ブレードランナーの作品情報・感想・評価・動画配信

ブレードランナー1982年製作の映画)

Blade Runner

上映日:1982年07月03日

製作国:

上映時間:117分

ジャンル:

3.8

『ブレードランナー』に投稿された感想・評価

HERO3

HERO3の感想・評価

3.3
ブレードランナーといったらJホワイトのプロレス技しか出てこなかった。笑
お勧めされて鑑賞。SF嫌いでも興味深く観れた。レプリカントを作り出したのは人間なのに…常にこの気持ちが拭えず。
この世界観、初めて観た時はしびれた。ルトガー・ハウアー凄かった。
僕はリドリースコットは後期になればなるほど好きで、やっぱりブレードランナーもそこまでハマらない。全体的に「俺、こういうのやりたいんや!」ってのが強くて、ちょっと引いた!
 ワイは最初に見たハードボイルド風モノローグ版が好き 
 ロードショー公開時、田舎では興行が無くしかたなしに原作小説を読んだ所、デッカードは妻帯している冴えない男だし、人類の心が折れちゃってて新興宗教が非常に重要な存在になっていたりと、はっきりいって主題もデティールも全然違う別物だった思い出 (ちなみに原作タイトルの電気羊とは、動物を飼えない貧困層が見栄のために買う人造ロボット羊のことを表します)
 じゃあ、映画はつまんないの?といえば、原作の袋小路にはまって滅亡を待つしかない負け組み人類たちのどうしようもなさをばっさり捨てて、サイバーパンク風都市描写に全力を出し切った潔さ 
 リドリースコット&天才デザイナーシドミードにレジェンド特撮マン、ダグラストランブルによる奇跡のショット 未来のLAに強力わかもとの巨大ネオンを背景に疾走する飛行型ポリカーや、超巨大ビルのなんとかっこいいことか まさに選択と集中の勝利
 そして、ディック的にはありえないラブロマンス逃避行的要素も何故か成功してSFサスペンスアクションの傑作となった  
 ちなみに私がバイトしていた会社も五階建てビルの最上階に社長一族が住んでおりました 
む…難しかったー!!!
全体の雰囲気とかはとても好きなんだけど、娯楽映画に毒された身としてはかなり難解なストーリーに感じる。腑に落ちない描写が多くてモヤモヤモヤモヤ。
もう少し目が肥えたらまた見え方も変わってくるのかも!その時が楽しみ。
伝えたいこと伝わらず。バカですみません。世界観は好き。本当の2022はこうだぞ〜っていう謎マウントで終始観ることができた。
思っていたのとは違い想像以上にハード。常に夜のシーンかつ荒廃した場所が舞台なので画面も暗い。ザ・バットマンを見ているかのよう。
登場人物の話し方や間の取り方が冗長でアクションも無い前半は早く進んでくれ!!と思っていた。
人間の都合で作られ、死にゆく命に抗う
人造人間たち。可哀想かと思うかはその人次第。いつかこんな時代も来るのかな。
日本・中国要素は監督の趣味??
主人公がやられっぱなしだったのが個人的に残念。
A

Aの感想・評価

2.8
有名な映画ながら自分には合わないだろうと思って今まで避けてきたけど、アマプラ配信終了間近に観ることに。やっぱり難しかった…

2022 No.272
PaPiPuPi

PaPiPuPiの感想・評価

4.0
画が全部すてき
思ってたより
ヒューマンドラマっぽかったけど
そこがまたよかった。
2022-561

原作小説未読
物語で描かれている未来が、現実世界の過去だと昔の人が想像した近未来ってこんな感じだったんだなって考えると面白い
写真を拡大するシーンとかデータならまだしも、あのレベルの拡大はインクの点になるだけじゃんとか思ってしまう
>|

あなたにおすすめの記事