りたいのにそっとお金を渡してしまったり、そしてその友人はもらったお金をクスリ代にしてしまって薬物中毒で死亡といった重くも悲しいシーンもあり。

そして貧困で苦しむ人たちや、その人たちを救済する団体。路上生活者の多さだったり、シングルマザーなど路上生活者だけが貧困ではないという社会の現実。
薬物中毒者の家族の苦悩。

社会の底辺で苦しむ人たちやそれに関わる人たちもリアルに描かれていました。


猫映画では邦画の旅猫リポートが大好きなんですが、やっぱりラストはみんながハッピーにならないとね。
猫好きには絶対みてもらいたい作品です。
爲

爲の感想・評価

3.6
ただのどうぶつ感動ものかと思いきやきちんとイギリスの社会問題を取り上げててよかった。ホームレス貧困問題にドラッグ。
薬物依存がどれだけ怖いのかもわかるし、それを支える猫の存在がどれだけ大きいのか。周りの助けがあっての人生、素敵な作品.......あれ.......字幕がつき始めた.......これ実話なの.......!?と最後に驚かされました。
猫.......いいやん.......。
薬物の暗いシーンもありながらも、希望溢れる心地よい映画だった。ボブ猫が画面にでてくるだけで、なぜか安心感があって、その間はみんな上手く楽しく過ごせる、のどかな雰囲気が良かった。最後の最後を耐えられる、主人公の強さには驚く。主人公の俳優の感情表現の引き出しの数が多く、歌心もある。最後のお父さんとのシーンは、グッと来る。
maroo

marooの感想・評価

4.7
ほっこりした.+*
IIDA

IIDAの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

いい話だったな~👏🏻✨👏🏻✨
ボブ本人(本ぬこ)が出演してるニャン🐈✨
ホームレスや断薬の過酷なリアルも描かれていて、ジェームズにとっての計り知れないボブの存在を感じることが出来た。
実話のいい話って嘘臭くなりがちだけど、私も昔、猫を飼っていたからはっきり言える、ぜんぜん本当だよねって。
ボブだけでなく、ソーシャルワーカーやヴィーガンの隣人等支えてくれた人々の存在も胸を打つ。
個人的には同居(?)のネズミのシーンが好きw
ジェームズとボブが今どうしてるのかな?とSNS覗いたら昨年末のビッグイシューの表紙飾ったり元気そうでほっこりフォローしちゃった☺️
Haruu

Haruuの感想・評価

4.8
人間同士よりも遥かにコミニュニケーションが豊かな映画に感じました。
喋り出しそうなくらい、目で語れるボブが見事。
ペットは家族にも親友にもなれるんだーって羨ましくなる。
気持ちの良いエンディングも好きでした。
とってもいい映画に出会えた。
く

くの感想・評価

3.7
観た後にほっこりするそんな実話ベースの作品。
言わずもがなボブ可愛い
か

かの感想・評価

3.5
途中から、あれ、これアンビリバボーかなんかで見たような話…と思ってたら、実話だった!
それ故に派手さはないけれど、じっくりとほっこりできる。そして本物のボブのご本猫だからできる仕草や表情がとてもかわいい。
ISHII

ISHIIの感想・評価

5.0
とても癒され、とても励まされる良い映画だった!!
動物好きな人に見てもらいたい映画!!

このレビューはネタバレを含みます

ボブの視点で描かれる世界がこの映画の主役はジェームズとボブ二人で一人であると感じさせる。

セカンドチャンスと言うキーワードからジェームズがセカンドチャンスをものにした瞬間は薬の売人に薬ではなくボブの居場所を聞いた瞬間だったのであろう。

ボブと言う猫がジェームズを救ったのは間違いなくそうであるが、ジェームズ自身も意思を持った人間であったからこそだったのであろう。

最終的には完全にボブとジェームズのファンとして映画を楽しむことができました。
>|