猫が教えてくれたことの作品情報・感想・評価

猫が教えてくれたこと2016年製作の映画)

Nine Lives: Cats in Istanbul/Kedi

上映日:2017年11月18日

製作国:

上映時間:79分

3.6

あらすじ

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッ…

生まれたばかりの子猫たちにエサをあげるために市場の食べ物を狙う虎猫の「サリ」、なでられるのが大好きなメス猫の「ベンギュ」、レストラン近くに住みネズミ退治を仕事にしている義理堅い性格の「アスラン」、喧嘩が強く、旦那を尻にしいているくせに嫉妬深い「サイコパス」、下町の市場に住み、そこで働く商売人や客たちと触れ合う看板猫の「デニス」、遊び人風で周囲の大人たちの心を虜にする「ガムシズ」、高級なデリカテッセンにいつも美味しいエサをもらっている礼儀正しい「デュマン」――古くから猫の街として知られるトルコの古都イスタンブール。生まれも育ちも全く違う、7匹の個性豊かな猫を軸に、イスタンブールの人々と猫の幸せな関係をとらえたドキュメンタリー。

「猫が教えてくれたこと」に投稿された感想・評価

nogsing

nogsingの感想・評価

4.2
トルコ、イスタンブール。路上、屋根の上、レストランや市場、駅の中。あらゆる所にたくさんの猫がいて、人間と共存しながら暮らす街

そのうち七匹の猫たち、関わる人たちにスポットを当てたドキュメンタリーです。

まず、イスタンブールのエキゾチックな街並みがすごく素敵。この都市のことはよく知らなかったので、街の様子や、人々の暮らしぶりも興味深く見られました。

そして七匹の猫たち。各々素晴らしくキャラが立っていて、猫にも個性があるんだなって良くわかります。

猫たちの立ち位置は、飼い猫と野良猫の中間くらい。人間たちは、ねぐらや遊び場、餌は提供するけど束縛はせず、基本自由にさせます。
この過不足のない共存具合が実に自然というか絶妙で、こんな世界があるんだと感心させられました。

最も印象に残ったのは、人間は神の代理であり、動物の世話をすることは義務だと考える人が多いこと。逆に、猫は神の使いだと考える人もいたり

基本的に無宗教である日本人にはない考え方です。そのおかげか、猫に関わる人間たちは総じて幸せそう。もちろん猫たちも幸せに暮らしているように見えます。

人と動物、そして自然の共存とはどうあるべきか。答えのひとつを示された気がします。
「動物を愛せない者は、人も愛せない」ということばが忘れられません。
rumi

rumiの感想・評価

2.5
世界ねこ歩き?の方が面白い。
でてくる猫達は可愛いけど、編集があまりよくなかったと思う。一匹ずつもっと掘り下げて欲しかったし、猫を追ったかと思ったら人間とか街中の喧騒にカメラがいく。ような感じだったと思う。
途中で見るのをやめてしまった。
Yukiko

Yukikoの感想・評価

4.0
2018年7月30日
『猫が教えてくれたこと』 2016年アメリカ・トルコ制作
監督、ジェイダ・トルン。

猫にとっては幸せな国、幸せな街、イスタンブール。
この映画は、岩合光昭さんの「世界ネコ歩き」の映画版の
ような感じ。
「世界ネコ歩き」の第一回の放送も、イスタンブールでした。
YouTubeで「イスタンブール 猫」で検索をすると即表示
され、第一回の放送分が観れますよ。

何故イスタンブールに猫が多いのだろう?と疑問で調べると、
イスラム教の教祖ムハンマドが猫を飼って可愛がっていた
そうです。
映画の中では、海に近くて餌になる魚が多い事や、
ネズミ除け対策も語っています。
…ボクタチの仕事はネズミを捕ること!!…
街の人は猫を小さなライオンと呼んでいますよ。

私は猫を飼ったことも触ったこともなかったけれど、
ネットの「私信 まるです」のまるちゃんを観ていて、
そのかわいらしさの虜です。

それにしても、放し飼いで猫を飼っていると、一度の出産で
2~5匹出産し、猫にとっての敵が少ないのなら、猫が増え
過ぎませんかね。
それでもいいのかな?
鼠ハンターが増えて鼠退治が完璧になるってことで。

映画の中で飼い主がご飯をやらなくても、猫が行った先々で
餌をもらってねぐらの家に帰って来るとか。
野良猫に餌を配って回るオジサンもいます。
街全体、地域ぐるみで猫を飼っているんだと。
猫天国ですね。

デュマンという猫、単独行動で他の猫と交流せず、
レストランで中には入らず、外から料理人に
おやつをねだる。客からは貰わない。
スモークターキー肉と柔らかいチーズを貰って、
料理人からかなり幸せな猫だと言われる猫生。
いいなぁ♡ この猫は飼い猫?首輪をしてる。
この映画のポスターの猫がデュマンのようです。
緑色の目👀

7匹の野良猫の物語。ドキュメンタリーです。
監督もイスタンブール出身とか。

「生き方を知れば素晴らしい人生を送れる
心を開けば愛は与えられる。
愛を持って接すれば、全てが美しく見える。
猫や鳥、そして花の存在を楽しむ
そうすれば世界は自分の望み通り」…映画の中から。
Henrye

Henryeの感想・評価

3.4
何この下らない邦題とパケ写は。
原本を台無しにする才能相変わらずすごいな。

イスタンブールは本当に街全体が猫カフェみたいなものなので、あの街から帰るとき足元に猫が居ないだけで虚無感に襲われます。
しあわせの街。犬と猫が中身入れ替わってる街。。
TICTACz

TICTACzの感想・評価

3.0
イスタンブールのストリートアニマル。エイリアンとコミュニケーションとるのと同じっていうのは分かりやすい例えだな。犬よりも宇宙の真理を知ってるのだろうか。神秘的な生物。人の負のエネルギーを吸い取ってくれる、ってのも一理ある。猫が人と共生するスペースが消えてしまわないでほしい。
イスタンブールの街に住む9匹の野良猫ちゃんたちの
ドキュメンタリー映画。

「街に住む」という言い方がとても合っていて、
ネコは神様を信じていて人間が神の使いだと知っている、
というセリフがあったけれども、
人間はネコを神様だと思っていると思う。

野良猫ちゃんなのに全員毛並みもいいし、
ゴハンももらってるし、
ペットショップの子たちよりも全然キレイでした。
イスタンブール行きたい。。
カモメ

カモメの感想・評価

4.3
この映画はぜひ見てもらいたい!!
人間ドラマの中に猫要素があるのではなく、この映画は猫が主役、猫が主体です。
見たあとはきっと幸せな気持ちになれるはず。

amazonで配信開始されていたの気付いて良かったー!!TSUTAYAレンタル開始だと教えてくれるのに、それ以外は通知来ないんですね……(汗)
めちゃくちゃ見たかったけれど、最寄りでは放映されていなかったので、迷っていたうちに見逃した作品です。

イスタンブールに住む街猫たちのドキュメンタリー。
猫たちの自由な姿が見れてとても良い作品。野良猫とは違い、本当に街全体で飼っているという言い方が正しいです。
日本だとTNR活動(野良猫を捕獲して去勢してリターンする事で、次の世代の野良猫を減らしていく活動)が活発になってきましたが、こちらの映画に出てくる猫たちは産経婦も多く、子猫を街の人たちで助けていることが驚き、
ちょっとコワモテな方が手慣れた手付きで子猫にミルクをあげていたり、本当に猫が大切にされているんだなぁ〜っていうのがわかります。

港町なので、ネズミ退治の意味でも猫が大切荷されてきていたんですね。
ただ単に保護しよう!というわけではなく、そういった共存関係があったからこそ、街の人たちは猫を大切にしようと思ったんでしょう。

日本だとカラスと喧嘩するところでしょうが、カモメ(ウミネコでしょうか?)にちょっかいを出す猫。かわいいの極み。
雑種の猫たちは、目の色が洋猫っぽいのが多いだけで日本の野良猫と変わらない見た目なのは驚きでした。

演技ができるかわいい猫ちゃんもいいですが、自由気ままな猫っていうのも凄く良い。
Ducal

Ducalの感想・評価

3.9
イスタンブールと猫というだけで、見なくてはならないという気持ちにされました。
ぼんやりと眺めるのに良い映画です。
年末の映画チケ消費のために1日3本鑑賞敢行!第一弾がコレ!
お〜猫よ、お前ら可愛いぞ!
み

みの感想・評価

2.7
個性的なイスタンブールのねこたち
それぞれにキャラクターがあって、かわいらしかった

街のどこそこにねこのためのエサや水が置いてあったり、餌付けをしている人がいたり、現代日本の感覚では信じられないけれど、イスタンブールという街の雑多さ、鷹揚さが街にねこがいる風景を許してくれているのかなと思いました
街がもっと発展したらそれも厳しくなるのかもしれないですね

ねこ派なんですけど、風邪薬飲んで観に行ったらちょっとうとうとしちゃいまして
静かで、安心して観られる映画ですよ、ということです
>|