ロスト・エモーションの作品情報・感想・評価

ロスト・エモーション2015年製作の映画)

Equals

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:102分

3.4

あらすじ

人類史上最大の世界戦争によって地球の陸地の99.6%が破壊された近未来。破壊を免れた土地に生き残った者たちは「人類を滅亡させる最たる原因は感情だ」という考えのもと、人類が平和的に生き残れるよう遺伝子操作を施した感情のない人間の共同体<イコールズ>をつくった。そこで暮らす全ての人間は管理され保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望などの感情を“発症”してしまった者は「欠陥者」と見なされ、DENと呼ば…

人類史上最大の世界戦争によって地球の陸地の99.6%が破壊された近未来。破壊を免れた土地に生き残った者たちは「人類を滅亡させる最たる原因は感情だ」という考えのもと、人類が平和的に生き残れるよう遺伝子操作を施した感情のない人間の共同体<イコールズ>をつくった。そこで暮らす全ての人間は管理され保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望などの感情を“発症”してしまった者は「欠陥者」と見なされ、DENと呼ばれる隔離施設へ強制的に送られて安楽死させられる。感情を“発症”してしまったサイラス(ニコラス・ホルト)とニア(クリステン・スチュワート)は、外の世界へ脱出することを決意するが…

「ロスト・エモーション」に投稿された感想・評価

k155

k155の感想・評価

3.0
リベリオン的な。
個性、感情を奪われた社会。
んー、普通かな
chaooon

chaooonの感想・評価

4.0
これ好きだわ…♡遺伝子操作で感情を抑圧されたディストピアで出会う2人の男女の静かに美しいSFラブストーリー

全体的に白基調の世界。無機質で近未来的な建築や、シンプルな衣装やインテリアもかっこいい!日本のロケがメインと聞いて驚き!安藤忠雄さんの建築、MOA美術館なども出ている!こんな素晴らしい画面造りに日本人が関わっていると知るとなんか嬉しいですね♪

少しずつ芽生えて来る感情にお互い戸惑いながらも、少しずつ距離を縮めて、ぎこちない触れ合いを重ねていく感じがもどかしい!

主役のニコラス・ホルトとクリステン・スチュワートの造形美!微細な感情や表情の動きを見せる構図が多くて、かなりクローズな描写が多かったけど、2人とも美しかった!瞳が特に!ピンポイントな焦点合わせで、ボヤッとした映像もキレイだったなぁ。

最後は希望が指す感じだったけど、やや肩透かし感。もうちょっと…もうちょっとだけ展開が欲しかった…!
Aya

Ayaの感想・評価

3.3
滅亡の危機に陥った人類が遺伝子操作で感情を制御、恋愛禁止、生殖もすべて管理される世界のおはなし
人間本来の感情を発症ってゆうか取り戻したふたりが、恋愛関係になる絵とても綺麗だったなあ(美男美女だから)
人生を彩るものは感情だなって気づかされる
でもクリステンスチュワート髪の毛汚くない?シャンプーしてないん?わざとオイリーセットなの?そこばっかり気になってしまったww
感情がないこと、凪なことを善とする世界と、主演二人のビジュアルが非常にマッチ。
ロミオとジュリエット meets SF
R

Rの感想・評価

1.4

このレビューはネタバレを含みます

感情を持って生きることのつらさを考えさせられる話。
人助しようとして捕まる人たちがいて、もうそんなシーン見せられたら「感情とは…」と暗くなってしまった。

最後はひねりなしかぁ。
映画の雰囲気(建物、白で統一された世界観)は好きだけど、最後が気に入らない(笑)
Yudai

Yudaiの感想・評価

3.5
美しい作品ですね。
正直期待せずに観たので満足度が高かったです。

白を基調とした建築物やインテリア、装飾、そしてシンプルで無駄のない世界が人間から感情を排除する。
でも、無感情な人間は人間じゃないって感じますね。

よく感情を抑えてって言うけど、抑制しようとすればするほどウイルスみたいに増殖していく。
大事なことは人と違う感情を認めて理解し合うこと。
感情だけではないけどそんなことをふと思う作品でした。
トム

トムの感想・評価

4.0
ドゥニヴィルヌーヴ好きの方ならこの映画も好きかもしれないです、たぶん。

被写界深度がとにかく浅い。
多用するとこんな感じの映画になるのですね、勉強になりました。

他人と比べ異常だと分かっていても、それが何なのか世の中ではっきりと認識されていなければ、人間はこんなに追い込まれてしまう弱い存在なのだと、考えさせられる映画です。
LGBTやら民族問題やら宗教やら、通ずるところがあります。
真実だと思っていたことが嘘であったと認めることはとても大変なことです。
またその逆も然り。
anya

anyaの感想・評価

3.7
感情を抱くことが病だとされる世界を舞台にしたSFラブストーリー。映像がシンプルで、シルエットで人物を映したり、色も美しい。美しい作品。
KiKiKi

KiKiKiの感想・評価

3.8
感情のない世界は無機質で味気ない。
世界を彩っていたのが感情だと気付かされた
y

yの感想・評価

2.9

このレビューはネタバレを含みます

最初は無駄のない白で統一されたインテリアも、やり過ぎない近未来的な機能も、戦争で地球のほぼ全ての陸地を失ったことから感情があるのは異常であるという世界観も面白いし好きだったのだけれど後半になるにつれて何故か何かに嫌悪感が..

最後は手助けをしてくれた人たちは感情を薬で奪われたけれど、主人公サイラスと彼女ニアだけは救われた終わり方。サイラスもニアが死んでしまったと思い薬を投与してしまったのだけれど、半島へと逃げる電車の中で手を握るなど感情が戻ってきた兆しが描かれていました。

映像も綺麗だし、世界観も納得、俳優さんも素敵。好きが揃っているのに何で好きになれないんだろう?

出勤風景に少し“サカサマのパテマ”を思い出します( ´◡` ).*
>|