PKの作品情報・感想・評価

PK2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:153分

4.1

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、…

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

「PK」に投稿された感想・評価

アーミル・カーン主演のSFヒューマンコメディ
宇宙船のリモコンを盗まれた異星人が海外留学経験を持つTVスタッフの目に留まりその無邪気な奇行に魅せられて行くお話です。

◆良い点/注目ポイント
・ベルギーのパキスタン人がとてもイケメンです。南アジア系の顔立ちは似ているのでインド人もパキスタン人も区別がつきません。
・他の国ではここまで宗教のテーマを取り扱うのはタブーなのでボリウッドならではの手法。警察官でも学校の先生などバラモン階級には丁寧な対応なのもカースト制の名残りが散見されます。
・インチキ臭い信仰宗教のボスキャラがとてもいい感じに腹黒い笑顔で笑えます。
・コメディ映画なのに宇宙船のCGは雲を発生しながらの登場など『メッセージ』の宇宙船並みに映像クォリティが高いです。

◆改善点
・マサラムービーなのでダンスシーンは仕方ないのですが長過ぎます。チキンカレーを食べたくなる衝動に駆られてしまうので控えめに。(今回も例に漏れず翌日はカレー)
・主人公の表情の顔芸が大袈裟で邦画レベル。
・列車テロのCGが雑過ぎです。宇宙船とレベルのクォリティでできるはず。
・揺れる車や娼館のシーンそしてコンドームが落ちた時の『アッハーン♪』というドリフのような効果音がお茶の間を凍りつかせるギリギリラインを攻めているので勘弁して欲しいです。小さい好奇心旺盛な質問を連発する子供と見る時は油断禁物。

◆総括
・女子力高めのボリウッド映画。
『3 Idiots』が好きな方はどストライク。
現代的なインドドラマに仕上がっています。
男は黙って…

『バーフバリ』
asuka

asukaの感想・評価

4.0
宗教や信仰の話は難しいけれど(特別何か信仰してる訳でもないから余計に感じる)、扱いにくいテーマに映画にするってすごいよね。しかも宇宙人からの視点でコメディに…

踊るところはそんなに多くはなかったけど、歌って踊って、切なくなってほろっと、ほっこり…とても楽しい2時間半だった!でも時間気にならず鑑賞できたし、とてもオススメ^^
さち

さちの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

彼が地球で覚えたのはウソ、教えてくれたのは本当の愛

*お父さんのホイッスルをもう一度、という約束をしっかり果たしてくれたシーン

明るいテンポで流れていく映画ですが取り上げているテーマはとても大きく重たいテーマ。すごい。

家族で見たいなぁ
授業で紹介されたので見てみた。最高だわ。なんか最後涙止まんないし!PK切ないしああああああなんだろうこの感情!良い!アーミルカーンってムキムキなんだねビックリしちゃったよ。
宗教の色濃いインドで、宗教の矛盾に切り込んでいるところがすごい。それでいて、面白い!過激派によるテロまで盛り込んでいる。宗教について考えるキッカケになりそう。
口をモグモグしてるのがすごく気になった。
Sug

Sugの感想・評価

3.9
思ったよりも攻めた内容でびっくりした。インド映画の唐突に始まるミュージカルほんとすこ。
Mikuni

Mikuniの感想・評価

5.0
よかった…きっとうまくいくに続いてやっぱりよかった…
この監督さんに会いたい…
絶対いい人…

◎◎

世の中の問題で、傲りと思い込みと恐怖心が原因で起こっちゃってること多いんだろうなと思った。信仰が恐怖ビジネスになっちゃうのもそれなんだね…

問題にぶつかったとき、ひとりだと暗い気持ちになって希望ももちにくいし、勇気もなかなか出せないけど、周りに信じられる人がいればそれだけで違うもの。それが神様なのが、本来の宗教の意味なのかなと思う。信心深いひとは、きっと神様が味方してくれるからって思えるから、壁にぶちあたっても頑張れるんだろうね。無意識だろうけど本人の努力だよなー。それで解決したら神様のおかげって思うだよね、偉い…

台詞の中では"かけ間違い"て言葉がすごくすき。いやなことがあっても全部、ちょっとした神様のいたずらとかちょっとした間違いって思って誰のことも責めないでいたいなー。誰かのこと責めたくなったらとにかく問題解決に専念する。神頼みもしよう…

ぺいすとおぶたーいむの歌もすごくすきだ。おーるいずうぇーるに続いて好きだ。
エンディングも良かったな…
酔っ払った世の中ね…
へんな人だと思ってたら全然自分よりまともだった、あるある。傲ってたなあって反省するやつ。

ヒロインも可愛かったなぁあ
ゆうや

ゆうやの感想・評価

4.5
宗教をテーマにしながら終始明るく、けどちゃんと本質を突くいい映画
Shota

Shotaの感想・評価

3.7
宗教みたいな重苦しいテーマをメインに据えながらも終始明るい感じでよい

お手本みたいに綺麗な脚本。完璧。
me

meの感想・評価

4.0
宗教について。
コメディタッチに描かれてるけど、ところどころでめっちゃ皮肉がきいてる。
これインドで公開するにあたって、なんらか問題になったんじゃないかな。。

日本で暮らしてるぶんには馴染みのないテーマだけど、この映画が際どいとこまで斬り込んでってるのは何となくわかる。

歌と踊りがあって良かった。
長いけど、見る価値は絶対ある。
>|