5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.9

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

同僚いい人すぎ!
最初からずっといい奴!偽善や同情じゃなくてちゃっかり自分の利益も取りながらとことん付き合ってくれる感じすごい好きだわ笑笑
お互いにメリットあるから気を使わなくていいし対等なのがやっぱいいのかなー

何度もサリヤの視野目線があるけど自分なら普通の生活もできない気がした!生まれた時からで訓練や長年生活していればまだ慣れることもあるだろうけど20くらいでいきなりは受け入れる自信がない、、、
それでも前向きに夢に突き進むサリヤが本当にすごい!


ラストの終わり方も素敵だったなー
実話ってすごい!
ダンケシェン!!

実話ベースということに驚きです。

観る前から自分のツボの映画だなと思っていましたが期待通りの作品でした。

障害者だからとか健常者だからとかそんなことじゃなくて、描いた夢への想いの強さに向かって突き進む主人公に心を打たれました。
Jin

Jinの感想・評価

3.8
“僕は1人ではなにもでにきない男です。でも夢を諦めません”


ドイツ人の母とスリランカ人の父を持つ、聡明で家族想いな青年が、突然病気で95%の視力を失う。夢を諦めず、障がいを隠してホテルマンになることを目指す物語。

実際にモデルがいるらしい。

筋は分かりやすいし、面白かった。
キャラクターもそれぞれ個性的かつ良い人が多くて温かい。

「5%の世界」や「ドラッグ服用時の世界」など、視覚効果や音楽が効果的で飽きない。ところどころに挟まるクラブミュージックもかっこよかった。

また、移民大国ドイツの現状をしっかり反映して、いろんな国の人が出てきたのも今っぽくてよかった。

弱視の人々の本当の苦労は分からないけれど、この映画には希望があふれていて感動した。
こりな

こりなの感想・評価

4.0
マックスが意外と良い奴😂あのキャラ好き😂(笑)
これが実話ベースってのがすごいと思う!!!

ずっとハラハラして観てたけど 色々よかった~😂
えひ

えひの感想・評価

4.0
物語:0.8
演技:0.8
音楽:0.8
映像:0.8
美術:0.8
WAKO

WAKOの感想・評価

-
もちろん本人の努力できる性格が凄いのだけど、なにより人との出会い運が最強。
その出会える運も彼の人間性あってのものって思えるほどに愛されるべき人間だった。
難関を乗り越えてのサクセスストーリーよりも、人を助け人に助けられる、最高のヒューマンドラマでした。
yk

ykの感想・評価

3.4
眼鏡でどうにかなるレベルじゃないのか大変だ
なんか可愛らしくてみんな良い人でほっこり
網膜剥離により通常の視力の5%しか見えない主人公が強い願いによる夢を叶えたいがために高級ホテルにて奮闘する実話を基にしたストーリー。

初めは本当に実話なのかよってぐらい上手くいきすぎてるように思いましたが、中盤過ぎに起こるどん底に落ちるシーンは見てられないほど心がキュッと締め付けられました。
彼女に恋に落ちるくだりは必要だったのか否か…
必要だったにしてもそれほど重要な人物には思えません。
それより友人の親友っぷりはめちゃくちゃ良かったです。この友人がヒロインと言っても過言ではなかったでしょう(笑)
あ

あの感想・評価

3.5
実話なのが凄いですが、そこを加味せず視聴するとぶっちゃけそこまでではないです
※本作は実話ベースです。

95%の視力を失いながら「5つ星ホテルで働きたい」という夢のために大芝居を打った学生の実話を「白バラの祈り ゾフィー・ショル、最期の日々」のマルク・ローテムント監督により映画化☆

先天性の病気により95%の視覚を失ってしまったサリー。

5つ星ホテルで働くという夢を実現させたいサリーは無謀にも目が見えないことを隠して一流ホテルで見習いをスタートすることに成功。

周囲からの助けも借りながら持ち前の明るさと機転を利かせサリーは次々とホテルの研修課題をクリアしていくが。。。

現実はそんなに甘くはないと分かっているし上手くいきすぎなとこもあるけど次から次へと起こるハプニングはシリアスどころかついつい笑ってしまう😂

さすがに階段のシーンは笑えなかったけど持ち前のプラス思考と人柄であらゆる事を乗り越えていくサリー。

サリーも素敵だったけど周りの人達も素敵な人ばかりで、これもサリーの人柄にもよるんだろうなと思えたくらい。

目が見えない事をネガティブに捉えるのではなくポジティブに捉えている所も良かった。

普段当たり前に出来ている事が実は当たり前ではなかったり。。。
色々感謝しなきゃいけないなと思わされる映画でした。

そして色んな方に観て頂きたい映画ではありますが特に普段笑いが足りていないと感じる方にオススメ!笑
>|