スポットライト 世紀のスクープの作品情報・感想・評価

スポットライト 世紀のスクープ2015年製作の映画)

Spotlight

上映日:2016年04月15日

製作国:

上映時間:128分

3.8

あらすじ

2002年1月、米国の新聞「ボストン・グローブ紙」が、カトリック教会の信じがたい実態を報じた。数十人もの神父による性的虐待を、教会が組織ぐるみで隠蔽してきた衝撃のスキャンダル。その許されざる罪は、なぜ長年黙殺されたのか。《スポットライト》という名の特集記事を担当する記者たちは、いかにして教会というタブーに切り込み、暗闇の中の真実を照らし出したのか…。

「スポットライト 世紀のスクープ」に投稿された感想・評価

にわかに漏れて来たから1割くらいセンセーショナルに認めて全体像から遠ざける。流石ですねハリウッド。
いしだ

いしだの感想・評価

4.2
全体的に緻密で、
特に真実が明るみになっていく様が
とても緻密に描かれていた。
リアルな迫力があって
面白かった。
被害にあった子供を思うと
心が苦しくなった。
諦めないでとことん真実を追求するヒーローに注目👀
ハルク役の人を尊敬する
実話だからすごい。
同居人

同居人の感想・評価

3.0
実話系の難しいところなんだけど淡々としちゃうんだよね、ドキュメンタリーほどピリピリ感もなくて。
権力の恐ろしさ
日本にいてあんまり宗教への信仰心がない自分にとって、神父に背くことは神へ背くことだ的なセリフはハッとさせられる
これが本当にあった出来事ってのは酷いと思うけど仕方がない。これが真実だから。世の中にはこれよりもっと酷い事実がたくさんあるし。
この映画の凄いことは、この事実を映画にしたこと。しかも、バチカンが司る宗教の実情を。その勇気に拍手。
神父の幼児への猥褻行為が暴かれていく。
実話が元になっているので、派手な展開はない。アメリカと日本とでは、受け取り方がずいぶん違うんだろうなと思う。
観ると仕事が頑張れる映画。
な

なの感想・評価

3.8
色々と衝撃的だった。信仰が脅威、権力に利用されてそれに裏切られるってどういう気持ちだったんだろう。
こんな記者の人たちにメディアを作って欲しいなーと思って観てた。
plantseeds

plantseedsの感想・評価

3.8
信実の報道は世界を変える!
巨大勢力の腐敗を、保身に走らずズバッと報道する正義感あふれる姿勢にはしびれました。

日本のアウトオブキリングのイベントでの件で町山智浩さんがおっしゃっていましたが、当事者であるデヴィ夫人の話などは報道されず、どうでも良い話しか報道されなかった。
そこに日本とアメリカの報道の違いというかを感じました。
どちらも報道規制などはあるのでしょうが、報道精神の腐敗をこの件から、スポットライトと比較して感じました。
>|