ベン・イズ・バックの作品情報・感想・評価・動画配信

『ベン・イズ・バック』に投稿された感想・評価

masacco

masaccoの感想・評価

-
前半はベンの過去に何があったのか?後半はベンはこの先どうなってしまうのか?緊張感が途切れないサスペンス演出がすごい。鎮痛剤がきっかけだったことが明かされた時のホリーの悪態が笑えた。ラストには希望が見えた。厳しいかもしれないが未来はあると。
監督のピーターはルーカス・ヘッジズの親父なんだー。

そこで終わんのかい。

シャラメのビューティフル・ボーイの方がいいかな。
アメリカで社会問題化している薬物中毒からの立ち直りを描く。訳者陣の演技は完璧だったんだけど、息子もその母親もバカすぎて。誰に同一化してみれば良いのか分からない。
Saaya

Saayaの感想・評価

3.5
薬物依存症で救いようがないけれどベンの人柄好きだなぁ。
母親の息子を思う気持ちの強さもそうだけど、家族の在り方が素敵だった。

海外だと薬に対して日本よりゆるいから依存症って身近な問題なんだろうなぁ😥
おはな

おはなの感想・評価

3.4
く、暗い。ジュリアロバーツは笑顔が可愛いのに、ずっと眉間に皺が…。
アメリカなら身近なことなんだと思う。
最後はどうなったんだろう。
おんゆ

おんゆの感想・評価

3.0
治療で投与された薬が原因で薬物依存症になったベンと家族を取り巻く話が描かれた映画。警察もすぐ動いてくれないし、医者も医者だ。これが現実か。
レイラ

レイラの感想・評価

3.5
彼がどれだけ酷かったのか周りの人の反応でわかるけど信頼の尊さが揺れるのを感じた映画だった。
父と妹のバランスあっての関係性に思えて、母親が心配するのも無理はないし当たり前なんだけどその熱量だけで乗り切ろうとしたら崩壊するなと思った。

薬物依存だけじゃないその世界
息子ベンがクリスマスに帰ってきたというのに、母親意外の家族は喜んでいない。
どうやらベンは勝手に依存症の施設を抜け出して帰ってきてしまった様だ。
では、なんの依存症かというと、きっかけは鎮痛剤のオピオイドだという。
マイケル・ジャクソンやプリンスの命を奪い、タイガー・ウッズを筆頭に全米200万人以上を依存させたという、あのオピオイドだ。

教会のクリスマス会から一家が帰ってきたら、家が荒らされ、ペットの犬が何者かに攫われていた。
しかしベンには心当たりがあったのだ。
ベンと一緒に犬を探していた母は、息子の過去と向き合う事になる。

しかし、息子をオピオイド漬けにした医者には悪態をつくのに、息子のせいで亡くなった子のことや、他にも、
「仕方がなかった。あれはあなたのせいじゃないのよ」
と息子だけ溺愛。
他の人間の事は知ったこっちゃないのね。まあ、これが現実かもね。

これじゃあベンが帰ってきても、因果応報で同じ事を繰り返しそうだね。
麻薬厚生施設から抜け出して、クリスマス当日にベンが家に帰ってきた。
母親のホリーは疑うが、監視のもと1日だけ家にいさせることに。

再び麻薬をという緊張感があるが、その中でベンに対する周りの行動は不信感しかない。

あるのは母親が向ける愛情と信頼。
どこまで息子を信頼できるのか。また息子は過去の過ちを悔い改めるのか。

ドラッグに対してやけに説教臭いのが気になるが、ジュリア・ロバーツとルーカス・ヘッジズの組み合わせは悪くない。
>|

あなたにおすすめの記事