ジュラシック・ワールド 炎の王国の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ジュラシック・ワールド 炎の王国2018年製作の映画)

Jurassic World: Fallen Kingdom

上映日:2018年07月13日

製作国:

上映時間:128分

あらすじ

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの…

前作でハイブリッド恐竜インドミナス・レックスとT-REXが死闘を繰り広げ崩壊したテーマパーク<ジュラシック・ワールド>を有するイスラ・ヌブラル島で<火山の大噴火>の予兆が捉えられていた。迫り来る危機的状況の中、人類は噴火すると知りつつも恐竜たちの生死を自然に委ねるか、自らの命を懸け救い出すかの究極の選択を迫られる。そんな中、恐竜行動学のエキスパート、オーウェン(クリス・プラット)はテーマパークの運営責任者だったクレア(ブライス・ダラス・ハワード)と共に、行動を起こす事を決意。島へ向かったその矢先に火山は大噴火を起こし、生き残りをかけた究極のアドベンチャーが遂に幕を開ける!

「ジュラシック・ワールド 炎の王国」に投稿された感想・評価

みぃ

みぃの感想・評価

-
ついに観ました!!!
オーウェンがかっこいい!!!
見応えがありました😊
相変わらずのガバガバセキュリティと馬鹿すぎる人間たち
前作のエンタメ寄りのワールドから閉鎖的な屋敷を舞台にしたホラーチックな作風になっているのはマンネリ打破感があって良いね。
生命の神秘とか神への冒涜とか重そうな要素が入ってるけど、相変わらず全部が馬鹿なので台無し感が多い。
度々、恐竜を助けるか自然に委ねるか?という選択肢が出てくるけど「データがあるなら、また作れば良いんじゃん」と私は思った。
あとブルーが頼れるマスコットなのもなんだかなー。
ある意味 ジュラシック版 最後のジェダイみたいな作品だった
megu

meguの感想・評価

4.2
ジュラシック・パークからずっと好きな映画。今回も恐竜と噴火相手にしてるって、ヤバイ状況以上のヤバさで見応えは勿論ある!!私も恐竜に会いたい!!
maya

mayaの感想・評価

4.4
最高〜〜!全てが最高!


愛すべき恐竜と、クリプラと、あの音楽があって、おもしろくないわけない!

ブルーは本当に良い子すぎて…


女の子が逃げるシーンはシャイニングだったし、ダムに入るシーンはパンズラビリンスだったw
yuriyuri

yuriyuriの感想・評価

4.0
ラプトルが仲間て最強だな〜
絶対くる!てわかってるのに驚いちゃう笑ほんと面白かった!
Emmy

Emmyの感想・評価

3.0
前作が最高過ぎたのであまり期待せずに見に行ったけど、やはりちょっと微妙でした(o_o)
恐竜たちを連れてくるって設定もロストワールドに似てるな〜って思ったし、恐竜たちとのサバイバルシーンもそこまで盛り上がらず...次回作に繋げるための本作なのかなって感じがしました(´・ω・`)若干無理ある....
ミニブルーはめっちゃ可愛かった(*´꒳`*)♡
恐竜かっけー!
ワクワクしっぱなし
このシリーズは永遠終わらんのかね
潮

潮の感想・評価

4.0
ジュラシックシリーズで室内パニック物が見れるとは笑
シリーズお決まりの文法は守りつつ、新しいテイストで楽しませてくれました。

賛否分かれるラストも、個人的にはアリ。
でもここで終わり、じゃなくて、ほんとに恐竜と人間が共存するようになった世界を全力で空想して続編作って欲しいなぁ。ってのがファンの願い。
ma

maの感想・評価

4.0
前作には劣るけど期待を裏切らない面白さでした。
3Dで見て正解!
オーウェン好き…
のん

のんの感想・評価

4.1
エンタメ性とテーマをより深化させた第2部


2015年にメガヒットを飛ばした『ジュラシック・ワールド』は、エンターテイメントに振り切った内容はともかく、「なぜ今これをやるのか」という説得力に乏しかった。


シリーズ通算で5作目、新章の第2部にあたる本作は、ライドアトラクションとしてエンターテイメントの極限を追求しつつ、生命そのものと向き合う深いテーマを提示する。


4DXで鑑賞したが、冒頭からシャツがビシャビシャになるくらい、水その他のギミックがこれでもかと作動する。
3Dとも相性抜群な作品だが、映画館で観るなら出来る限り音響等でスペックを追求したほうがその分満足度も増すと思う。


エンターテイメントとしての面白さは前作で既に確立されたいたが、今回はそこに新たな視点を設けている。

映画のキャッチコピーである「生命は新たな道をみつける」との言葉通り、人類が科学によって生み出された恐竜たちが、これまた人間のエゴによって絶滅の危機に晒されるという矛盾をあぶり出す。


さらに本作は恐竜を飛び越える衝撃的な展開が待っており、よりテーマを明確に打ち出している。終盤の場面では登場人物のセリフに不覚にも涙しそうになる場面も。



実は完結編となる次回作も準備中とのことだが、本作でもって『ジュラシック・パーク』ではなく文字通り『ジュラシック・ワールド』へと変貌してしまった。


演出やストーリーの見せ方が製作総指揮であるスティーブン・スピルバーグ本人が撮っているようにもみえる、2018年必見の映画である。
>|