PKの作品情報・感想・評価

PK2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:153分

4.2

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、…

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

「PK」に投稿された感想・評価

mikenekos

mikenekosの感想・評価

3.9
日本では他国ほど馴染みはない宗教問題を面白おかしく切る映画。インドでは多種多様な宗教があって入っているのが当たり前なのだろうか、そこにまず驚いた。PKが胡散臭い宗教家を真の信仰心と特殊能力によって友達の為に論破するのは爽快。そしてその後の展開にホロリとしてしまう。人間が作り出したに過ぎない宗教、その理由で人間関係が酷くこじれたり、やりたいことができなくなるのは厄介だし、もはや障害でしかないと感じた。信仰心を胸に秘めるのは構わないが、それを周りに振りかざして強制するのは、例え家族相手でも駄目だね。考えさせられる良い映画。
ましゅ

ましゅの感想・評価

4.5
初めてのインド映画でしたがとても良かった!
やっぱり歌って踊るんだ!映画の雰囲気壊さずマッチしていて凄く楽しい気分になれました。

宗教ネタは自分の知識不足もあって苦手意識があったのですが、これはフィクションとしてとても楽しめました。

宇宙人視点の描写には何度も笑わしてもらいました。
ただ楽しいだけでなくグッとくるシーンもありましたし着地点もしっかりしていた!
きちんとまとまっている良い映画でした。
秋

秋の感想・評価

4.2
インド映画二作目!
この主役の人は若い時のトムハンクスみたいだね

変わった役柄が多いからの演技が上手いのかどうかよくわからない 笑

とにかく面白かった

というか日本では全く問題ないが
宗教国家でこんなの上映出来るのだろうか?

コメディーだけど風刺が効いてて
切ない愛もありダンスあり

とても良かった
宗教観的なものは日本人にとても合ってると思う

インド映画恐るべし!
yuu

yuuの感想・評価

4.0
面白かった!

長いと思いきや、
あっという間に駆け抜けてく。

色々と考えさせられる映画。

きっと、うまくいくを観て、インド映画の世界観が面白いなとハマり、鑑賞

きっと、うまくいくよりは、少し退屈と感じたが、神は何人いるのか、神を探し求めて、自分なりに作り上げる世界が面白かった。
最後はうるっと涙がでる映画
ぶっとんだ設定とかPOPな感じとか、インド映画だなぁ、としみじみ。

人はみんな目に見えない何かを信じて、信ぜずにはいられなくて、そうやって気づかないうちにかけまちがえをしていくんだ。

かけまちがえに気づけないほど、信ぜずにはいられないんだ。
気づいてもどうにも動かせないから、心の奥に閉まっていくんだ。


それにストレートにぶつかった、このストーリーはすごい!しかもそれが、インドってゆうのがすごい!

不覚にもラストはPKに泣かされました。
やっぱり良い映画(^^)
梅田

梅田の感想・評価

3.9
冒頭、「インデペンデンス・デイかよ……いやターミネーターかよ!」と思ったけど超インド映画だった。伏線の張り方がうまいっていうか「ベタを恐れない」のが気持ちいいんだなこれは多分。
『きっと、うまくいく』での「ボールペンと鉛筆」のエピソードもそうだけど、「気の利いたようなこと言ってる風の薄っぺらさ」から急に本質に切り込んでくる感じはこの監督の必殺技なのかもしれない。キャラクターも魅力に溢れていて最高。「ダンスシーン無ければ2時間に収まるだろ」は多分、禁句。
YutaIkeda

YutaIkedaの感想・評価

4.8
アーミルカーン好きやな〜
asuka

asukaの感想・評価

4.8
宗教ってプライベートで踏み込めないとこあったけど、この映画はユーモアたっぷりにめちゃくちゃ的を得ている。
アーミルカーンに魅せられる!
>|