ロスト・エモーションの作品情報・感想・評価

ロスト・エモーション2015年製作の映画)

Equals

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:102分

3.4

あらすじ

人類史上最大の世界戦争によって地球の陸地の99.6%が破壊された近未来。破壊を免れた土地に生き残った者たちは「人類を滅亡させる最たる原因は感情だ」という考えのもと、人類が平和的に生き残れるよう遺伝子操作を施した感情のない人間の共同体<イコールズ>をつくった。そこで暮らす全ての人間は管理され保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望などの感情を“発症”してしまった者は「欠陥者」と見なされ、DENと呼ば…

人類史上最大の世界戦争によって地球の陸地の99.6%が破壊された近未来。破壊を免れた土地に生き残った者たちは「人類を滅亡させる最たる原因は感情だ」という考えのもと、人類が平和的に生き残れるよう遺伝子操作を施した感情のない人間の共同体<イコールズ>をつくった。そこで暮らす全ての人間は管理され保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望などの感情を“発症”してしまった者は「欠陥者」と見なされ、DENと呼ばれる隔離施設へ強制的に送られて安楽死させられる。感情を“発症”してしまったサイラス(ニコラス・ホルト)とニア(クリステン・スチュワート)は、外の世界へ脱出することを決意するが…

「ロスト・エモーション」に投稿された感想・評価

かつ

かつの感想・評価

3.0
感情を抱いてはいけない世界って絶対、やっていけん。
自分の存在価値ってなんやろ?ってバカバカしくなる。

正直、ニコラス・ホルトと
クリステン・スチュワートでも
見るのしんどいわ…。
もし人間に感情がなければ?争い事は起きず安全で秩序ある生活になる。

しかしそれは退屈で機械的であり、思いや考えも自由がなく人間らしさは失われる。

そういえばこの映画は退屈だった。
kubohiro

kubohiroの感想・評価

4.7
既存の物語に捉われない感情を0にしてからの出発点。
だからこそ、この設定から芽生える感情にはとてつもない揺らぎを感じてしまう。

その感情にこそ趣があると普遍的なテーマを微細な表情を豊かに用いて、ニコラス・ホルトとクリステン・ステュワートが鮮演しきっている。

画に映える色合いもまた分かりやすく配分され、淡い青から暖かみのある朱で冴え渡らせる。


悲哀で壮麗な儚いラブファンタジーでした。
lalala

lalalaの感想・評価

2.8

このレビューはネタバレを含みます

途中のロミジュリ的な展開でそのままかと思ったら人格的死を選んだことが新しさだなと感じた。
エンディングが、それで良いのか?となった。
この後感情は湧くのだろーか。
mako26

mako26の感想・評価

3.1
近未来ディストピアSF。
建物も服装も、無機質な白い世界が美しい。

世界大戦後の近未来。自我や欲望があるから争い戦争が起こるとされ、感情を持つことが悪である社会。
自己を取り戻した者は、危険分子として【共同体】から抹消される。

ディストピア物は好きです。
でも全体的に少し物足りない感じ。
ブレードランナーやガタカを超えるディストピアSFではなかったかな(•ө•)
近代建築をロケして近未来ディストピアの世界観を構築したのは面白い着眼点だけど室内の照明と室外の太陽光のバランスの悪さが自主制作っぽいチープ感を煽っていて、設定も名作をちょこっと捻った感じでツッコミどころはあるしカタルシスもなさそうなストーリーなので全体的に低予算B級臭がプンプンするんだけど、そこらへんは全部オマケなだけで重要ではないという潔さがB級に留めてない突出した印象を受ける。

今作のメインディッシュはクリステン・スチュアートの名演とそれを支えるニコラス・ホルトの存在感なので、「カメラも近過ぎるマジで」なドアップの連続だったり「エモーショナル過ぎマジで」な手ブレカメラの多用は、背景とかドラマ撮るよりこの2人撮っていた方が画面が面白いし魅力になるし、これはもう仕方がないんだと理解できる。

人間と感情は存在意義として切り離せないという主題に、男女の欲情と愛を絡めてフランス映画のような切り口で情熱的に描いているのはとても面白い。
それには手法がSF映画ならば演出で語るより役者の演技で語る方が伝わるし、出しゃばらずそれに徹した姿勢はとても良い。
クリステン・スチュアートいい女優だわ〜
aya

ayaの感想・評価

4.7

このレビューはネタバレを含みます

感情が病気であり、異常なものだと言う世界は見ていて最初は心苦しかった。
主人公が徐々に一人の女性に対して興味を持ち感情を取り戻していく微妙な変化が美しく細かく素晴らしかった。ラストは色々な解釈ができるかなと思った。
yumiko

yumikoの感想・評価

2.8
コンセプトはわかる。役者の演技もいい。でも何か物足りない。
とうま

とうまの感想・評価

4.2
触れたというところがもっとも大きなポイントか。とはいえ、全編に流れる嘘くささと向き合うのがたいへん。なんにせよ、嘘って大切。
>|