指名手配 ホワイティー容疑者を捕まえろの作品情報・感想・評価

指名手配 ホワイティー容疑者を捕まえろ2014年製作の映画)

Whitey: United States of America v. James J. Bulger

製作国:

上映時間:86分

3.7

「指名手配 ホワイティー容疑者を捕まえろ」に投稿された感想・評価

「ブラックスキャンダル」を観たのでセットで。

こっちのほうが面白いなぁ。
saki

sakiの感想・評価

3.8
FBIとマフィアの結託。
フィクションより現実世界の方がずっと怖い。。。
「ブラック・スキャンダル」でジョニー・デップがハゲヅラで熱演した実在のマフィアのボス、ジェームス“ホワイティ”バルジャーのドキュメント。

「ブラック・スキャンダル」ではFBIとの20年の長きに渡る癒着が露見し、16年の逃亡生活ののちタイホされるとこで終わりましたが、今作ではその後の裁判を通じて警察組織の腐敗が暴かれます。

市警察・州警察はおろか、FBIにまで金を渡し情報提供を受けていたと主張するバルジャーと、あくまで情報提供者として匿っていただけで、その後一部が不適切な関係に発展してしまったとするFBI。

日本の任侠の世界と同じく「チクリ」を最大の恥と感じるのか、
殺人をはじめあらゆる罪を認めながらも、頑なに「情報提供者だったことは一度もない」と否定するバルジャー。
一方で、コノリー捜査官と周辺一部の汚職として片付けたい思惑が見え隠れする警察の暗部が見え隠れ。


真実はさておき「ブラック・スキャンダル」で描かれてたよりは、上層部まで巻き込んだズブズブの癒着構造だったことが伺えます。


「ブラック・スキャンダル」って、日本人には馴染みがないけど、アメリカ人には連日報道やゴシップで虚実ないまぜの情報が飛び交ってたあとで、事件のあらましや真相を想像しながら楽しむ映画だったのかも。
日本でいう「クライマーズ・ハイ」や「日本の黒い夏」みたいな。


ホワイティ・バルジャーが実際に犯した殺人が生々しく語られたり、重要な証言をするはずだった証人が謎の失踪を遂げ、遺体で発見…… と事実は映画より映画みたいで、背筋の凍る一本でありました。
ブラックスキャンダルのその後のドキュメンタリー。

見応えありどころか
これは絶対見てほしいレベル。

より真実に迫ってます。
映画が綺麗事に見える。
tagutaku

tagutakuの感想・評価

3.5
『ブラック・スキャンダル』でジョニー・デップが演じていた大物ギャング、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーが逮捕された後に行われた裁判の顛末を描いたドキュメンタリー。

ボストン南部(サウシー)を牛耳っていたバルジャーは、同郷のFBI捜査官ジョン・コノリーから情報提供者になる見返りとして自分を逮捕しないという密約を交わしたことによって、20年間の間に麻薬・恐喝・殺人とあらゆる犯罪に手を染めた。『ブラックスキャンダル』は、逃亡生活を送っていたバルジャーが逮捕されたところで幕を閉じる。しかし、現実は彼を逮捕して一件落着とはいかなかった。

裁判が始まるとバルジャーは、殺人を除く全ての犯罪を認めるが、FBIの情報提供者であったことを頑なに否定した。バルジャーにとってFBIとの関係は“協定”なのであって、警察のイヌだったのを認めることは、彼の中にあるギャングとしてのプライドをズタズタにすることでもあった。

そして、検事側はバルジャーが提供者であるのを否定してしまうと、彼の情報によって検挙した事件を再捜査しなければならなくなるため、彼が提供者だと言う。しかし、検察はその発言に反して、裁判ではバルジャーが情報提供者だったことについて深く追求しない。

なぜ、検察がそんな矛盾した行動を取ったかというと、バルジャーはコノリー以外にも、連邦検事だったJ・T・オサリヴァンとも同じような密約をしていたからだ。イタリアンマフィアのボス・ディアンジェロの裁判を担当したオサリヴァンは、バルジャーにディアンジェロの仲間から命を守ってもらう代わりに、起訴しないと約束した。身内が犯罪者だと面子が立たない検察は、有罪に持ちこもうとしながらも、責任を回避しようとする。

このような責任逃れは、FBIやその上にいる司法省にも挙げられる。FBI側がバルジャーの弁護士に提出した資料が改ざんされたものであるというのが本作によって明らかになる。

情報提供者だったことを認めないバルジャー、保身を守ろうとする検察やFBI。誰も責任を負おうとしない裁判が展開される中、それを冷ややかな目で見ていた人たちがいた。それは被害者たちだ。

バルジャーによる犯罪の被害に遭った人たちの中には、ギャングと一切関わりのない一般人も多くいた。バルジャーに自分の酒屋を奪われた男が、証言台で思いの丈をぶちまけられると喜んでいた矢先、謎の死を遂げる。その場面は、ドキュメンタリーならではの“偶然撮れてしまった”衝撃があり、本作一番のハイライトだ。

バルジャーに終身刑が確定したとしても、被害者たちに平穏は戻ってこない。バルジャーを野放しにし、犯罪を助長させた司法側は、過ちを認めていないし、一部の人間による暴走で片付けたからだ。夫を殺された未亡人は報道陣に「私の大切な人は殺されたのに、バルジャーを放っておいた人たちは目を背け続けてる」と叫ぶのだった。

なぜFBIがイタリアンマフィア摘発に力を入れていたのかや、バルジャーが自分の恋人殺害したことなど『ブラック・スキャンダル』では描かれなかった事柄も補完できるので、事件の背景を知るには最適な作品だった。
ボストンを仕切ったマフィア、そして腐敗し裏で繋がってたFBIや検察。アメリカの闇の一端が見えました。劇中に殺された死体の写真が何枚か出てきます。グロくはないですがこういうの苦手なので突然映されるとびっくりします…。