トゥルーマン・ショーの作品情報・感想・評価・動画配信

トゥルーマン・ショー1998年製作の映画)

The Truman Show

上映日:1998年11月14日

製作国:

上映時間:103分

3.9

「トゥルーマン・ショー」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

爆破、SFXもない、
作られた世界でも、作り物の役ではない。
トゥルーマンのリアルな世界。
シナリオがない、本物の人生。

(と監督キャストが言っている)
…だとしても人生を誰かに仕向けられる、
舞台が揃った中でアドリブを演じているようなもの。人は自分の思うがままに生きれていない、嘘やまやかしで、何者かに、誰かに縛られて、操作されて生きていると感じると窮屈に思うもの。リアリティ・ショーはリアリティショーでしかなく、リアルではない。トゥルーマンをのぞいては。トゥルーマンの強い想い、果てしない愛には誰も覆すことも、邪魔することもできない。観るものすべてが彼の脱出を歓喜し、祝福した。

平穏な人生は誰かに監視され、仕向けられ演じられている生中継の物語だった、というのは設定勝ちだなと思ったし、ちゃんとホラーでサスペンスでヒューマンドラマで壮大なラブストーリー。

ローランに一目惚れしたトゥルーマン。
しかし2人は近付かないように仕向けられる。
奇跡的に目の前にした彼女。
「今しかないの」
と学校を抜け出し2人で海へ駆けていくシーンはこれまで観てきた映画の中でも名シーンだった。ローレンは偽名のシルヴィアはすぐに連れ去られてしまった。
フィジーへの電話はシルヴィアを捜し当てるため、雑誌をいつも買うのはシルヴィアの顔を思い出すため。序盤でしっかり細かな伏線を回収しつつ、主題や論点・注目点をスッキリさせているので観やすい。

HOW’S IT GOING TO END?
wwwsss

wwwsssの感想・評価

3.7
 見終わって、コメディ映画だけどホラー映画というよりホラー映画だけどコメディ映画の方が個人的には合ってるかなと思った。見てる側は楽しいだろうけど、本人にとっては監視されてる状態だからね。
 ジム・キャリーだからコメディ映画感が出てたけど、たった1人の俳優でここまで印象が変わる映画だと思うとジム・キャリーはやっぱりすごいなー。
 見てて気持ち悪さはあるけど、ストーリー的に他には中々ない作品だから面白かったです!!また機会があれば見たくなる作品ではある!!
典型的なアメリカ市民・トゥルーマン。だが彼の暮らす環境は、どことなく不自然。
それもそのはず、実は彼の人生は、隠しカメラによってTV番組「トゥルーマン・ショー」として世界中に放送されていたのだ!
家族や友人を含めたこれまでの人生が全てフィクションだったと知った彼は、現実の世界への脱出を決意する…というコメディ。


もし自分の人生が生まれてから今に至るまで全てが作りもので、
家族も友人も恋人も実は全員が役者さんで“自分を取り巻く人”を演じているだけで、
そして、24時間365日、自分の生活が人気リアリティ番組として世界中に放送されているとしたら………


物語の設定としてはとても斬新で面白いと思いました。
けれど、ひどい人権侵害だなぁ〜という気持ちが先行してしまって全然笑えなかったな。
トゥルーマンが可哀想で…(泣)


ちょいちょい出てくるスポンサーの“宣伝”は笑えました(笑)
asumi

asumiの感想・評価

3.9
観やすい

生きるとはという問いかけ

トゥルーマン、番組側、視聴者の3つの視点のバランスがいい

結果オーライ感

途中途中に感じる世にも奇妙な物語感
eri

eriの感想・評価

2.8
ジムキャリーが素敵だった。現実味なさすぎると言うか人権とか何も考えてないんじゃないか。あんなことされてもジョークで舞台から去っていくジムキャリーがすごい。監督はずっとテレビショーを続けて行きたかったのだろうけど結局視聴者はみんなトゥルーマンの幸せを願っていた。孤独は切ないけど真実を知れてよかった。

このレビューはネタバレを含みます

生まれてから365日24時間世界中で中継され続けるという設定が斬新!

辛いことがあっても何が起こるかわからない人生の方が面白いと思うようにしよ。
habi

habiの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ジムキャリー作品にはハズレがないんじゃないか…

自分の生活がもし、誰かのエンタメとして楽しまれていたとしたら…と思うと怖い作品けど、トゥルーマンの最後のお辞儀のところで私は涙が出ました。
仕事でもあんまりよ言ってた妻が直前まで雑なタイミングでココア宣伝してたの草
mah

mahの感想・評価

3.7
一人の人間の人生がエンターテインメントとして消費されているという世にも奇妙な物語。奇抜な設定こそ評価されるべきものだが
、本物だと思っていたものが全て虚構だったという絶望感は凄まじい。そんなシビアな内容にもかかわらず受け手が暗い気持ちにならないのはジム・キャリーの明るい演技だからこそなせる技。コメディ王ここにあり。
トゥルーマンの物語が結末を迎えるやいなや次なる番組をザッピングする愚かな視聴者。他人の人生で涙したり笑ったりするくらいなら自分の人生を全うしたいと思った。
林

林の感想・評価

4.2
この映画を観る前に本作のオマージュ作品を観てしまっていたせいで、途中で色々分かってしまった、、、

宮野真守はジムキャリーの演技をリスペクトしているのかな
>|

あなたにおすすめの記事