スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価・動画配信

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

実話とは
思えないほど
腐敗している。

きっと、
現在進行形で。
がはま

がはまの感想・評価

4.0
アメリカのシステムに明るくないから、ちょっと置いてかれかけたけど、面白かった。終盤は見入ってしまった。枢機卿じゃなくて教会、と相手を間違えなかったのには感心した。これが事実なのは悲しすぎる。でも明るみに出て良かった。
はる

はるの感想・評価

3.9
こんな酷いことがあったなんてほんと衝撃この人たちの努力なかったら今も世界中続いてたんかと思うと恐ろしい
まゆみ

まゆみの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます


エンドロールで流れる、実際に事件を起こした神父、被害者、都市の数が衝撃すぎ

神様のような存在の神父に逆らえず被害にあった子供たちがたくさんいて
みんな何となく分かっていたのに
見て見ぬフリをしてた
明るみにだすかださないかの選択を迫られても隠そうとする第三者の大人がたくさんいて、
この人たちが守りたい信仰ってなんだったんだろう

信仰心の強い国でこの事件はとんでもないスクープだったんだろうと思う。
けど、淡々として退屈だし映画的に面白かったと言われると微妙。
うらん

うらんの感想・評価

3.4
神父けしからん!
日本だとマスゴミだとか言われてるけど、
本来はこういうものであるべき
Eri

Eriの感想・評価

3.7
エンドロールの被害都市の数が印象的。
新聞に出なかったらこれは、全部隠ぺいされてたのかと思うとぞっとする。

これこそがメディアの力というものを見せつけられた。そして地道に証拠をつかみにいこうとする、ジャーナリズム精神にぐっときた!

このレビューはネタバレを含みます

『宗教が地域に根差していてさらに力を持っている』という状態が自分の周りでは無いため、最初は本当に酷い問題だなあという見方をしていた。
自分が思っている何倍も、悪い協調性や圧力により、明るみに出す事が本当に困難な問題なのだと、なかなか順調に進まない取材のシーンを見て感じた。

大人が駆けずり回って、正しいと思うことのために取材を重ねて、記事を出すために奔走している姿を見て、すごい人たちだなと思った。

最後の方、ごく普通に見える2人の子供が、虐待被害のために弁護士を待っている姿を見て、本当にショックで全身から力が抜けてしまった。
記者たちが奮闘する姿を見て感動していたが、結局この犯罪の被害者は周りの大人に傷付けられ、守ってもらえなかった子供たちでいるということに、本当にショックを受けた。

最後延々と事件があった都市が連なっているのを見て、さらにショックを受けた。
この記者たちの起こしたきっかけは本当にすごい。
アノン

アノンの感想・評価

4.0
最後に被害の数と大量の都市がテロップに表示された瞬間、言葉を失ってしまった。

宗教心を持っていない私でもかなりの衝撃を受けているのに、当時のアメリカの人々にとってはもうショックなんて言葉では片付けられないような心境だっただろうな。

こんな有り得ないような事件が実際に何百件も起こり、しかも何人もの関係者が目を瞑っていたなんて到底許し難いし、社会の闇でしかない。

それを暴いた記者たちの姿には感動した。こんな難しい事件を地道に着実に進め、被害者のため、悪を倒すために、最後まで粘り続けたこのチームはすごい。

ラファロおいたんが激昂するシーンはとても見応えがあった。その通りだよな。私が彼であっても同じことを言ったと思う。

この映画に関して、アカデミー賞作品賞を獲った、ぐらいの知識しか無かったけど、観て良かったと思う。迷ってるなら観るべき。
朝5時〜ムービー8作品目。今朝の舞台はボストン。冒頭の部分を見ただけで「神父が子どもを性虐待していたんだよね。それもアメリカだけじゃなくて、世界的にたくさんいるとか」
授業で聞いたことがあるのだろう。その話が明るみに出たときの映画だと分かったようだ。

地域に根差し人々が救いを求めて通う教会で起きている、神父からの性虐待の事実。被害者の傷つき消えない苦悩。取材を重ね浮かび上がる真実。それぞれが向き合う姿に迫力を感じた。
骨太な作品をもっともっと彼に紹介したい。
昔からの世界の象徴
全てが繋がっているのかもしれないと感じた
>|