トゥルーマン・ショーの作品情報・感想・評価

「トゥルーマン・ショー」に投稿された感想・評価

そもそもの題材が面白過ぎる。
どうやったらこの脚本を思いつくの。
ジム・キャリーの演技も好きです。
ぬく

ぬくの感想・評価

3.5
ジム・キャリーのコミカルな演技を取り巻く異様な人間たち。

サイコホラー!
s

sの感想・評価

3.4
松岡茉優さんが好きな映画だということで見ました。
実際こんなことがあったら怖いなと思いつつもジムキャリーだから怖さはあまり感じない。予定調和な人生などつまらない。リアルに生きたい。
初めてみたときは「これは自分のための映画だ!」と思ったけど、見返したらそうでもなかった。おとなになるってかなしいことなの。
奇妙
周りのものは全部嘘だけど、生活に不満を感じず幸せだったらそのままで良いかもしれない。
24時間全世界に晒されるのは嫌だけど。

番組が続くから人は観る。観る人がいるから番組は続く。どんどん過激になっていく。
AYANO

AYANOの感想・評価

3.5
なんだこれ怖すぎる!

奥さんもいて、仕事もごく普通にして、普通の生活を送っているジムキャリー。普通の暮らしの中に違和感を感じ始め、その実態は…

胡散臭い笑顔とかセリフがぞっとする!
監督の狂気じみた母性。

最後はすっかり自分もエンターテイメントに魅せられてる、視聴者と同じ目線で応援しちゃう。

最後のあいさつのシーンは良かった!
健太郎

健太郎の感想・評価

3.6
音楽確かにいいねー 面白かったー ジムキャリーが原田泰造に似てると思った

俺は面白いと思ったけど隣で見てるお母さんは寝てしまった...
設定が秀逸な映画。
コメディではないが、さすがジムキャリー、シリアスさもあまり感じない。
壁に船が突き刺さるシーンはこの映画を象徴していて好き。
いつもの口癖(視聴者にとっては決め台詞)と笑顔。
一礼。
引きの画。

最後に役を演じている自分を演じて、舞台だった現実を去って行く。
虚構と現実のあわいに佇んだ黄昏(誰そ彼)時。
良いシーン。
もみす

もみすの感想・評価

4.0
生まれた時からその姿を全世界生中継され、周りの人間はみんな俳優という、主人公にとっては辛すぎる設定。でもラストシーンのあの表情、とてもよかった。
>|