ジョン・ウィック:チャプター2のネタバレレビュー・内容・結末

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿されたネタバレ・内容・結末

前作から全く変わらぬ切れ味。アクションの殺意が本当に堪らない。体術もガンアクションもとことんキレッキレで痺れる。平穏な生活を手に入れようとしても結局裏の世界に引きずり込まれてしまうジョン・ウィックの悲壮感も相変わらず魅力的。あとマカロニで活躍したフランコ・ネロが出てきたのがやたらと嬉しい。

前半部分は前作と比べてそこまで代わり映えもなくて、安定して面白いけど大きな魅力がある感じではなかった。それでもローマで銃器を購入する場面や拳銃の同時早抜きシーンにはワクワクさせられる。後半の「ニューヨーク中の殺し屋がジョン・ウィックの命を狙う」っていうとんでもない展開になってからが楽しい。マジであちこちから殺し屋が飛び出してくる。もうニューヨークがヤバすぎる。駅構内や列車内での戦闘はアイデアに富んでいて面白かった。アクションの凄まじさが最高潮に達する美術館での殺戮もとにかく興奮する。オチは次回への繋ぎといった感じだけど、更に荒唐無稽なことになりそうで楽しみ。
なんかゲームの映画化って感じです。

ひたすら銃をぶっぱなし続ける映画。
キレイでスタイリッシュなアクションではないけれど、確実に銃撃が相手の急所にクリティカルして殺し屋を倒していく様は結構爽快です!
あと、ガンソムリエのくだりすごく好きです。

いろいろなつっこみ所もあった映画です。途中で笑ってしまいました。
特に強敵と思われる方々が結構あっさりやられちゃうところが笑

あと個人的にモーフィアスとの再会が感動しちゃいました!

ガンアクションを楽しみたかったらオススメの一本!
やっと観られた!

開始早々にルシファー(ピーター・ストーメア)と共演かよ!と一人でテンション上がる。
とにかく初っ端からアクション満載。
前作で盗まれた亡き妻との思い出の詰まったマスタングを取り戻したはいいものの、
免れない誓約を結んだサンティーノが訪ねてきて、今度は家が焼かれてしまったジョン・コンスタn...じゃなかったウィック。
結局やりたくも無い仕事を受ける事になり渋々...と思いきや結構ノリノリで銃を撃ちまくります。

今作でも強キャラ感は健在。
「車盗んじゃったよなぁ...やばいよなぁ...だってあいつバーで3人も殺ってるんだ。しかも武器はただの鉛筆で、だよ。
信じられないだろ?しかもその武勇伝って大体控えめに語られてるんだよ...」
というようなエピソードが垣間見られるのが良いですよね。
そして今回はコンチネンタル・ホテル・ローマで、防弾スーツテーラーや銃器ソムリエなどワクワクポイントが追加されてて最高でした。

アクションは相変わらずカッコ良い。
スタイリッシュなんだけど泥臭くて、すごくバイオレンスで、っていうのはこの映画独自のものだと思います。
ジョンは決して不死身などでは無い一人の人間。
撃たれれば激痛に顔を歪めますし、当然刺されれたりすれば重傷を負います。
ジョンを強くしているのは他でも無い、強靭な精神力と鋼の意思なのですよね。
その辺りがジョン・ウィックというキャラクターの魅力だと思います。
ハンドガンだけでなくライフルやショットガンを使用したアクションシーンは見ものですね。
この辺りは流石一流の殺し屋といったテクニックが垣間見られます。

で、案の定嵌められて無数の殺し屋から命を狙われることとなったジョンですが、
彼が助けを求めたのはネブカデネザル号の船長...ではなく裏社会を牛耳る犯罪組織のボス・キング。
まさか今度はモーフィアス(ローレンス・フィッシュバーン)と共演とは、2度目のテンション上がるポイントでした。

彼のサポートもあってサンティーノの元へたどり着いたジョンは迫り来る追っ手を退けながら、近づいていくのですが、
サンティーノは姑息にも「仕事をしない・血を流さない」という掟のあるコンチネンタル・ホテルへ逃げ込みます。
しかしご立腹のジョンは構わず彼の頭を撃ち抜いてしまいます。
家に帰って一息も束の間、ウィンストンに呼び出しをくらって公園へ。
彼はコンチネンタルを追放されます。
同時にボスを殺された犯罪組織のカモッラからの令で世界中の殺し屋から狙われることとなったジョン。
彼がどこかへ去っていく場面で幕を閉じます。

2作目はコケる映画も多い中、この作品はちゃんとパワーアップした内容で楽しめました。
続編が作られているようですが、組織のバックアップを失ったジョンはどうするのでしょうか。
そしてマスタングは無事修理を終えてジョンの元に戻るのでしょうか。
ジョンの人となりがこの2作目までにあまり語られていないので、その辺も少し掘り下げていってほしいですね。
あ、これ3作目もきっと面白いやつやん。
まず僕は前作を見ていないです。

なので作品を目で追いながらジョン・ウィックの世界観を知っていくという見方になりました。
ジョン・ウィックはどうやら凄腕の殺し屋である仕事を終えて引退…からの誓印という約束事により即カムバック。
そして始まる殺し合いの連続…。

前作見ている方が勿論楽しめると思うのですが、この映画単体でも十分楽しめました。
ちょっとたるみ気味のボディーを惜しげもなくさらすキアヌ・リーヴス。
感情の起伏があまりない殺し屋なのですが、その秘めたる怒りの演技はとても良かったです。
キングスマンもそうなのですが、最近は秘密結社も窓口からカモフラージュからだいぶオシャレです。
武器の選び方から面白かったです。
あとジョンがある殺し屋とその組織の建物に殴り合いしながら窓ガラス突き破って入ってくるのですが、その時の組織の偉い方の声のかけ方が「ジェントルメン!?ジェントルメン!?」って言ってたのが印象に残りました。

ガンアクションもドンパチやらかしまくっているのですが、暴れん坊将軍の殺陣を見ているかのようなシーンの連続です。
ただ流れとして見せるだけでなくて、色々なシーンがクロスオーバーしたり見せ方も冗長にならないようにしていたと思います。
弾が貫通しないけど激痛が走るって設定のスーツは面白いですね。
頭撃たれない限り死なないし、キアヌの「痛い!」って感じの演技が程よく、あざや傷が目白押しの上半身裸シーンが血は出てないけど当たってるんだねという説得力になってました。

続編も多分出そうなラストだったので、前作を見直して登場人物の相関図とか世界観をちゃんと見ておきたいと思います。
ルビーローズ…か、かっこよかった…!
もちろんキアヌもかっこいいんだけどルビーローズに惚れる!!
前作でも登場したあのホテルもでてきてくれて大変満足でした💪🏼
あのホテルの方達のほかにもジョン・ウィックを支えてる人たちがいるんだなと(なんか裏の組織的な人達)

ポスターの写真みたいな感じで後半すごいかずの殺し屋?に狙われてるのにもかかわらず1人で逃げ切ってて色々とヤバイやつなんだなと…笑笑

個人的には前作の方が好きですがチャプター2も普通によかった!チャプター3あるみたいなので!期待しかないです!!
今回も派手なアクションと単純明快な話しで何にも考えず楽しく見れました
最初から最後までキアヌリーブスの殴り合い、拳銃アクションが続きます!銃火器をかなり連射してくれるので見ていて気持ち良く、銃火器スキー特に拳銃が好きな方はめっちゃテンション上がると思います笑
車に轢かれたり銃撃うけても死なない!無敵すぎるwwww
それにしても今回はワンちゃん死ななくて良かった...ウィックも足を洗う為に暗殺に引き受けたのに、結局最終的にはルールを破ってしまって全殺し屋から狙われるというなんとも救われない...
次で平穏な生活に戻れるといいね
犬は死なない。
敵は死ぬ。
ジョンも死ぬ。

…だが、それは今じゃない。
『燃えよドラゴン』の想起されるシーンの緊迫感は本家の方が上。ただキアヌは単純に格好良い。

伝説の殺し屋 ジョン・ウィック、犬の飼い主としても超一流。5日しか飼っていない無名の犬を手懐けている。次作、犬の名前の公表が待ち遠しい。
人が撃たれてるのに笑いそうになっちゃう作品。
スーツがいいね!
最高of最高。※個人的な好みの話。

続編が出ると、前作と比べて劣る映画が多い中、待ってましたの期待にこれほど応えてくれた映画も珍しい。

相変わらず最初っからボロボロになるジョン。最強の殺し屋なのに、毎回ボロボロになるのがまた良いよね。

惜しみなくコンチネンタルホテルの恩恵も描かれていて、色んなエージェント系アクション映画を観ても、装備や裏方にときめく私としては、こんなに心踊る設定はないわけで、いいなぁ、私もコンチネンタルホテル顔パスしたい。でも私直ぐ死ぬわっていうのを前作から繰り返してる。

今作ではイタリアンマフィアが復讐相手。
姉を殺してくれって脅されて仕方なしに裏稼業に戻ったり、その姉を殺したらその護衛とどんぱちやる羽目になったり、姉殺しを依頼してきた人に嵌められて賞金首になった挙句に世界中の殺し屋に狙われたり。ずーっと戦ってる。
私の語彙力が低いのもあるけど、ジョン・ウィックはそういうもので、ストーリーよりアクションが心揺さぶるので、最初から最後までアドレナリン映画と思っても大丈夫。

ジョン・ウィックのアクションで堪らなく好きなのは、ほぼ必ず2回撃って仕留めるところ。あと今回はついにあの伝説のペンで仕留めちゃうのを生で見れたこと。あれは興奮した。これがあの伝説の…!みたいな気分。

あと個人的には憧れのルビー・ローズが出ているので堪りませんでした。相変わらずカッコいい。直ぐ死んだけど。キャラが偏るかとは思うけど、これからどんどん活躍して欲しい俳優さんです。

ラスト、コンチネンタルホテルのルールを破ったジョンに待ち受ける制裁。誰もがジョンの気持ち、境遇、理由を理解している上で、ルールは守られなければいけない為に施行されることを残念に思っている描写の一つ一つが胸に響く。
これからジョンは誰もが自分の命を狙ってくる中生きていくのだ。


3作目が2019年に予定されていると聞いたので、キアヌには更なるジョン・ウィックを期待する。
>|