娘よの作品情報・感想・評価・動画配信

「娘よ」に投稿された感想・評価

ポパイ

ポパイの感想・評価

3.5
児童婚を題材にした映画🎬

ユニセフのデータによると数億人単位の少女が15歳以下で結婚、出産を強いられているという現実には言葉が出ない。

『児童婚は家族と社会に祝福されたレイプ』
自身の経験を元に映画制作をしたイエメンの女性監督の言葉を思い出した。

先進国の文化や価値観をめったやたらに辺境部族に押し付けるのはどうなの?と思ってきたけど、これは流石に違うと言いたい。

しんどいテーマの本作ですけど、雰囲気とラストは案外取っつきやすいです。
こっし

こっしの感想・評価

3.2
娘を必死で守ろうとする気持ちはすごくわかる。銃を誰でも持っている国には住みたくないし、考え方とか風習とかいろいろ怖いなぁと思った。今の自分の生活がいかに安全で恵まれているかがよくわかる。児童婚なんていう言葉も初めて知った。
初めて観たパキスタン映画のテーマが児童婚
ユニセフのサイトに世界の3人に1人は15歳未満で結婚してると書いてあってたまげた
旧FATAは観光行ってみたいけど常に治安が悪すぎて…情勢安定する時は来るのか、その時は児童婚も減るのだろうか
エスニックデコトラ運転手が研究室の後輩に激似だった
こん

こんの感想・評価

3.7
パキスタンの実話基づき系。ロードムービー兼ハラハラするドラマに仕上がってて良きでした
デコトラのお兄ちゃんが、出てきて即メインキャラと察するくらい急なイケメン。インド人で例えるならランヴィール・シンとサルマンカーンを足して2で割って若くしたみたいな。見た目はさておき、ムジャヒディンの元戦士という設定も、現地の歴史や事情を知れてへぇーとなった。
思ったより憂鬱な気持ちにならずに観れる映画でした
kuu

kuuの感想・評価

4.0
手回しミシン+妖精のブランコ+デコトラ+恋人たちの伝説+母娘◎
とんでもない国や地域があるんだ可哀想って思うのはちょっと違う。女性の自由が蔑ろにされているのは全世界共通という事を知るテキスト。ときおり挿入される母娘の夢の風景が幻想的!パキスタン、素晴らしい場所がある。サスペンスとして十分面白い。
glico

glicoの感想・評価

3.0
初めてのパキスタン映画!
衣裳から、まるで歴史ものなのに携帯や車が出てくるから不思議(笑)

10歳で部族長(おじい)にお嫁に行かせたくなく、母親が娘と一緒に逃がすストーリー。
ロリコンが過ぎる。。。

景色がとにかくキレイで行ってみたくなったよ!
しかし、あのデコトラのデコが過ぎる!(笑)

パキスタン映画が初めてで比較が出来ず分からないんだけど、あのカメラワークはあえてのあれだったのかな?(緊張感を出すため、ドキュメンタリーチック?)
それとも、パキスタン映画のクオリティがあれなのかな?

奥が深いぜ、パキスタン映画!!
ぶん

ぶんの感想・評価

3.9
「血の報復」なんてナンセンス
しかもそれを回避する為に10歳の娘が〜😨

もっと暗く静かな作品だと思ったけど、内容の割にそれほどでもなく観やすい。でもその内容はかなり重いです。

争う事ばかりに一生懸命で何がもっと先進国に近づけるかが分かってない地域。
人間が生きる為に必要なのは争いに勝つのではなくもっと精神的なものだと思う。

美しい歌と山岳の景色。穏やかな気持ちになる事の大切さと、女性に対する尊重と感謝そして人権。

カーブル川とインダス川の話がズーンと胸に突き刺さる。
かえで

かえでの感想・評価

3.7
児童婚が問題になっていることを知り、この映画をみることに
母親自身も幼いときに花嫁になっており
娘にも同じ境遇にしたくないと脱走
ハラハラドキドキでした
今まで優しくしてくれていた父親が狂気になるなんて
恐怖しかない。
部族の争いをなくすためだけとはいえ
おじいちゃんとの結婚はひどすぎる
10歳ならば恋愛もしてなさそうだったし、英語を習って
希望溢れる年齢
早くこういうのがなくなればいいのにと感じました
m

mの感想・評価

-
パキスタンの山岳地帯で起きる、母娘2人と気概のあるトラックの運ちゃんの「マッド・マックス 怒りのデスロード」。V8エンジンの巨大トラックの代わりに、ド派手な装飾のトラックで母娘は逃亡する。
未来の荒廃した世界ではなくとも、今現在も世界のどこかでこうした事態は起きているのだという事をこの映画は教えてくれる。

主人公達の生きる世界もバックボーンもシビアだけど、山岳の風景の美しさが映画をどこかファンタジックに彩り息抜きになる。

ギリギリの結末にはハラハラして息を呑んだ。
仄かな恋愛要素は無い方が良かったけれど・・
>|

あなたにおすすめの記事