5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生の作品情報・感想・評価

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生2017年製作の映画)

Mein Blind Date mit dem Leben/My Blind Date with Life

上映日:2018年01月13日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.9

あらすじ

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶…

先天性の病気で95%の視覚を失った青年が、「5つ星ホテルで働きたい!」という夢を叶えるために一世一代の“大芝居”を打つ!なんと目が見えないということを隠して、一流ホテルで見習いを始めるのだ。持ち前の明るさと機転を利かせ、周囲からの助けも借りながら、ホテルの研修課題を次々とクリアしていく。ところが、ある女性との出会いにより、完璧だった偽装計画が徐々に綻び始めてしまう。果たして、無謀とも呼べる夢は叶うのか、そして恋の行方はー?本作は驚くべきことに、10代の時にほぼ全盲に近くなってしまった将来有望な学生サリヤ・カハヴァッテの実話に基づく物語。

「5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生」に投稿された感想・評価

じえり

じえりの感想・評価

3.0
私の目がふたつあるわ
それで充分

まわりの人達がいい人でよかった
眼鏡やコンタクトしたらちょっとでも視力改善されるんじゃないのか?と思ったけど…
それくらいじゃ追いつかない病気なのでしょうか?
みなみ

みなみの感想・評価

3.4
映画だと結局上手くいってるけど、実際はこんなに上手くいかなかっただろうなぁと思う。すんなり試験を受けさせてもらえたことに違和感だし、あんなにいい人ばかりの職場あるのかな。誰にでも夢を見る資格はあるけど、素晴らしい人に囲まれる運と人望が必要だと思った。それは障害を持っている人だけでなく、どんな人にも。
ogi

ogiの感想・評価

4.0
アメリカ映画以外では久々に良い作品でした。逆に言えばアメリカ映画として撮ったらもっと感動するのかも知れません。
BGMの選択や全体的な雰囲気はやはりちょっと違う感覚を覚えます。
でも、映画として盛ってるところはあるんでしょうけど、モデルとなった人の努力と勇気に多くの拍手を送りたいです‼️
全体的にはとても良かったです。主人公をただただ応援しながら観てました^ ^
kaatsuu

kaatsuuの感想・評価

4.2
友情と、愛情と、、、
とにかく頑張ろって思える映画


5%だって出来る、諦めなければ。



親友がほんといい味出してる
ふうこ

ふうこの感想・評価

4.5
無理だと思ってることも諦めなければ叶うのかなって思わせてくれる映画。無理だと決めつけてしまってるからできないことになってるのかも。。でも難しいと思うことをやる勇気がなかなかもてないから難しいんだよね。
やっほ

やっほの感想・評価

4.0
夢を応援したい…
でも見えてもいないのに…
映し出される5%そのままだとしたら…
嘘をついてまでの独りよがりの思いの押しつけで“本当の夢”が叶うだろうか…
小さな嘘ではない
信頼を損なう裏切り行為だ
そんなふうに客観視する思いと…
応援して心配してハラハラする思いとが続いていく…
スライスして…探せなくて…式を台無しにして…自分だけの問題ではないのだ
何故気づかないのか…何故単純に夢を応援できるのか…
実際こんなにも明快ではなかったことだろう…
どんな風に理解し合っていくのか…もう少し明解に知りたかった
号泣するとかじゃない、だけど、切なくて泣きたくなる映画
友情と愛情と。周りに恵まれるのはその人柄ゆえだと思うな。
まっすぐでひたむきで不器用。
クスリはダメ、絶対。
Riho

Rihoの感想・評価

3.9
努力の賜物!!!!
きっと実話はこんな上手くはいかなかったんじゃないかなって思いながら観てた

プラダを着た悪魔大好きなんだけど、どんどん仕事できるようになってるのが似てて、見てて楽しかった!


そして最後の運転免許のくだりワロタ
主人公に訪れる「突然の悲劇」

通常の人と比べて5%しか目が見えなくなる。
というか5%云々の問題ではありませんでした
全く目が見えないと言ってイイんじゃない?
5%なんてのは無視してイイみたいです……
そんなものは医学的な数値だから。

実際にあった話の映画化なのに、
こんなポシティブな描き方でイイのかな?
途中までは、そう思いながら鑑賞してました。
しかし物語が進むにつれガラリと印象が変る、
そのポシティブさが逆に心地好くなってくる💖

邦画が誇る!お涙ちょうだい難病感動ポ🙆ノ映画の怪作「♨🙆🙆🙆🙆🙆🙆🔥🙆💖」とは違って難病を軽快なリズムで描いていた良作でした💖
なな

ななの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

あらゆる努力を駆使してハンディキャップを隠していく手法は見事だしその方法を主人公が見つけて行くのが楽しい
欲を言えば主人公には外道は行って欲しくなかったし、お母さんは家庭の事情は修了試験まで伏せて欲しかったし、ラウラの心が戻ってくるのが唐突すぎたし
何より父親が最低。
さらっと描写されたけど、え?ど畜生じゃないですか。
あの最初らへんの描写は…最後頑張ったねって言ってくれるポジションじゃないんかーーい。
しかしそれを埋めて有り余るほど親友と妹が良い子すぎ。
>|