ボーン・スプレマシーの作品情報・感想・評価・動画配信

ボーン・スプレマシー2004年製作の映画)

The Bourne Supremacy

上映日:2005年02月11日

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

「ボーン・スプレマシー」に投稿された感想・評価

Arisa

Arisaの感想・評価

3.8
ボーンの強さがさらに観れる!

特殊能力じゃなくて、本当にボーン自身の強さだからソレがいい!!
緊張感伝わってくるし、古さを忘れさせる魅力がある👏✨

毎回初めから終わりまでスカッとする気持ちよさ。キレがいいから観やすい。
とも

ともの感想・評価

3.6
ボーンシリーズの2作目。

相変わらず、基本的に早足で歩いて逃げていったりのマットデイモンに派手さは無いけれど、カーチェイスのシーンが前作よりも増している。恋人も殺されて孤独感がある感じとかもすごく出ており、面白さがでてきている。
そして最後のエンディングの曲が流れ始めたら、やっぱりテンションがあがるなぁ。
y

yの感想・評価

4.0
パメラランディ!!疲れた顔してるから早く休んでね!!!!
マリーの死は一生許さん!!
TJmint

TJmintの感想・評価

4.0
ロシアの刺客との対決、前作からの遺恨、何も知らない女ボスとの通信、見どころがたくさんあって楽しかったです。
河童

河童の感想・評価

4.2
待って、好き。
前作よりも好きかもしれない。

愛する人を失って
1人に戻ってしまって
復讐に燃える彼の目つきとか言葉の重みとか全部良い。目が離せない。

最後のカーチェイス、え、どーなってる?って目の前も頭の中もぐるぐるしちゃって思わず巻き戻した。笑
最強エージェントを生み出すCIAの極秘プロジェクト「トレッドストーン」で生まれた暗殺者ジェイソン・ボーンは、記憶喪失を機にCIAの追跡を逃れ恋人マリーとインドで暮らしますが、彼の元へ暗殺者が送りこまれ再び過去を巡る狂騒の中へと追いやられるのです。

前作での成功を受け、新たにポール・グリーングラスを監督に迎えて描かれる本作は、リアル志向のアクションをカッティングの多用で迫力あるものに仕上げており、前作以上に洗練された孤独な男の逃走劇となっています。

近年はCGやVFXの発展による映像の進化に合わせシナリオも世界滅亡阻止が当たり前のアクション映画が多いですが、現実味には乏しい。対してボーンシリーズは一貫して一人の男を描くシナリオで現実味を与えるだけでなく拭えない過去と葛藤する多くの人の共感を得て来たのです。

"They don't make mistakes. They don't do random. There's always an objective." (彼は間違えないし、無作為でもない。常に目的に向かってる)
かっけーなぁー
長回しみたいなアクションがボーンシリーズ多くて好き
あと最後の終わり方毎回カッコいい
黒猫

黒猫の感想・評価

3.6
エンディングの身の引き方がカッコ良かった
ジェイソン・ボーン

強くて安定感もあるためハラハラすることなく
見ることができました
緊張感漂う精神がクタクタになるとか
そういう事は無いのですが
ヒロインの死に
最後までどこか悲しさに包まれていました

さぁ、続きを観ます
ak

akの感想・評価

4.0
ラストの方の車のアクションが
迫力満点。
たぶんCGとは違うのでしょう。
tetsu

tetsuの感想・評価

3.7
女速攻で死んだー🙈
そっとは、暮らせないなー
そらそーだろーと思いながら笑笑

次は、どうなるやら。記憶が戻ってくるのかなー
>|