スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

rodegin

rodeginの感想・評価

3.6
邦題でかなり損をしている作品でした。
話も面白かったですし静かな緊迫感と言うか、何とも言えない嫌な空気感だったりとかイロイロ見所ありな作品。
諒

諒の感想・評価

3.5
新聞のコーナー、スポットライトを担当している記者達。
彼らは、神父による子供への性的虐待について取材を進める。
何度も異動させられた神父を追っている内にカトリック教会が事件を隠蔽している事に気付く。

見る前は珍しい話じゃない気がしたけど、話が進むにつれて明らかになっていく事柄にビックリ。
この人達が、勇気を出して行動してくれて本当に良かった!
酷すぎる。
邦題ダサいけど中身は濃厚な社会派映画。
なにそれっていうことがまかり通ってしまう世界はこの世に存在するのだ。
summeri

summeriの感想・評価

4.0
映画にために脚色された内容であるものの、非常にジャーナリズムの大切さが分かる。そして、記事に書かれるほうも書く方も人間もなので、その生な感じが面白い。
日本人のカメラマンがこういった作品に関わるのは誇り高い事。

脚本:0.9
芝居:0.8
音楽:0.7
編集:0.8
映像:0.8
実話
内容は重いが淡々としているので、好き嫌いの分かれる作品だと思う
感動したり、なにか影響を受けるというよりも見るこちら側に考えを委ねるメッセージ性の強い作品でした!
児童虐待を繰り返した神父やそれを組織ぐるみで隠蔽してきた教会が悪であることは間違いないが、その事実を知りながら闇に葬ってきた弁護士やメディアも同罪ではないのか思った



物語が進むにつれてドンドン引き込まれていった!
アカデミー賞脚本賞を受賞しているくらい脚本が見事なのはもちろん、音楽も場面ごとに合っていてより重厚感のある雰囲気を作り出していて見事でした



記者の情熱や巨悪な組織の隠蔽を暴こうとする姿勢に感銘をうけた
題材が重く、実話とは思えない(思いたくない)鬼畜みたいな所業が暴かれるのを鑑賞することになるので気分が悪くなる方もいるかもしれません
日本のメディアにも見てもらいたいですね
Yoshiki

Yoshikiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

自分は海外にいたとき宗教というものがどれだけその地の文化に根付いているものなのかということが理解できたのだが、宗教というものに欧米諸国よりも馴染みがない我々には想像しづらい部分もあるのではないかという不安も感じさせない作品であったと思う。この事件の本質というのは非常に根深いものであり、簡単に解決できるようなものではない。(日本国内でも似たような事件はおこっている。)でもそういうことが今現在も起こっているということを再認識させられたし、事件にせよ何にせよ起こっていることの本質というものはどの場面においても自分の想像より奥にあるのではないだろうかと感じる作品だった。そしてその本質を追求する姿をうまく描けていた。
最後の10分、完全に光だった 権力だったり大きな力に殺されてる人って明らかにされてないだけど死ぬほどいるんだろうね
KO

KOの感想・評価

3.6
家ではもう新聞も取ってないし、活字を読むこと自体少ないんだけれど、1つの記事、1つの真実を世間に知らせる為にこれだけ労力がかかるのかと驚いた。公表することで救われる人、生活が送れなくなる人、多方面の人のことを考えて出版時期とか考えるんやなと思った。
ちょっと話は難しかったけど、実話というのが驚き。後、レイチェル・マクアダムスかわいい。
Masayan

Masayanの感想・評価

3.5
【超社会派 マスコミドキュメンタリー】

ペンは剣よりも強し✒️

新聞記者たちが腐敗した教会の悪事を暴いていくお話。

とにかく社会派。こってりしたドキュメンタリーをサスペンス調で見る感じ。普段市民の糧である教会が実は裏では性的虐待を行なっていたという実話。

初めは小さい事件性から取材を進めるが調べていくうちに物凄い大きな事件へと昇華していく。マスメディアの事は詳しくないが、取材を通じて特ダネというのはこうやって出来ていくのだろうか📰
話がどんどん大きくなるあたりは面白かった。

ただ、映画としては結構難しく教会という日本に馴染みのない習慣と登場人物がとにかく複雑で混乱します笑

アカデミー作品、脚本賞を取っており、近年のアカデミーらしい「その時代のアメリカ切り取った」作品であると思う。

エンターテイメント性は薄いかな。
神を讃えることは、大切なことだが、人間の生理や科学的根拠のない教義は、組織の中で、矛盾と腐敗をもたらす。地味な映画だけど、考えさせられたいい映画。
>|