ねこあつめの家の作品情報・感想・評価

ねこあつめの家2016年製作の映画)

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:92分

3.2

あらすじ

若くして新人賞を取り、ベストセラー作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。だが最近、まったく小説が書けなくなってしまっている。心機一転、のどかな土地に移住するも、調子は上がらない。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1匹の猫がやってくる。話しかけると、ぷいっと行ってしまう猫。猫にまで見放されたよと落ち込む。その晩、ドライフードを庭の隅に置いて眠りについた。翌朝、エサが無くなっていた。俄然…

若くして新人賞を取り、ベストセラー作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。だが最近、まったく小説が書けなくなってしまっている。心機一転、のどかな土地に移住するも、調子は上がらない。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1匹の猫がやってくる。話しかけると、ぷいっと行ってしまう猫。猫にまで見放されたよと落ち込む。その晩、ドライフードを庭の隅に置いて眠りについた。翌朝、エサが無くなっていた。俄然興味が湧いてくる佐久本。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった―。

「ねこあつめの家」に投稿された感想・評価

記録 2017/4/29 新宿武蔵野館
mash1966

mash1966の感想・評価

2.5
忽那汐里映画。
ほんわかしたストーリー
猫の癒しパワー凄い
agesan

agesanの感想・評価

3.2
ねこあつめアプリを知らない人にはよくわからない映画でしょう。でもいいんです、それで。
個人的に猫が好きなので鑑賞。もっと主人公と猫の関係の映画と思っていたので残念。
これ映画にするほどの事ではないのでは?
murataku

muratakuの感想・評価

3.1
終始中身はゼロ。たまにはこんな映画もいいかなぁと。

ネコ以上に編集者役の忽那汐里がかわいかった。
かわ

かわの感想・評価

4.5
エンドロール後が本編。
もう猫たちが可愛すぎる!
エンドロールが始まっても待っててください。その後に、本編があります(笑)。

元々が人のストーリーなんてないスマホのゲームアプリだから、主人公を人にして、物語を組み立てるというのは無理がありますよね。なかなか頑張ってるとは思いますが、いろいろ説明不足で、もったいなかったり、誤解与えそうだったり。

猫自体は、言うことなしです。まるで、アプリから抜け出たかのよう。スコアは、もっぱら猫だけです。
藍沢悟

藍沢悟の感想・評価

3.0
伊藤淳史×猫の組み合わせが完璧すぎて、癒された。
ストーリーはあって無いようなものだけれど、嫌いではない。
心がほっこりした。
>|