ロスト・エモーション(2015年製作の映画)

Equals

上映日:2017年03月04日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:102分
    監督
    ドレイク・ドレマス
    脚本
    ネイサン・パーカー
    キャスト
    クリステン・スチュワート
    ニコラス・ホルト
    ガイ・ピアース
    ジャッキー・ウィーヴァー
    デヴィッド・セルビー
    あらすじ
    人類史上最大の世界戦争によって地球の陸地の99.6%が破壊された近未来。破壊を免れた土地に生き残った者たちは「人類を滅亡させる最たる原因は感情だ」という考えのもと、人類が平和的に生き残れるよう遺伝子操作を施した感情のない人間の共同体<イコールズ>をつくった。そこで暮らす全ての人間は管理され保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望などの感情を“発症”してしまった者は「欠陥者」と見なされ、DENと呼ばれる隔離施設へ強制的に送られて安楽死させられる。感情を“発症”してしまったサイラス(ニコラス・ホルト)とニア(クリステン・スチュワート)は、外の世界へ脱出することを決意するが…

    「ロスト・エモーション」に投稿された感想・評価

    人間って、それほどヤワじゃない
    いくら感情を抑制されたとしても、本能ゎ消せないと思うんだ!

    あの娘を抱きたい♥って想いゎ隠せても消せわしないのさ

    「ハンガー・ゲーム」ゃ
    「ダイバージェント」と同じ世界観の作品だけど、「ロメオとジュリエット」的な悲愴感に、まるで人目を避けて貪りあう不倫カップルを覗き見るプチエロ感が漂う静かな映画🎵

    (#^.^#)
    ストーリーは読めてしまったけど、世界観とか全体の色味が好みでした。クリステンスチュワートとニコラスホルトが美しい。ほぼ日本ロケなのか。リドリースコットSFサスペンスwith安藤忠雄。
    loco
    3.0
    未来的な設定にしてはなんかチープ。
    特に面白さもなく入り込めない。

    眠い。寝た。
    Cocoa
    2.5
    クリステンとニコラス・ホルトの組み合わせは、どちらもバンパイヤなみに白い2人のチョイスだな。
    感情は病気な世界。感情うんぬんより、やってる仕事がほんとつまらなさそう。展開はとにかくスローで、湧き上がる感情に戸惑うクリステンとニコラスの描写がとにかく長い。
    期待してたけど思ったより普通だったな〜という印象
    建物や雰囲気はすごい美しいけど話は間延びしてる感じして序盤つまらないし、オチも普通な感じなんかすべてが普通……
    ドラマの''わたしを離さないで'' 映画の''スイッチを押す時''みたいな感じ
    わたしを離さないではすごく良かったがスイッチを押す時は微妙だったのでこういうテーマを映画にするのは難しいのかな〜
    mochiz
    2.8
    結構監視が緩めの、日本ロケだという安藤な世界…
    (オール安藤忠雄ではないです)

    序盤は間延びするけど
    クリスティンが上手くて切ないし、
    ガイピアーズで安定感が出てるし、
    ホルト君も結構よくて
    最後に割りと巻きかえしてくれて、結構よかったです。
    ちょり
    4.5
    兄が好きな安藤忠雄
    僕が好きなクリステンスチュワート
    この映画を通して僕が感じたこと
    心こそコスモ
    Tetsuya
    4.3
    原題はEquals。
    同じ、等しい、相当する、匹敵する等の意味。
    日本が世界に誇る建築家、安藤忠雄さんの建築物がこの作品のテーマと完全にマッチしていて素晴らしかったです。
    このテーマを語りたいから、こういう設定やストーリーでこういうセットで撮影するという必然性も物凄く感じられました。
    人間が人間である意味。人間の本質をズバッと語った作品だと思います。
    好きな映画が増えました。
    竜司
    -
    アイランドと似た設定。
    てかほぼ同じw

    個人的にアイランドの方が好きかな

    ウォーム・ボディーズとは違った味がでてよき
    Tsubasa
    3.0
    世界戦争によって地上の99.6%が破壊された近未来の話。滅亡の危機に瀕した人類は、人類を破滅させる元凶は「感情」だというふうに結論付け、遺伝子操作で感情を排除した人間の共同体「イコールズ」を創る。
    「イコールズ」に暮らす人間は保健安全局の監視下に置かれ、愛情や欲望をはじめとする感情が芽生えた場合、病気と認定されて、隔離施設に強制収容され、最期は安楽死を迎える。

    とまあ、ツッコミ所はありながらも…
    音楽は無機質な建物(安藤忠雄の建築物)にしっかりと合うし、服装とかも無感情にぴったし。
    ただ、この映画の身も蓋もないこと言うと「感情を排除」なんて感情を失ったこともない人類に想像すら不可能なことで、それを表現しようとしてるのはすごく伝わってくるけど、でもどこか「感情」の定義がすごく曖昧で終始、違和感が拭えなかった…
    感情を排除したいなら、もっとロボットみたいな冷徹さや機械的なものがほしかった。これじゃ、「愛」を際立たせるために「愛」を忘れた人間を描いてるようにしか見えない…

    それを抜きに考えてみると、やっぱり人間にとって感情は良くも悪くも備わってるもので、無理に抑えることがどれだけ苦しいことか。ただ、今の社会は人との関わりが薄れてネットで色んな人と関わって無機質な付き合いをして、と無感情的な状態。そんな近未来に警笛を鳴らしているようにもみえました。
    >|