ボーン・スプレマシーの作品情報・感想・評価

ボーン・スプレマシー2004年製作の映画)

THE BOURNE SUPREMACY

製作国:

上映時間:108分

ジャンル:

3.7

「ボーン・スプレマシー」に投稿された感想・評価

Hquuuuu

Hquuuuuの感想・評価

3.8
やっぱボーンシリーズは見る度に好きになるよね笑
徐々にじょしょにボーンに、浸かっていくよ
これの終わり方ボーンシリーズで一番好き
totoruru

totoruruの感想・評価

4.3
私の中の【愛すべき3部作】シリーズの中のひとつ。

ボーン・シリーズの2作目。


すみません…

続編「ジェイソン・ボーン」と派生「ボーン・レガシー」は、私の中では無かったことになってます…



シリーズを通しての完成度の高さも加味しての高得点評価です。


前作でなんとか組織から逃げ切り、恋人マリーとインドで平穏に暮らすボーン。
しかし、そこにも組織の手が伸び…


2作目は衝撃的な展開からのスタートです。

そこから一気にテンポよく突っ走ってくれます。


相変わらずのカッコイイアクション。


孤独なスパイを見事に演じているマット・デイモン。

凄く画になります😆
るい

るいの感想・評価

3.5
前作覚えてないからそんな入り込めなかった笑
平穏には暮らせないんだねー。そして孤独になっちゃって、、
最後のカーアクションすごかった。
haru

haruの感想・評価

3.0
マリー死んじゃった…

ボーンシリーズ2作目。
前作から2年後、過去は忘れてインドでマリーとイチャイチャしてたボーンは、怪しい男を発見!また指名手配されちゃいました。

マリーが再びボーンの良き相棒となりそうな予感がしたオープニングで、まさかの早期退場。かなりショック!これでは設定がジョン・ウィックと丸被りじゃないですかー!(あっちのほうが後だけど)
敵のレベルが上がったのか、ブランクのせいなのか、前作よりやや危なっかしいジェイソン・ボーン。でもスパイとしての勘は鈍っていない。
前作で解明されなかったトレッドストーン計画について、今回はほぼ触れられることがなく、良くも悪くも普通のアクション映画に。
だんだんニッキーが好きになってきました。
motomoto

motomotoの感想・評価

3.3
ジェイソンボーンは孤独なスパイ。ミッションインポッシブルとか007とかと絶対的に違うよなぁ。そういうスパイっぽくないのがまたマット・デイモンの良さ。
app

appの感想・評価

3.8
孤独感が切ない。やっぱアクション凄いしマットデイモン相変わらずカッコいい♡
mare

mareの感想・評価

4.0
主人公の格好良さと展開の速さが非常に魅力的な作品だと思います。
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.8
再鑑賞。(BDにて)


監督がポールグリーングラスに交代したが、世界観やテイストは前作と変わらず。
冒頭ショッキングなシーンがあり衝撃を受けました。
本作は、トレッドストーンについてボーンが本格的に探っていき、自分が何者なのかについて進展があり。
シリーズモノによくありがちなダレる事なく本当に面白いシリーズ!
次作への伏線の張り方があざとい
すぐ見終わってしまうねんけど
アルティメイタム明日借りてこよ〜
Itaru

Itaruの感想・評価

3.6
ボーンシリーズ2作目。
少しモヤモヤが晴れていく本作。

マットデイモンの、周りを気にする演技が上手すぎる。

なんか、カーアクションのアングルや編集とか結構他のアクション映画と比べても凄かったと思う。

次どの作品だっけか。笑笑
>|