バジュランギおじさんと、小さな迷子の作品情報・感想・評価

バジュランギおじさんと、小さな迷子2015年製作の映画)

Bajrangi Bhaijaan

上映日:2019年01月18日

製作国:

上映時間:159分

4.3

あらすじ

「バジュランギおじさんと、小さな迷子」に投稿された感想・評価

バジュランギおじさん😭

やっぱりインド映画は最高
もう素晴らしい映画、涙何度も出る
見た後の余韻が凄まじい、そして思い返してまた涙
こんな余韻味わったのインターステラーやきっと、うまくいく以来
これ以上泣ける映画は自分の中でもう来ない気がする

最初の時点で既に面白いのに右肩上がりで面白くなっていく
ラストは感動が波のように押し寄せる

そして何よりヒロインのシャヒーダーが非常に可愛らしい
見た目は勿論、仕草や何から何まで可愛らしい
これもまた飽きさせない要因のひとつ

個人的映画ランキングベスト3入り
きっと、うまくいくと同等以上に浸透して欲しい
長い。とにかく長い。
おじさんいい人過ぎておかしい
でもいい映画だった
ウオッチリストに登録
序盤早々に迷子になって、この迷子が解決してめでたしめでたしだろうなと誰でも予想がつくわけだが、そのめでたしめでたしが想像をはるかに上回るめでたしめでたしぶりだった。どうやってこの撮影を実現したのかというすごさ。
意固地なおじさんの巻き込まれ展開と、タイトルからは想像つかない政治も宗教も巻き込んだ社会派な顔は韓国映画「タクシー運転手」のことをちょっと思い出した。向こうに比べるとよほどファンタジーな話だけど。映画のちからを感じた。
さしみ

さしみの感想・評価

3.7
王道な展開を素直な気持ちで楽しみ、明るい気持ちになれた。あと、インド映画は歌と踊りの分だけ尺が伸びるのだということを理解した。
インド映画はほとんど観たことないけど、他のも観てみようかな〜
Nana

Nanaの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

初めてのインド映画。。

今までなんで観て来なかったんだ…と思うくらい素敵な作品。大号泣。。

国境も宗教も関係ない。愛のお話。
正直者が馬鹿を見ない素敵で優しい世界。

音楽もダンスもたくさん。色鮮やかでキラキラした世界観。とてもとても好き。

観れて良かった。
pororonge

pororongeの感想・評価

4.1
カシミール地方がスイスみたい。美しい。いつか行ってみたい。

ここが戦地になってるとはね。高級カシミア生地の羊の綿はここで取れるからね。


ラーマ万歳の主人公は、アラーの保護を、絶対に言わない。
一方で、ラーマ万歳を平気で言えるパキスタン人。

パキスタンで他宗教に優しいムスリムの人々に出会い、主人公の気持ちが変わっていきます。インド映画がイスラム教の良い所を描くなんて。🥺


最後に、主人公がアラーの保護ポーズを取っていて、感動します。

何よりもインド製作のこの映画にびっくりです。パキスタン良く見せるなんて🥺
若い世代では、お互いを憎しみ合う人たちが減ってるのかな。映画のように、少しずつ愛に溢れて行けたらいいな。
迷子がこんなに大変だとは。今までいろいろインド映画を見てきたがこれは異色。いやインド映画の懐が広すぎるというだけ。
Taku

Takuの感想・評価

4.5
めっちゃ泣いた、号泣。 
バジュランギおじさんカッコよすぎるしシャヒーダーが何と言っても終始可愛かった
登場人物の優しさにも心が染みた
印パ国境線でのラストは気付いたら涙出てた
この映画は本当に感動する🙏

ライブ音響上映で音がめちゃくちゃ良かった
観客10人もいなかったけど自分以外にも泣いてる人たくさんいたなあ笑
やっぱ映画館で優雅にポップコーン食べながら見るの良きですなあ、起きて走った甲斐があった。
それなりに印パ関係をわかってないと理解できない部分もあると思う。
好きな人は好きだと思うが、私には向いていなかった。インドの映画は喜怒哀楽がわかりやす過ぎる。
>|