ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.8

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

mao

maoの感想・評価

3.8
不思議な世界観がより前面に出てきて、今回はそこが舞台の中心になりました。1と比べると急に世界観が大きくなって、初めて出てくる要素やキャラクターも多くてちょっと置いていかれそうになりつつ…でもジョン・ウィックが皆殺しにする感じは変わらず。映画の半分以上ずっと顔が血だらけなのも1といっしょ。
そういえば防弾スーツとかハイテクツールはキングスマンを彷彿とさせて、そういう世界観なん?と結構驚いた。
ラストの感じから、なんかまだ続きそうだなあと思ったらやっぱりチャプター3があるんですね。もう関係者全員皆殺ししかないんじゃないかなあ…
映画の続編って大抵1作目と比べて劣化するから期待しないで観てみたら、ジョンウィック2もまた面白いという。
3が待ち遠しい…
Aki

Akiの感想・評価

3.0
アクションが凄かった。カットで誤魔化さず柔道も入ってたのが良かったな。
うめ

うめの感想・評価

-
キアヌの重量感のあるややもたっとしたアクションもなかなかあじがあってよかった。つまりおじさんみが愛しい。
あと、あの犬の中には前回の仔犬が入ってるに違いない!
もこ

もこの感想・評価

3.8
いやー面白かった!目からウロコの、誰にも真似できない暗殺術とかコンチネンタルとの連携とか見ててすごいカッコよかったし、今回のボスは情けなかったけどその分姉ちゃんたちとかコンチネンタル側の人間とか殺し屋たちのキャラが光っててカッコよかった。あとやっぱり1よりジョンの恐ろしいまでの強さの演出が多い気がして、彼が「ブギーマン」と呼ばれ恐れられている理由が本当に骨に沁みた。めちゃ怖い。オープニングの時点で「死んだ」と思ったシーンが100箇所あるけど生きてたし。すごいよジョン。
でも、1の時もうっすら思ったけど、ジョンって結構間抜けというか、油断しすぎなとこあるよね?歴戦の暗殺者だったらわかるだろそこ、察しろよ、みたいなことを察せないから家爆破されるしさらに言えば犬を殺されるんだよ。全てはお前の責任だよ……とは言わないけど、もうちょい他人を疑うことを覚えよ?仕事上ではバリバリの最強だけどちょっとプライベートになると頭のネジが緩むのか、「いや、そういうことしたら普通どうなるかわかるよね?」と説教したくなるくらい残念になる。あんなこと言ったら家吹っ飛ばされるに決まってんだろ!でもヘレンはそこが可愛いと思って結婚したのかもしれない……だってジョンはブチ切れてるときもなんか泣きそうな顔してるから、多分母性本能をくすぐるんだと思う。

2にしてもう『この先待つのは死のみ』感満載のジョンですが、彼を殺しに駆り立てていたのって偏にヘレンへの愛なわけで、家も燃え犬も死に写真も消えた今、ジョンはこれ以上殺す必要ない(あるとすればブレスレットくらい)だけど、もう最後に啖呵切っちゃったからマジで世界中の暗殺者を殺すまで突き進むのだろうか。それとも誰かに殺されるのだろうか……?個人的に生死不明な人が二人ほどいるので、3で蘇ってくれたらいいな。
yeal

yealの感想・評価

4.5
やっぱりなかなか死なない。

ストーリーは雑になってもアクションは徹頭徹尾。
弾がなくても出し惜しみしない男気には誰もが惚れる。
soyaryoko

soyaryokoの感想・評価

4.5
世界観が好き!コンチネンタルが最高すぎて、もっとこの世界を掘り下げてほしい。

なぜ戦うのか、もはや理由はないのかもしれなくて、そんな激流にのまれてくジョン・ウィックが切ない。その切なさを感じさせないアクション!ギャグすれすれ(たまにふきだしちゃうくらい)の戦闘も愛おしいのがこのシリーズなのでは…。
一作目のインパクトはないけど
それでも大好きな世界観
圭之祐

圭之祐の感想・評価

5.0
観賞後、最高すぎてレビューを忘れていた今作。
前作の気持ちいいところのみを蒸留して熟成した豪華な出来。素晴らしい。
続編に期待。
OPから『コンスタンティン』と真逆の演出を持ってくるなんて、ニクいなぁ!
ストーメアさんの顔面蒼白ぶりが、スクリーンの大画面で映し出されただけでもう最高でした!!

しかし、俺の求めてたジョン・ウィックは、この序盤の"圧倒的強さでどんどん迫るジョン・ウィック"だったから、その後はちょっと期待してたものと違った。

さらに言うと、中盤のVS.コモン戦が面白過ぎて、後半のVS.ルビー・ローズ戦が迫力に欠けてしまっていたと思う。

今1番したいことは、地下鉄でコモンごっこ。
人混みの中を並行歩きでパスパス撃ちあったり、電車の中向かい合って座って、静かに威嚇し合いたい。
手伝ってくれる人には、もれなく階段落ちをプレゼント。

それに、こういうハードボイルド系は、やっぱり"タメ"が必要だなと思ったり。

アクションのつるべ落としでテンポはいいし、色んなキャラクターが出てくることで、作品の世界観が広がった。
しかし、広げた分のガン=フーが必要になり、ガン=フー供給過多で、ガン=フーの凄み、"ガンみ"が無くなってしまったと感じた。
次作では、1作目のパーティ会場のような"ガンみ"を味あわせて欲しい。一点からの長回しのような、Coolなアクションを。

でもキアヌはやっぱりカッコイイし、犬と女性には紳士だし、すきっ歯師匠も観れたし、全然楽しめたんで、続編も期待してますよ!!
>|