ロスト・エモーションの作品情報・感想・評価

ロスト・エモーション2015年製作の映画)

Equals

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:102分

3.4

あらすじ

人類史上最大の世界戦争によって地球の陸地の99.6%が破壊された近未来。破壊を免れた土地に生き残った者たちは「人類を滅亡させる最たる原因は感情だ」という考えのもと、人類が平和的に生き残れるよう遺伝子操作を施した感情のない人間の共同体<イコールズ>をつくった。そこで暮らす全ての人間は管理され保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望などの感情を“発症”してしまった者は「欠陥者」と見なされ、DENと呼ば…

人類史上最大の世界戦争によって地球の陸地の99.6%が破壊された近未来。破壊を免れた土地に生き残った者たちは「人類を滅亡させる最たる原因は感情だ」という考えのもと、人類が平和的に生き残れるよう遺伝子操作を施した感情のない人間の共同体<イコールズ>をつくった。そこで暮らす全ての人間は管理され保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望などの感情を“発症”してしまった者は「欠陥者」と見なされ、DENと呼ばれる隔離施設へ強制的に送られて安楽死させられる。感情を“発症”してしまったサイラス(ニコラス・ホルト)とニア(クリステン・スチュワート)は、外の世界へ脱出することを決意するが…

「ロスト・エモーション」に投稿された感想・評価

bell

bellの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

視聴記録

静かで美しいラブストーリー
遺伝子操作によって感情を持たない人間が住む未来の世界
感情が発症してしまう欠陥者たち
芽生えた感情によって愛を知る2人の男女
少しずつ感情に芽生えていく描写が良かった
2人が初めて触れ合うシーン、凄くリアルで後半のラブシーンよりも濃密で生っぽかった
あの混ざり合う緊張感と高揚感が堪らなく良いです

感情がなければと思うこともあるけど、それでもやっぱり感情を持っていたいと思う
プラスの感情はもちろん、マイナスの感情も人として自分として生きていくためには必要なものなのだ

安藤忠雄の建築物をはじめとして、ほぼ全編日本で撮影されたそうで驚いた
白の無機質な世界観と建築物が見事にマッチしていてとても美しかった
ロケ地巡りしたくなります
茉実

茉実の感想・評価

3.0
好みの映画ではないけど、評価高いことには納得。凝った建築にシンプルな服、髪型、メイクが良かった。実際にセリフは少ないけど、セリフが聞こえてくるような感じ。
GUMI

GUMIの感想・評価

4.5
すごく繊細な演技で、映像も美しいくて、内容も、、とても好きな映画だ
megu

meguの感想・評価

3.0
退屈するかと思いきや意外と好きな映画でした。
映像が綺麗で静かな映画。
少しずつ少しずつ感情が芽生えだす2人に
負けるな〜〜!って静かに応援してました。笑
主人公2人が綺麗なカップル。
惹かれ合う2人は、エロスよりも
美しさが際立ちました。
ラスト、もう少し見たかったな。

このレビューはネタバレを含みます

自分用記録。

「この感情があるせいで辛い」と思うことは世の中結構あるけど、実際に感情がないのが普通な世界は現実以上に辛いのかもしれないと思った。

感情を持たない人間が健常な世界。
感情を持ったら病気とされ薬物療法や、最後は施設に入れられ自殺したくなるような環境下に置かれるっぽい。
サイレスは感情を持ってしまい診察受けて薬を飲んでいく。
サイレスが気になったニアは実は1年以上前から感染。
互いに愛という感情を持ち始め、トイレで密かに交流をする。
しかし上司にバレてしまい、距離を置いた。
だがそれは互いに余計に相手を想ってしまい、ニアがサイレスの部屋に訪れ、関係を持つまでに発展。
その間、感染を完治させる薬が発明された。
隠れて感染者同士で意見交換する場で、外の世界へ逃げると報告。でないとこの感情を二度と感じなくなってしまうから。
仲間も手伝ってくれることに。
その矢先、ニアが妊娠してしまっていた。
このままでは外の世界へ逃げられなくなることから、仲間達は隠れて逃がすように手配してくれたが、その仲間達は見つかってしまい、投薬された。
サイレスには、ニアが死んだと告げられる。そして投薬治療を受けてしまった。
仲間達のおかけで外の世界へ出れるようになったがサイレスだけは感情がなくなってしまったかのようにみえたが…?というとこで終わった。
そのあとどうなったのだろうといろんな想像が。

セットが無機質だらけだったり、人々の動きも無機質ですごかった。
喜怒哀楽。感情を抑え込まれた人たちが作る創作物なんて面白いのかな? ってか、それを見たり聞いたり読んだりする人たちも何も感じないのでは???

世界中のほとんどの陸地が失われた世界。残された陸地は2つ。ひとつは感情全てが抑え込まれた世界。喜怒哀楽はなく、恋愛も禁止。ただし、押さえ込んだハズの感情が再び出てきてしまうことがある。
その世界ではそれを¨病¨ と呼び、レベルが上がるとやがて安楽死させられる。

そしてもうひとつの世界はそんな感情を抑えられた彼らが野蛮な場所と呼ぶ、おそらく¨普通¨の人間たちが住むところ。

感情を失った生活を送っているサイラス。彼は出版部でイラストを描く仕事をしている。ある日、同じ出版部にいる女性にニアに興味を持ってる自分に気づく。

この感情はなんだ?

不安になり、医療機関に出向くサイラス。彼は¨病¨に冒されていた。。。

ってお話。

喜怒哀楽のない世界は、全体が白で統一され、清潔で美しい。が、人はやっぱりある種の汚れがないと生きられない。

感情が芽生えた人間は、感情がない世界をどう生きていくのか。

見事なラストは歓びなのか、哀しみなのか。

しかし、この地域のシステムや施設、建物はどうやって作られたんだろう? 謎だ。
S

Sの感想・評価

3.3
近未来SFラブストーリー。

2人が美しい。
好きな人には好きを伝えた方がいいって。
感情が無くなるって怖いですね。
この世界の人達は、ご飯を食べても『美味しい』と感じられないんでしょ。

好きな部類の作品でしたが、最後もっとスッキリしたかった。
天羽

天羽の感想・評価

4.0
こんな素敵な映画みたの久しぶり!
カメラワークのこだわりが凄いし映り込む全てが美しい…
自分に感情が現れ始めたあたりからカメラワークが不安定になったり…
映画のポスターにもすごく惹かれた!
終わり方もこれからを想像してドキドキする感じ
tsuyo

tsuyoの感想・評価

2.5
迫力にはかけますが、きっと作り手は、無機質な未来の中から再度感情が生まれて、、みたい作りにしたかったんやろなー、思いました。
最後まで見れるか心配になりましたが、、、
優しい気持ちになりますね。キレイな映画です。
チュン

チュンの感想・評価

3.7

未来版、ロミオとジュリエット。
感情を押さえ込むようになった世界のなかで、感情が芽生えていく2人の話。
感情が芽生えたら殺されてしまう。
ひとりの時はなんとか感情が芽生えても隠せ通せた。でも、恋してしまったらもう1日だって我慢ができなくなる、その描き方が上手かった。
こんなんなってしまったら何が楽しくて生きてくんだろう。よほどツライことがあったのかなこの世界を作った人は。
最近涙もろくて困る、観る映画観る映画泣いてしまう。
>|