トゥルーマン・ショーの作品情報・感想・評価

「トゥルーマン・ショー」に投稿された感想・評価

あま

あまの感想・評価

4.5
147作目

今から20年前ほどの作品とは思えないほど、設定が細かい。
現実にありそうで怖い作品とも受け取れるが、非常に面白かった。
Tetsuya

Tetsuyaの感想・評価

4.5
映画からは感じたことのない感情を想起させられる
トゥルーマン本人
トゥルーマンの周りの俳優
俳優を指揮する製作者
番組の視聴者
番組の視聴者
そしてこの作品の製作者
それぞれからのメッセージが存在し
理解するのが難しい
Risa

Risaの感想・評価

4.9
すごくよかった!!1990年代にリリースされた映画ってことを考えるとより一層、設定や細かいこだわりに感動する!ジム·キャリーの演技が素晴らしいです...
並

並の感想・評価

4.0
初見で見るともう一回見たくなる映画。

生まれた時から知らないところで仕事や友達や恋人まで全てを操作されてきたトゥルーマン。不公平でかわいそうだなってずっと思ってたけどすごくきれいに終わってくれた。

でもいくら役者だったとはいえ、ディレクターが作り上げた世界の中の人が共に過ごしてきたトゥルーマンに対してあまりにも冷淡な気がした。海で死んだことになったお父さんとシルヴィアみたいな人もいるけど、親友役の人(名前忘れた)なんかは何年も共に過ごしてるんだしもうちょい情が湧いてもいいもんだと思ったんだけどなあ。

初めて英語の授業で見せられた時は全然理解できなかったけど、見直してみたらすげー面白かった。

In case I don’t see ya, good afternoon, good evening, and good night!
Susie

Susieの感想・評価

3.2
いろんな設定に怖いわあ!ありえない!って悲鳴あげたけど、今の世の中を極端にしたらこんな感じかとも思ったり

プロデューサーの神感がはんぱない

個人的にトゥルーマンの親友のことを好きになれない。葛藤もみせてはいたように思うけど…

ジムキャリーの一人演技の場面とか、よかった

Good morning!
And in case I don't see you- good afternoon, good evening, and good night!

DVD night with friends :)
ゆうこ

ゆうこの感想・評価

3.3
自分がトゥルーマンだったら気が付いた時点で発狂しそう。
なんて悪趣味な番組なんだろう?

ジム・キャリーはコメディだけではないと思わせてくれる映画だった。
個人的には幸せになって欲しいけど、本編後彼はどうなったんだろう。
自分以外偽物の世界。小さい頃に考えたことあった。それをテレビショーという形で表現した脚本力がすごい。
まさに設定勝ち、あらすじ以上のことは特に起こらないけどラストも含めてまとまってる感じはある。
というより小さい頃の疑問とも想像とも言えぬ感覚を視覚的に体験できたのが面白かった。
やっと見れた…


やっぱりなんといっても設定がすごい!
誰しも一度は想像したことのある世界がそのまま再現されていた。

小さなことから違和感を覚え徐々に不安と焦りの多い行動に

その違和感の作り方もほんとにありそうな制作側のミスで本当にリアルだった…

最後の一言はなんとも言えない爽快感

とっても楽しかった!
Masashi

Masashiの感想・評価

4.0
設定され監視された人生
物語の題材がとても良くてすぐに入り込める
ここまで極端でなくても誰もが自分に置き換えられるし、それを狙っている
カメラワークもおもしろい
これはすごい!面白かった。最初つまらないけど、途中からえええーー??みたいな。そういう事だったのかと前半の理由も分かる。これは面白い。
>|