ガタカの作品情報・感想・評価

ガタカ1997年製作の映画)

Gattaca

上映日:1998年05月02日

製作国:

上映時間:106分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「ガタカ」に投稿された感想・評価

xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

4.9
Adenine, Guanine, Cytosine, Thymine

GATTACA、4種類のDNA塩基。

ここで描かれる近未来では、殆どの子供は妊娠時に遺伝子情報が調査され、病気の確率や寿命、知能や身体能力が判断された上、親が望めば矯正されて産まれてくる。主人公の両親は、一人目は”五体満足であれば、自然のままに”と、無矯正で産んだが、後悔し、弟は矯正されて産まれた・・・。

遺伝子操作が当たり前の世界、人間とは何かという哲学的なテーマに挑んでる大好きな作品。イーサン・ホーク、ジュード・ロウ、ユマ・サーマンというキャストもさることながら、アンドリュー・ニコル監督のスタイリッシュかつレトロフューチャーな映像美とマイケル・ナイマンによる静謐な音楽も素晴らしい。

「身体を貸した代わりに、夢をもらった」

SFというより極上のバディムービーなのかも。2人はやり遂げたんだ。そしてジェロームは銀メダルに誇りを持てた。

ラストシーンだけで何度でも泣ける。

追記:
アントンという名を継がせるのを躊躇したように見えた父親がとっさに付けたヴィンセントという名の語源に「克服、征服」という意味があると知って嬉しかった。

このレビューはネタバレを含みます

こんな未来、絶対来る!あり得る!!こえーーー。ジャケットにはユマ・サーマンじゃなくてジュード・ロウを出してほしい(*_*)彼も主人公なのに!
「地球には居場所がないから去りたかった」2人が真逆の意味でつらい。
どこかの考察で読んだ、翼を持たないものが翼を持たないまま高みへ行って、そこから飛び降りる。っていうのが腑に落ちた。
「エリート」が似合いすぎるジュードロウどどどセクシー。
Yuna

Yunaの感想・評価

3.5
1回目んんんん?2回目あああ、そうね、そうね。。。3回目面白いやん、よー出来てるやん。となった。世界観としては、ちょっとありがちだけど俳優陣が良いです。
CIVIL

CIVILの感想・評価

3.9
1回観ただけでは上手く消化できなかったのがちょっと悔しかったけど、ネットの解説などを読んでいろいろと納得できた

上手く形容できないけど、あらゆる要素を詰め込んでそれをあの世界観で表現してるのはすごいと思う
雰囲気が全体的に良かった
気づかなかったけど彼ジュードロウだったのねどうりで綺麗な人だと…

最後のユージーンは、自身がジェロームであることから手を引いたってこと?
moet

moetの感想・評価

5.0
過去鑑賞🎞

なんだこれ良作!!!!何でもっと早く見なかったんだろうと後悔した映画。是非!!
だいぶ前に観た映画。
イーサンホークがかっこいい。
これは、名作。お勧めです。
遺伝子編集技術により生まれながらにして、生きる道がほぼ決まってしまう切なさ。

今の科学技術の未来の一つとして確実に考えられる道の一つ。

あらゆる可能性は廃され、努力も遺伝子の壁に阻まれる。
ただ、運命だけは誰にもコントロールができない。
主人公がすり替わった天才は、自分で頂点を手に入れることができず、事故に遭ってしまう。そこに現れた不屈の主人公:ヴィンセント。

彼はここではない何処かを目指して、宇宙に行きたいと考えていた。

そして遺伝子で作られた弟アントンは「今を維持する組織」に入る。

だが、結局主人公の欲しかったのは「居場所」だったのだ。

ラストシーン、入れ替わり元のジェロームは火に包まれ、手元にある銀メダルがヴィンセントが乗るロケットの火(夢)によって金色に輝く演出に鳥肌。

セックスシーンでは寄せては返す波のように、海が印象的に撮られるなど、比喩としてのカットのひとつひとつがとても美しい。

運命づけられたものもあるかもしれないが、奇跡を信じる人や見たい人のいる限り、希望はあり続ける。

派手なシーンはないが、素晴らしいSF映画。
#イーサン・ホークもジュード・ロウも若い
#2人とも演技は良きでした
#ほぼ全編地上での話っていうSF
#ほぼってか全編
#バレそうでバレない感じがスリルあり
#でも思ったより退屈でした
#宇宙行かんのかーい
#最後ジュード・ロウはなぜ?!
>|