「PK」に投稿された感想・評価

She

Sheの感想・評価

3.8
確かに神は「信じる心」の中に宿るもの
そう考えれば神事とされるあれこれはビジネスに思えて来たし我々はそれに踊らされてたわけだ
宗教を重んじているインドで制作された映画というのが面白い
決して宗教を批判するわけではなく視点を変える気付きになった

全体的にも期待を裏切らない面白さ
インド映画のポテンシャルの高さを再認識
mymkny

mymknyの感想・評価

4.3
面白かった!
こんなインド映画が観たかった!ってやつ!
最高かよ!!!


あと兄貴がいいヤツで涙。
「きっと、うまくいく」の時にも思ったけど、インド映画の脚本の構成力は凄まじいと思う。3時間近くある映画を飽きさせず、しっかり驚かせ、ドキドキさせる。
PKの言葉は真実をとらえていて、宗教や神を新解釈していく。イエスはひょっとしたらこんな人だったのかもしれないなぁと思った。「まず、何を大事にするべきか」をしっかりと考えていきたいと思った。
アーミルカーンが宇宙人👽
自分の星に帰るためのリモコンを盗まれて探していくうちに神様とか宗教とか釈然としない存在にぶち当たる。

その辺に転がっている石を石碑に見立ててお金をばらまいておく。
入試を前に不安を抱えてる人たちが群がり賽銭を供え拝んでいく。
そんなんだ~。
神頼みとは人の心に潜む不安、恐怖の現れなんだ。
宗教とはそーゆー人の心につけこむんだー。
宇宙人と宗教と、ちょっとへんてこな話😓
宗教のあり方への切り込みや国家間の関係、テロなど大きいテーマがありながらも、踊りあり、歌あり、笑いあり、涙あり、デリーの市内観光まで楽しめる映画。
ボリウッドミュージカルのキングダムで吊られてる姿まで出てきて笑ってしまった。

アミールカーンが宇宙人らしさを表した不思議な挙動がこの長時間の映画の中で貫かれててさすがとしか言いようがない。
見開いた目、走るときも振らないで垂らしてる腕、大きな耳(これは自前のをいかしてるのか)。
ファッションもエキセントリックなシャツが多くてみていて楽しい。

それからジャグー役のアヌーシュカがほんとにキュート。

宗教扱う映画はどう着地させるのか毎回ハラハラしてしまうけど、見事な着地点だし、言葉の選び方が考えられた言い方でとても好感を持てる。
最後切ない感じで終わってしまうのかと思いきや、最後もほっこりする持っていき方で大満足。
もみす

もみすの感想・評価

4.0
気になっていたがようやく観れた。尻上がり映画。インド映画はハズレがないなぁ。主演の女優さんがよかった。
かま

かまの感想・評価

3.5
インド映画はノリが好きなんだよな
サンダルを盗られたPKにローテーションさって言うシーンが好き
moco

mocoの感想・評価

4.8
最高だわあ
インド映画って飽きないし幸せな気持ちになる
インド行ってみたいなあ
女の人の格好が好き
ラ

ラの感想・評価

3.4
初めて自主的に観ようと思った洋画。

インド映画って本当にみんな急に踊りだすんだ

2019/6/9
yamanooo

yamanoooの感想・評価

3.9
今までの映画の中で一番「宗教とは何か」を考えさせられた。
ただ踊るというインド映画のイメージでは何も表せてていないくらいたくさんの要素が詰まったストーリー性の高い作品。
思い込みで世界はどうとでも変わってしまうということ、だからこそ周りに流されず自分の信念を貫いて相手を信じていきたい。
>|