PKの作品情報・感想・評価

PK2014年製作の映画)

P.K.

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:153分

4.1

あらすじ

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、…

留学先のベルギーで大失恋し、今は母国インドのTV報道局で働くジャグー(アヌシュカ・シャルマ)は、ある日地下鉄で黄色いヘルメットを被り、大きなラジカセを持ち、あらゆる宗教の飾りをつけてチラシを配る奇妙な男(アーミル・カーン)を見かける。チラシには神様の絵に「行方不明」の文字。興味を持ったジャグーは、「PK」と呼ばれるその男を取材することに。「この男はいったい何者?なぜ神様を捜しているの?」しかし、彼女が男から聞いた話は、にわかには信じられないものだった―。いまだ世界中で巻き起こる社会問題に鋭くメスを入れつつも、自分の人生に迷うすべての現代人のターニングポイントにきっとなる、笑いも涙も詰まった珠玉のドラマ。

「PK」に投稿された感想・評価

aya

ayaの感想・評価

4.7
わ 〜 〜 ! この映画傑作すぎる .. !!
1年くらい前から気になってはいてclipしてたけどずっと観ずに今まで来たことを後悔してる 😭💭
最高に面白すぎでしょ .. インド映画 .. 🇮🇳
150分以上あってすごく長いけれど 、中弛みもせず 、長さを感じさせないくらいずっと釘付けだった ! ◎ あっという間だった …
映像も音楽も 、そして話の内容がとにかく素敵で 、観たあとはすごく幸せな気持ちになれる作品でした ◌.゚
UZURA

UZURAの感想・評価

4.7
2時間半と知らずに見てしまった。
最初から最後まで見入ってしまうような映画であり、ちゃんとオチもあった。
あーって来るような感じ。

2時間半と長いがまとまりもあり良かったと思う。
Layla

Laylaの感想・評価

3.0
歌と映像が明るく楽しく、俳優もイキイキしていたので楽しく鑑賞。ただ、さすがにその宗教の捉え方は乱暴すぎるというか、なんならちょっと稚拙じゃないか?と思ってしまった。インド映画でここまで宗教に切り込むのは挑戦的なのかもしれないけど、笑えるだけでは済ませられない違和感も感じてしまった。
m

mの感想・評価

4.0
自分や家族が仏教なのか神道なのか、一体その違いは何で、
初詣はどこの神様にお願いに行ってるのか、
そんなことすら分かっていない(私含む)日本人にはあまり深く共感、理解できないような、
神様と人の生き方、惑わされ方についての映画。

私は惑わされてもやっぱり
世界から人が作り出す神様はいなくならないと思う。
それに縋らないと生きていけない人もやっぱりいるから。

でも自分のことも尊重して、見極められるようになりたいとおもう。
凛太朗

凛太朗の感想・評価

4.6
インド発、ラブコメ・SF・ミュージカルエンターテイメント・フィロソフィー・オブ・レリジョン・ムービー。
『きっと、うまくいく』の監督ラージクマール・ヒラーニと主演のギョロ目ムキムキマッチョメンのアーミル・カーンによる再タッグ。
ヒロインのジャグー役にアヌーシュカ・シャルマというモデルもやってる女優さん。

取り敢えず、アヌーシュカ・シャルマのスタイルと美貌に目も心も奪われまくっていた僕ですが、PK(酔っ払いの意)役の一切瞬きをしないムキムキマッチョのアーミル・カーンさんの異様さにも釘付け。
魅力的なこの二人を観ているだけで、150分とわりと長い時間を余裕で過ごすことができましたが、この映画、ラブロマンスや、チャップリンやMR.ビーンみたいなスラップスティックコメディの姿をした宗教哲学のお話であり、テーマ自体は普遍的かつ複雑なものなのですが、そのテーマを飽きさせずに、しかも子供に教えるようにわかりやすくエンターテイメントとして仕上げてしまっているところが凄い!

多様な宗教信仰の地であるインド。
ヒンドゥー教、イスラム教、キリスト教、シク教、ジャイナ教等々色々出てきたり、信仰宗教の教祖みたいなのが出てきたりしますね。
宇宙人のPKは、神様って何ですか?何が正しくて何が間違いなのか?何が善くて何が悪いのか?っていう真理探究みたいな普遍的な疑問を、子供のように投げかけてきます。
で、思うわけですね。「信じるものしか救わない神さまなんて神さまじゃねーし、神さまを盾に人間の不平不満や恐怖心を煽って人の弱みに付け込んで利益を得ようとする宗教なんざ似非宗教や!」みたいなことを、悪気もなく純真無垢な心で思うわけです。
ヒロインのジャグーの職業がTVのお仕事なのですが、これはマスメディアの在り方も問うているのではないでしょうか?

ニーチェの「神は死んだ」程過激ではないにしろ、殆どタブーみたいな内容だと思いますけど、神の所在やそれぞれの宗教の在り方で紛争やら宗教戦争、テロやら何やら凄惨なことが山程おこるこの時代、こういった映画は、たかが映画、されど映画みたいなところがあると思います。
宗教観念の希薄な日本人だからこそ共感できるところも沢山あるのではなかろうか。
tmck

tmckの感想・評価

4.8
宗教に対して抱く疑問を最高の形で表現してくれた!

風刺が嫌味に聞こえないし、
宗教感覚が鈍い日本人には響く内容だと思う。

素晴らしい。

全人類が観るべき!
さちこ

さちこの感想・評価

3.5
地球に来てからの話が長くてジャグーがもう出てこないんじゃないかと思いました笑

PKがかわいい😛
PKのテーマ曲がなんとも安っぽい笑
ミスト

ミストの感想・評価

3.6
宗教に対して面白い価値観を見せてくれる映画でした。日本も冠婚葬祭なんて形式ばったもん必要ないよ。

にしても、海外では内容的に問題ないのかヒヤヒヤしてしまいますね
トシ

トシの感想・評価

4.4
長編ながら心あたたまるファンタジー。インド映画が好きになった。MR.ビーンとMR.スポックをかき合わせたようなPK (なかなかのマッチョマン)が現代宗教の 神の本質を純粋な疑問から対峙していく姿は喝采もの。 「掛け間違い」は万国共通か?ジャグーも可愛くてチャーミング
パキスタン大使館 の神対応もアッパレ 素敵な作品でした。
shino

shinoの感想・評価

4.6
近頃、神様は行方不明…☆*.

『きっとうまくいく』の監督&主演タッグの第二段!
今回もすっごいよかった…!!私やはりボリウッド好きなのかなぁ。アフリカの次はインドかな。笑

この広い宇宙に、もし人間と同じ姿をした異星人がいたら…こっそり侵入調査で私たちに紛れていたら…彼らから地球人はどう映る??
すごく面白い切り口ですよね!(*´∀`*)

一人の宇宙人が、宇宙船を呼ぶリモコンだけを身にまとって素っ裸でインドの砂漠に上陸…!笑
初めて出会った人間にリモコンを奪われてしまい、故郷に帰れなくなってしまうという大ピンチ…!
リモコンを探して、道行く地球人に尋ねると必ず返ってくる「神様に聞け!」…「神様」って誰だ?どこにいる?

映画が始まる前に、いかなる宗教も非難する意図はありません的なテロップが流れて、なんのこっちゃ??って思ったけど、観てみて納得。
宗教問題に真っ向から切り込んだ内容になっています。

神様に会えたらリモコンを返してもらえる!と、地球人に怒られながら色んな宗教の決まりを学んでいく宇宙人。地球の常識が分からない彼につけられた名前は"pk"="酔っ払い"
なかなか神様にリモコンを返してもらえず、「神様行方不明」のチラシを配っていたところ、ニュースのネタ探し中のジャグーという女性に出会い…

前半はpkが地球での生き方、不思議、宗教について学んでいく様子がじっくりと。
後半は一気に物語が動いて、リモコンを取り返すため、ジャグーと一緒にヒンドゥー教の導師様と対決します!(`・ω・´)笑

神様への"かけ間違い"
問題は神様が2人いること、とpkが説いた言葉には頭の中がぱぁぁあっとクリアにされる。
そう、つまりはそういうことなんだよね!と人がなかなかうまく言えないことをスッキリ代弁してくれます!

無宗教の多い日本人の感覚にはピタリと合う映画。
じゃあ宗教色の強いインドではどうなの?タブーなんじゃ?って思う人も多そうだけど、海外で暮らしてみて気づいたのは、そういう国こそ多様な宗教の捉え方があるということ。
熱心な人もいれば、都合のいいときだけ神様に頼りすぎるのはよくないと言う人もいる。
神様は信じるけど、教えを全部守るわけじゃない、教えにそむいても好きなものはやめられないもんって人も。笑

他のフォロワーさんも書いていたけど、前作ではインドの教育問題を、今作では宗教問題を。ここまでハートフルに、笑いあり涙ありのストーリーに仕上げてくる監督が純粋にすごい♡

アーミル・カーンの無駄にムキムキの裸
それゆえすごい速度を繰り出すペンギン走り
ジャグーの恋の"かけ間違い"の行方
地球にしかないpkが持って帰りたかったもの
地球人と接するときの4ヵ条
もうね、見所がもりもりなんですよ〜♡

それにしても、私たちの普通って、奇妙なんだな〜と改めて目からウロコ。
"PK"は本当はどっちだったんだろう…?
>|