ねこあつめの家の作品情報・感想・評価

ねこあつめの家2016年製作の映画)

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:92分

3.2

あらすじ

若くして新人賞を取り、ベストセラー作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。だが最近、まったく小説が書けなくなってしまっている。心機一転、のどかな土地に移住するも、調子は上がらない。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1匹の猫がやってくる。話しかけると、ぷいっと行ってしまう猫。猫にまで見放されたよと落ち込む。その晩、ドライフードを庭の隅に置いて眠りについた。翌朝、エサが無くなっていた。俄然…

若くして新人賞を取り、ベストセラー作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。だが最近、まったく小説が書けなくなってしまっている。心機一転、のどかな土地に移住するも、調子は上がらない。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1匹の猫がやってくる。話しかけると、ぷいっと行ってしまう猫。猫にまで見放されたよと落ち込む。その晩、ドライフードを庭の隅に置いて眠りについた。翌朝、エサが無くなっていた。俄然興味が湧いてくる佐久本。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった―。

「ねこあつめの家」に投稿された感想・評価

さおり

さおりの感想・評価

3.0
え、ストーリーないじゃん、ねこばっかじゃん!って言うのを期待していた。
ねこ全然出ねぇ!
特典映像がいやしでした…!
chako

chakoの感想・評価

4.1
ねこがみんなかわいい!
あんなにたくさんのかわいいねこに囲まれて毎日暮らせるなんてうらやましい、、、
ちょす

ちょすの感想・評価

2.9
伊藤くん好きだし、猫も好きだけど、うーん、、


ねこあつめである意味が伝わって来なかった。


田口トモロヲさんの声と、DVDの特典映像が良かったかな(笑)
2015年にヒットしたゲームアプリ「ねこあつめ」…そのゲームを元にしたオリジナル映画。ゲーム内の世界観(縁側の猫😺観察)に至るまでの、悲壮感あふれる物語が痛いっす💦

ゲームでは猫😸がニボシを置いていったりデブ猫😸がエサをペロっと平らげたり、ユルくて楽しかったけれど……本作中ではゲームで得られる釣果の醍醐味は皆無。レア猫😺出現とか、もっとゲームに寄せて欲しかったなー。
「遊び道具」を忠実に再現している所だけ好感。
YUCHI

YUCHIの感想・評価

3.0
ほのぼのとした作品。
と書くと終わってしまうが
猫好きじゃなくても猫に癒されるのではと。
内容は薄いので気軽に鑑賞するのがオススメ。
劇中なかなか良いセリフもでてくるのでそこも良かった。
まさyo

まさyoの感想・評価

3.9
こういう時間も人生には必要。

DVD特典かな?
田口トモロヲさんの猫たちの紹介が見応えありありなので併せて観ることを強くオススメします!
まこと

まことの感想・評価

3.5
良い人を演じさせたら上手い伊藤淳史

"人ってきっかけですねえ"

という忽那汐里の台詞は作品中にも自分の中にも響きます


起伏には富まないせいか、埋もれがちで軽視されがちな作品だけど、過大評価されてるつまらない映画なんかよりはよっぽど良い映画だと思います


戌年に猫映画を観るのもまた良しです
Rachel

Rachelの感想・評価

2.7
猫が可愛くて可愛くて、ほんと猫可愛かったなぁーって思う作品です。

ストーリーには重きを置いておらず、でもチープになりすぎず…という印象です。
単に猫を楽しむだけなのであれば、ここまでのキャスティングをしなかったのではないでしょうか。
ただ、どの役者も決して派手に目立つわけではなく、猫の良さを消してしまわないのは良かったです。

あまり深く考えず、猫を見たいなぁってだけで観れる作品だと思いました。
猫好きにはたまらない~😆
私も猫集めたい❗理想‼
ゆったりと猫に癒されて少しつ成長する物語も描かれているから、ずっとほっこり。
ネコ、裏切らずカワイイ。

忽那汐里、案外と良かった。

木村多江、面白かった。
大久保佳代子、、オモロイ。
印象としては、こんな感じ。

チビノリダー、なかなか伸びないなー。
でも特典の猫に免じて、甘めに。
>|