スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

1sugar

1sugarの感想・評価

3.9
肉体だけじゃなく精神への虐待
信仰まで奪われる

実話。
内容ギッシリで見ごたえたっぷりで、「とんでもない映画を観たなぁ」とドキドキしながら映画館をあとにしました。

ドラマティックに描かず、シンプルに作ってたから余計にリアル感がありました。彼らのジャーナリズム魂は凄い。。

神父が子供たちを性的虐待する事件を調べてみると、神父どころか弁護士、裁判官、警察までみんなが隠蔽に関わって、このシステムがすごく怖くて
スポットライトのチームが言葉を失うシーンは自分も「まじか...」って彼らと同じようにショックを受けてしまいました。
隠蔽の規模が大きいどころじゃない。これが実際にあったとは恐ろしい。

しかも、この事件に関わってた人がローマ法王の座を狙っていたことがショックで。
この事件が公にならなかったらこの人物がローマ法王になっていたのかと思うとゾッとします。

過去に虐待を受けてトラウマでヤク中になってる人も自殺してないから彼はまだラッキーだって言葉にこの事件の深刻さを感じます。

終わり方もすごくすごく好き。
1234

1234の感想・評価

3.2

このレビューはネタバレを含みます

もっとセリフ量増やして早口でしゃべってほしい
新聞が刷られて運搬されて朝になるとこが気持ちよかった
「人が描けてない」みたいな批判はわからなくはないけどちょっとどうかなて思う
まる

まるの感想・評価

3.5
夜中に見たので途中眠くなってしまい、話についていけなくなってしまいました、、

報道の在り方、必要性について改めて考えることができる映画。
公にして真実を伝えることで、救われる人がたくさんいる。そのような影響力をもった記者の仕事への情熱が伝わりました!
るな

るなの感想・評価

4.2
通勤中にNetflixでこつこつ見た。
他社より早くスクープをあげるか、それとも根本的な組織的隠蔽を粘ってあげるのか…命題に対して妥協しない姿勢、簡単に真似できることじゃないけど目指したい。
もへあ

もへあの感想・評価

3.9
報道とはかくあるべき。
事件の裏を思えば思うほど恐ろしいし、とんでもない事実なのだけれど、決して派手な演出にはならず、冷静に、丁寧に描かれている。
会話劇だし、ほとんど同じ場所しか出てこないけれど、エキサイティングでスリリングで泣ける。「十二人の怒れる男」を思わせる名作。
tosi

tosiの感想・評価

3.6
性的虐待ダメ絶対、
カトリック教会の権力の強さ恐るべし。
子供達のサイレントナイトホーリーナイト歌ってるシーンみたらゾゾってしました。
そこら辺のホラーより怖かったわ。
記者のメンタリティすげえわ。
実話を基に。
宗教の闇の部分、児童性的虐待と社会との根強い癒着などが近年まで重要視されるほど出てこなかったというか出せなかった、又は出ないような圧力があったという衝撃の事実を描く

誰かがどこかで裏切っていないかという疑惑を持たせながらの展開はサスペンス要素もあり。

重い事実にショックはあるものの、走る走るマーク・ラファロ!
からのマジ顔の時に知人に激似だから笑えて仕方なかった(^^;

2017 11 ムービープラス
kei

keiの感想・評価

4.0
淡々と見ていたけど最後のリストが衝撃的で涙が出た。
Eriko

Erikoの感想・評価

3.6
社会派映画。あまり入り込めず途中から集中力を欠いていたのでいつかまた見たいです。

性的虐待を繰り返していた神父たちも、実は過去に被害者だった経験があるということ?ちゃんと理解してないけど、純潔であるべきっていう宗教的な決まりが不幸の始まりなのかなと思いました。

被害者が話したがらないくらいならまだ良くて、精神を病んだり自殺したり、そんな心の傷を負っていることにショックを受けました。

大きな権威に立ち向かった記者たちが居たことが素晴らしいと思います。マイケル・キートン相変わらず強面だけど、めちゃいい上司でした。
>|