5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価・動画配信

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

目の病気で視力の95%を失った男性が夢だったホテルマンになるべく、障害の事を隠して研修に挑む。
実話に基づく話。

これはすごい。

ほとんど視力が無くてホテルのありとあらゆる仕事をこなせるものか?
た

たの感想・評価

3.6
実話ベースで主人公の努力する姿に心打たれるのだけど、周りの人達が良い人親切過ぎて涙で前が5%しかみえない
観てて応援したくなるっ‼︎
重たくないし終始笑えて見やすいっ
周りの人達があったかくていいなぁ

実話がもとなのまたがいいっ◎
さうる

さうるの感想・評価

4.2
視力をほぼ失った主人公が夢を叶える為奮闘する
本人の努力も並大抵な事では無いし、目が見えない事をカバーする程の突き抜けた頭脳もある


友達や周りの人のサポートも
本人も凄いけど
周囲の人間も素晴らしい
引き寄せ力というか
努力だけでどうこうなるもんじゃないなと
ポ

ポの感想・評価

3.0
ルーぺ

自分も視力悪い方で0.1にも満たない。メガネ生活を長い間続けてきたし起きてすぐ広がる景色が明瞭なことは小学生の途中からなくなった。だからこそ視力を扱う本作はきっと刺さるだろうと思いながら温めておいた。

結果刺さらず😢
障がいを抱えながらそれでも挫けずに努力し苦悩する様子は応援したくなったし琴線に軽い接触はしたはした。

ただ同情とフラストレーションが圧倒的に上回ってしまった、、
盲目の画家が絵を描く。首から下が動かせない人が舌でそろばんを弾く。それは全然いいと思う。自分で完結してるし誰にも迷惑はかけることもない。
ただホテルを代表してる身な以上サービスに問題があればホテルの信用に関わる点、気持ちはわかるけど頑なに隠す点、結果他人の安全が損なわれてる点で見ていられなかった、、
高齢者が周囲の反対を押し切って車を運転するのに近いものを感じてしまった、、

周囲にいい人が多くてそれはほっこりした。

主人公誰かに似てると思ったらスペイン代表のFWロドリゴ。
うめ

うめの感想・評価

5.0
突然視力が常人の5パーセントになってしまったサリー。それでも五つ星ホテルで働くことを諦めない彼の取った行動は……。
視力が弱いことを隠して研修を受けることだった。
友人になるマックス達同僚や関わる人たちが素敵。
障害を持って奮闘する様を、私たちはハラハラと観ている。これは映画の中の、支配人や監督官の目線でもあったように思う。
障害を持った人の努力の物語でもあるけれど、できることをやりお互い支え合おうという周りの人達の、温かな覚悟が芽生えていく物語でもありました。
あだも

あだもの感想・評価

4.5
邦題のサブタイトルに不安を感じたけど、内容はとても良かった
評価の高さにも納得でした

サリーとマックスの友情が素敵
視覚障害のあるサリーにマックスが手助けをするんだけど、気遣いがさりげないというか、粋なんだよね
重苦しくないテーマで心温まるストーリー

移民問題を取り扱っているのもドイツらしい
人に勧めたい映画
弱視であることを隠しながら一流ホテルで働く青年の実話に基づくお話。

どこまでが実話でどこまでが脚色されたところなのかはわからないにしろ、急激に視力が衰え病院へ行くと先天的な障害があったと宣告される。


ぼんやりとしか見えなくなった主人公は幼い頃からの夢であったホテルマンを障害のせいで諦めたくないと面接を受ける。

私自身も0.03ほどの視力しかないので主人公の視点を表現したボンヤリシーンはわかりみしかなかった。

父親からの愛には恵まれなかったものの、心配しながらも背中を押す妹や友達にも恵まれていたが、何より面接時のあのプレゼン力。本人の(下世話だけど)情熱があってこそだと思う。あんなこと言われたら私もグッと来る。あれは受かる。


働き始めてからのスリルが半端ない。もうバレるんじゃないかって言うハラハラドキドキが止まらない。下手なアクション映画よりヒヤヒヤした。

可哀想な障害者として描き感動必須!と謳う作品ではなくあくまでも1人の青年のドタバタ就職劇のような作りになっていてすごく面白かった。


余談だけどサントラがかっこよくてアマゾンプライムのアンリミテッドに加入してしまった笑笑
「やっぱり無理なんだ」
「1人だったらな」

障害がテーマでもコメディタッチで御涙頂戴が無いので見やすい作品。
多少の脚色はあれど物語の大筋は実話らしい。ただ、主人公の友人は良い奴過ぎて実在してた人物だったのか気になる。

キャッチフレーズの「ボヤけた明日が輝き出す」にはセンス感じた。放題の方は、正直長いサブタイトルが敬遠させる気がする。
こういうタイトルの作品は涙の押し付けがましくて冷めるものが多いと勝手に思ってる。

でも今作は、観てみると最高にハートフルで良い映画。これは良い。
あずき

あずきの感想・評価

3.8
本人の努力がすごいのは、もちろんのことサリヤをみんなでサポートしているのがすごい感動だった。
>|

あなたにおすすめの記事