ねこあつめの家の作品情報・感想・評価

ねこあつめの家2016年製作の映画)

上映日:2017年04月08日

製作国:

上映時間:92分

3.2

あらすじ

若くして新人賞を取り、ベストセラー作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。だが最近、まったく小説が書けなくなってしまっている。心機一転、のどかな土地に移住するも、調子は上がらない。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1匹の猫がやってくる。話しかけると、ぷいっと行ってしまう猫。猫にまで見放されたよと落ち込む。その晩、ドライフードを庭の隅に置いて眠りについた。翌朝、エサが無くなっていた。俄然…

若くして新人賞を取り、ベストセラー作家になった小説家、佐久本勝(伊藤淳史)。だが最近、まったく小説が書けなくなってしまっている。心機一転、のどかな土地に移住するも、調子は上がらない。ある日、途方に暮れて縁側で庭を眺めていると1匹の猫がやってくる。話しかけると、ぷいっと行ってしまう猫。猫にまで見放されたよと落ち込む。その晩、ドライフードを庭の隅に置いて眠りについた。翌朝、エサが無くなっていた。俄然興味が湧いてくる佐久本。こうして若き小説家の「ねこあつめ」が始まった―。

「ねこあつめの家」に投稿された感想・評価

okyk

okykの感想・評価

3.0
ストーリーはともかく、ひたすら猫が可愛い映画
Tallow

Tallowの感想・評価

3.2
人気スマホのアプリの企画映画。特にドラマがあるわけでは無く、「猫かわいい」特化型の作品です。特典映像にて出演ネコのプロフィールが紹介されています。「先生と迷い猫」「猫なんか呼んでも来ない」それぞれの主演猫の「2大スター夢の共演」作品だったことにびっくりでした^_^
意外と主体が猫より売れない小説家の伊藤淳史だった。

もっと猫中心の物語みたかったな。
ゆかり

ゆかりの感想・評価

3.0
猫もストーリーももっと観たかった!
アプリで見たグッズが本物になってるのは本当にテンションが上がる。
まったりと癒されたいときにおすすめ。
fuu

fuuの感想・評価

3.2
猫好きには嬉しい映画。
スランプの時は今自分の惹かれるもの、熱中できるものの中で自分を放っておくのも大切かも。
その中で初心に戻ってスランプから脱出できたホンワカな映画。
ふとしたきっかけで人生どうなるかわからない。。という面白味もあります。
日曜日の午後にまったり見るのにいいかも。
mame

mameの感想・評価

3.5
猫が沢山、出てくるのですが、丸い猫ちゃんが多いのが特徴です。猫用のクッションやピラミッド型のお家。蝶々が飛んでるみたいな玩具。猫用グッズが出てくる映画は珍しいですね。DVDで見たのですが、特典映像で一匹ずつ映画に出てくる猫ちゃんの紹介があるのです。映画の中の猫の名前と実際の名前と違うのです。みけさん役の「ドロップ」とか、しろちゃとらさん役の「ゆず」とか。それぞれの性格や特技、どの猫と仲良し。とかいう情報まであって(笑)見ていてほっこりします。オススメです。
ひろ

ひろの感想・評価

3.3
これは鬱のはなし?ねこあつめしだしてからはなかなか楽しい\(//∇//)\とりあえずウェイト!その通り(*´Д`*)
まぁ

まぁの感想・評価

3.9
平日の昼下がりに…ほわわ〜んと…☆
1人で、ぼ〜っと…眺めていた…♪

にゃんこたちが…皆んな、可愛い〜♪
癒される…☆
心がほっこり…♪
…眠くなる…(笑)

「きっかけ」か〜(笑)
人生の分岐点に立った時の「きっかけ」か〜☆
ぼんやり…「待つこと」「ほおっておかれること」って…大切なのかな…(笑)

…「その時を待つ」…☆
今の自分に…ぴったりだ〜(笑)

にゃんこたち…ありがとう〜(o^^o)

…でも…眠い〜(笑)
猫ちゃんたちと一緒に鑑賞

めちゃくちゃ4DX
主演の伊藤淳史はともかく、共演の忽那汐里はいつも何かもったいない気がする。(私は個人的にもっと売れると思っていた。)
大久保さん出ていたのには笑った。
この作品、スマホゲームの実写版だったのですね。
ストーリー自体はイマイチ。
にゃんこ主体ではないですが、かわいらしいにゃんこ出てくるのでにゃんこ好きなら是非。
>|