ジュラシック・パークの作品情報・感想・評価・動画配信

ジュラシック・パーク1993年製作の映画)

Jurassic Park

上映日:1993年07月17日

製作国:

上映時間:127分

3.8

あらすじ

「ジュラシック・パーク」に投稿された感想・評価

なんだかんだ観てなかった作品。
Tレックスはやっぱりカッコいい。
小さい頃に観てたら、トラウマになってた
かも笑
Kiki

Kikiの感想・評価

3.5
新たな支配者を見る前に復習

全員集合するの激アツ
早くみたい
chiiisa

chiiisaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ジュラシックパークってこうやって出来たんだ。
ワールドから入って先にパークⅢを見る謎の時系列だったけど問題無し。
パークの登場人物は至って簡単なので、混乱せず見れる。
今見てもCGとかストレスなく見れたなー

ハモンドさんもずっと安全圏にいたけど
モブ研究員達は無事だったん?


グラント博士と子供たちがかわいい。

自動運転の車とかタッチパネルとか技術がまだ普及してない時代の夢が今実現してるのとかが胸熱。
CG感は気になりますが、今でも楽しめる映画だと思います。テーマも古くないです。
はりー

はりーの感想・評価

4.5
子供の頃ビデオテープに録画して
お兄ちゃんと何回も何回も見た作品

久しぶりに見たけれど
今だから分かる素晴らしさ!

30年前の作品とは思えない
ストーリーの深さや
セットや演出表現の過ごさ

スリルだけでなくドキドキや
ワクワクも感じられる作品!


音楽からロゴまでどこまでも
魅力満載で
ジュラシックシリーズの元祖の
この作品は本当に素晴らしい✨
Hitommy

Hitommyの感想・評価

5.0
先日久々にアマプラでみた。
やっぱり元祖ジュラシックパークに勝るものはないわ。
Nire

Nireの感想・評価

-
▼7/19/22再鑑賞
【iTunes 4K HDR、日本語字幕】
https://twitter.com/LionGAOH/status/1549074185426649090

▼7/7/18再鑑賞
【BD、日本語字幕】

▼7/28/17再鑑賞
【日本テレビ(7/28/17放送)、日本語吹替(富山敬)、字幕放送】

▼8/7/15再鑑賞
【フジテレビ(8/7/15放送)、日本語吹替(富山敬)、字幕放送】
https://filmarks.com/movies/29105/reviews/8261377

▼7/30/15再鑑賞
【BD、日本語吹替(富山敬)、日本語字幕】
https://filmarks.com/movies/29105/reviews/8261377
小皿

小皿の感想・評価

3.9
ロードショー公開時に見に行った作品。
CGによる画像も、DNA操作によるクローン技術も、夢ではなく現実として捉え始められた頃の映画である。そのストーリー如何に関わらず、動く恐竜が観れるだけでいいと鑑賞した。大画面でブロントサウルスなどのリアルに恐竜が動いているシーンは、未だに心に残っていて、それを観たときの幸せな気持ちが甦ってくる。
今回は今上映しているジュラシック・ワールドを観るべく、おさらいの意味でもう一度観ようと思ったのだった。記憶していることと若干のズレはあったけれども、概ねあの頃と同じ気持ちで観れたことは、僕がこのおよそ30年の間に進歩してないことを意味するのだろう。
しかし、映像技術は当時より格段に上がっているはずである。
これから暫くの間、ジュラシックシリーズを遡っていって、そうしたことも体感できればいいなと思っている。
sn

snの感想・評価

5.0
約30年前のものとは思えないぐらい
脚本がおもしろい!
CG技術はもちろんワールドよりは劣るが
ストーリーのおもしろさはパーク!
しょこ

しょこの感想・評価

4.2


“ Welcome to Jurassic Park. ”


大昔に見たことがあった今作。最新作公開も相まって改めてシリーズ作品を見直してみようと思い立った。幼少期に見たものとは比べ物にならないくらい感動した。そして涙が次々と溢れ出てくる。見ているものは全く同じ作品なのに、だ。

島への着陸時に、ジュラシックシリーズお馴染みの音楽が流れるが、何時もこの曲を聴くとつい涙が滲んでしまう。初めてUSJでジュラシック・パークライドに乗った時の高揚感。ゲートがオープンする瞬間の異空間に、年齢をいくつ重ねようともいつまでもワクワクする。

音楽と映像でここまで想像力を駆り立て、高揚感を演出することが出来ようとは。本当にスピルバーグとこの映画に携わった制作陣は天才だと思う。

当時のCG技術であっても何ら見劣りしない。人が想像を超える発見をすると、胸がつまり、涙が溢れてくる。映像を介して、鑑賞者達も体験するのだ。

テーマパークの中にアニメーションで恐竜達の説明をするライドがあったが、遺伝子を文字に例えた恐竜のアニメーションが画面に投影される。そして物語後半、投影されている映像を浴びたヴェロキラプトルの姿は、アニメーションと全く同じなのだ。このシーンのギミックには鑑賞中溜息をついてしまった。

パーク管理者にサミュエル・L・ジャクソンが出てるんだけど、物語中盤に登場してかなりアッサリ退場。この当時はあまり有名ではなかったのだろうか…?

幼い頃の夢を追いかけパークを創り上げた億万長者のハモンド。決して悪人などではなく、ただただリスク管理に乏しい夢想家の善人だった。その証拠に保険屋は金儲けのことしか頭にないので、入場料の話をするが、このパークを全ての人に開放するという事を言葉にしている。全人類にこの感動を分かち合いたかったんだろうな、と思うとハモンドへの同情が止まらない。まあ、完全に死人出てるのでイアン達の言う通り自然に対する冒涜であり、完全なる無責任だったことにはなるのだが。

こんなにも感動する作品とは知らなかった。
やはり年齢を重ねた後に見返す映画への感想は大きく異なるなぁと再実感。

良い時間を過ごさせてもらった。最新作を見るためにも過去作を全て見返す予定。
>|

あなたにおすすめの記事