スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

tomoccoly

tomoccolyの感想・評価

4.0
何か大きな課題に対して、近道を考えず、地道に、忠実に、慎重に、諦めずに立ち向かうことがいかに大切か
とんだヒーロー映画だ!!!!!
新聞、マスコミはこうであるべきなんだよ。
本当に新聞社の人間たちが全員仕事ができるやつらで好き。コーヒー片手に仕事しているのが本当にかっこいいしアメリカ感がいい。就職したい。
最後のEDの入り、そしてこの映画が実話を元に作られたという現実を叩きつけられる。その瞬間に鳥肌が止まらなかった。自分も運が良かったうちの1人なんだと痛感。
役者も豪華だからこれはお勧めしたい。
実話を基にした社会派ドキュメント

教会というものに馴染みがない日本人にはピンと来ないかもしれないがその権力は強大。
その教会が犯した児童虐待、隠蔽を被害者と誠実に向き合い、言葉を引き出し裏取りをする記者の姿勢素晴らしい。

マスコミというと胡散臭いだとかプライバシーの侵害だとかマイナスに捉えてしまうことが多いが、本作品のようなジャーナリストが本来の姿だと信じたい。
おなつ

おなつの感想・評価

4.8
マスコミのあるべき姿。
真実を突き詰めて暴く。
本当のことを私たちには知る権利があり、報道する自由がある。
日本でも同じことができますか?
ゆかち

ゆかちの感想・評価

4.0
実話はかなり身構えて見るので、始まりから緊張感凄かったです(°_°)本当に最悪の隠蔽なので、聞いてるだけでとても気分が悪くなりました。しんどいです。被害者さん達のことを思うと苦しくて涙が出ました。
そして記者たちの勇気!日頃、何これっていうニュースを聞くこともあるじゃないですか。当然ですが、こんなふうに頑張っている方達もたくさんいるんだと改めて思いました。難しい問題を映画として残そうとした関係者の皆様も凄いと思います。

救う立場の人間が信仰心に付け込んで悪事を働くなんて言葉も出ないです。
最後の文章の重たい内容。
胸がいっぱいになりました。
Mizuki

Mizukiの感想・評価

3.7
マスコミと聞くと今日ではロクなイメージが湧かないが、この作品では教会という絶対的な地に対してメスを入れた記者たちの情熱や真摯さが伝わってくる。

単なる子供への虐待や強姦でなく教会全体で事件を黙殺していたことが重罪であり、多くの信者に対するひどい裏切りだと思う。
アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちが、カトリック教会の醜聞を暴いた実話を基に描くスリリングな社会派ドラマ。カトリック系住民が多いボストンで、神父による児童への性的虐待事件を暴露した新聞記者らの困惑と共に、次々と明らかになる衝撃の真実を描き出す。
2002年、ウォルター(マイケル・キートン)やマイク(マーク・ラファロ)たちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナーを担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやにされてきた、神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する。カトリック教徒が多いボストンでは彼らの行為はタブーだったが……。
子供を性的虐待している神父たちを記事にしようと情報を集める新聞社の話。ボストンで本当にあった話で、しかもアメリカ中の教会でよくあった事件だと知って衝撃。
きっとかなり昔からあったんだろうなと思うと胸糞悪い。
政治や法より権力が強い「教会」
日本にいたらわからない感覚だろうな。
yuiri

yuiriの感想・評価

4.6
2回目。

最初に映画館で観た時の衝撃が忘れられない。驚きも怒りも悲しみさえも通り越した、言い表しようのない感情が込み上げてきた。
HASSY

HASSYの感想・評価

4.0
このスクープを暴くにあたり、みなぎる情熱はとても良く描かれていたが、この記事を表面化した時、信者や神父、社会の反応とかどれだけの衝撃だったかをもう少し描いて欲しかったかな
>|