5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

夢の為に人の何倍も努力する主人公は応援したくなるし、親友となったマックスも良い奴で最高だった。
難関も努力と彼なりの工夫で突破していく様も良かった。

でも、正直自分には合わなかった。
ホテルマンではないが、飲食店で働く自分には、彼の判断で許せないところがあり、そこから心が離れてしまった。

サービス業の人には合わないかもしれない。
Naoya

Naoyaの感想・評価

2.7
先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、夢を叶えるため、一流ホテルで見習いを始めるヒューマンドラマ作。視覚障がいを持ちながら、一心不乱に夢を実現するために奮闘する姿は素晴らしい。障がいがありながらも、物語としては比較的コミカルに描かれており、主人公の彼を陰ながら支える周囲の人たちの雰囲気も良い。映画としての展開の出来過ぎ感、上手く行き過ぎな点はあるが、夢に向かって、幸せに向かって、苦しみもがきながらも成長していくサクセスストーリーは素敵に映ります。彼自身だけでなく、周囲の人々の善意で支え、支える人々の成長していく姿もあり、全体的に温かみのある雰囲気はヒューマンドラマとして心震わせる。誰もが主人公を応援したくなり、また、重ねるように自分自身も応援し、これからも頑張ろうと決起させる魅力がある。形のない〝幸福〟が表現され、体現させられている、素敵なドラマ作品。
障害者の人生は、
《本人の努力》×《周囲の理解・サポート》
だと思う。足すのではなく掛け合わせるのが重要!
それがうまく表現できている作品だぁ〜(^^)
先天性の疾患なのに、後天的に影響出たんだね~
いきなり-95%の視界とかムリっ!!

しかも、その5%の視界もクリアなわけじゃないんだよ…。
何をもって5%なのか、本当に5%なのか、
今見えてる5%は明日も同じように見える5%なのか、、、
夢の中みたいな視界で、目を凝らしたからと言って少しでも見えるものが増えるわけでもなく。

見えないことを表現されたものを見るのは、しんどいし怖い( ノД`)
「光」(2017. 河瀬直美監督)の時も書いた気がするけど、
ほんの少しでも見えるというのは、まったく見えないより辛いんじゃないかな。
見えない現実を見ながら生活するのは、体力的にも精神的にもしんどいよ(;ω;)

でもねー
比べるもんじゃないけど
「光」に比べると映画として見やすい作品。
ドラマ性もあるし、客観的視点もある。
スタイリッシュだし、他の登場人物もそれぞれに魅力的で。
主人公は視覚障がい者だったけど、他人事じゃなく観れる作品じゃないかな。
諦めずにひたむきに頑張れば明日は拓ける☆って作品だよねー。





最後のダンスに誘われた時に「足を踏むよ」と遠慮したあと
彼女の「私の目が2つあるから十分よ」という台詞が良かったです(*´ω`*)
ももも

もももの感想・評価

3.7
サリーの周りの人がみんなすごい良い人だった。社会人になってもあんな仲間と出会えるの素敵だなって思えるスーパーサクセスストーリー
NY

NYの感想・評価

4.0
サリーの努力も計り知れないけど
周りの人も諦めなかったから
できた事かなと思う。
なかなかここまで人の事
サポートできない。
かなりパワーもらえた。
1号

1号の感想・評価

3.8
いい映画。
臨場感にハラハラしっぱなしだった。目がほとんど見えないということを、理屈ではこれほど理解できない。貴重な追体験の機会になった。
現実は甘いはずもないけれど、人はハートだと思わせる登場人物たちも良かった。特に主人公の目となり親友となった不良の彼。男子っていいなと思った!
陳腐な邦題がイマイチ。
たみ

たみの感想・評価

4.0
ほとんど物が判別できない視界とか、音に凄く敏感になって食器の音にすらびびる感じとか擬似体感できるつくりがよかった。これは映画館で見るべき

サリヤは天才的に頭が良くてビックリした。でもやはり視覚障害を隠すことでどんどん追い込まれて、家族にも問題が起きて、ボロボロになっていく様は本当に泣けてしまった。
不真面目チャラ男同僚マックスの存在がとても良くて、凄い暗いシーンでも…救われるよ〜

あと音楽よかった
いで

いでの感想・評価

3.0
初めの認識が間違ってたのかな?
てっきり主人公は5つ星のホテルで働きたくて、弱視を隠してそのホテルで働くための研修を受けてると思ってた。でもラストを見ると違ってたのかな。入社試験?の時の志望動機は理由は分からないけど、変わったのかな。

まず主人公の能力が高い(もの凄い努力ができる事も含めて)。さらにその上で姉と同僚からのハンパないサポートがあるので今ひとつ苦労が伝わってこなかった。

一応追い詰められるし、そのために幾つかやらかすんだけど、それも結構あっさりクリアする。そして多分謝罪や反省はなかったと思う。特に予告編にもある結婚式でのやらかしは、その人にとって大切な人生の記念日を自分の身勝手で台なしにしたのに、その事に対する落とし前を何もつけてない。お客さんにあれだけの迷惑をかけた事をうやむやにして自分だけ先に進むのには納得がいかない。

追い詰められていく過程もそうだけど、だんだん主人公が身勝手な人に見えてきてノレなくなってしまった。厳しい上司を含めてなぜみんながあれ程までに彼に優しいのだろうか。正直なところそこまでの魅力は感じなかった。ハンディキャップで大変なのは理解できるし、その部分をみんながバックアップするのは大切な事だと思うけど、だからといってそれで全てが許されるような作りは逆差別じゃないかな。
30

30の感想・評価

4.9
今の自分のタイミングで観たからか、ドンピシャで心に響いた。人生の教訓映画にしよう。

社会は生き辛いって思うこともあるけど、
生き辛いかどうかは自分次第。
自分にとっての現実を選ぶのも自分次第。
ハンデを好転させるのも自分次第。
諦めずに夢を叶えるのも自分次第。
良い人生にするのも自分次第。

この世の中は自分次第でなんとでも幸福になれる。
そう思わせてくれた爽快感ある映画でした!

サリーのガッツあって誰よりも努力家で熱心なところ、人生の目標にしたいくらいの性格。
まず出会い頭のマックスを敵対せず助けたところで人としての器が違うわ、と。
障がいのせいにせず、障がいをねたまず、常に前を向いてる気持ちの良いまっすぐな青年。

サリーはみんなに助けられてるけど、マックスはじめ周りのみんなを助けてる。
人は助け合って生きてくのだと再確認。自分の周りにいてくれる人を大切にせねば。

『ぼやけた明日が、輝き出す。』
なんて素敵なキャッチコピー!!!
>|